いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 良く聴くと | トップページ | 忘れゆく私 »

2005年10月 3日 (月)

家族でみる映画

 本、音楽と来たので今日は映画です(なんて律儀な)。
 と言っても去年の話です(何処が律儀(笑))。

 TVの映画紹介を観てましたら公開中の「ハリーポッターとアズカバンの囚人」について、アルフォンソキュアロンが
 「これは子供映画ではない。ゴシックだ」
と言ったという話を聞いて食指が動きました。わざわざ映画館に行ってという程ではなかったのですが。
 それから暫くしてたまたま家族と映画を観に行くことになり、ハリポタに決定。この監督の映画は好きだし、ゴシックと言うならば大人が雁首そろえて観ても良かろうかと。
 また本で2巻まで読んでいたので、当然3巻にも興味があったのでした。(^_^;)

 大正解でした。それは確かに所々お子様向けの作りが鼻につく場面はありましたが、ストーリーは面白いし景色は綺麗だし、特にあの木造の渡り廊下の様な場所。
 ああ、あんな所へ行ってぼんやりしてみたいなどと(勿論CGでしょうが)思いっきり現実逃避も出来て大満足でした。
 何故この本を読まなかったのだバカバカバカ、と己を叱りつつ家路に着いたのです。が、気づけばアルフォンソキュアロンって「アザーズ」の監督では無いんですね。
 そしてこの人の映画一本も観てなかったんです私。こういうのを幸運な勘違いというのでしょうか。 "A^^;
(アザーズとハリポタを足して二で割ったらどんな映画だと言うつっこみは無しです、よろしい?(・_・))

 それから程なく、我が家にどどーんとハリポタ全巻が鎮座し、かなり長期に渉ってハリポタブームに湧いたのでした。
だから良かったんです(笑)

« 良く聴くと | トップページ | 忘れゆく私 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/6234320

この記事へのトラックバック一覧です: 家族でみる映画:

« 良く聴くと | トップページ | 忘れゆく私 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ