いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« カーテンの外には | トップページ | ぐるっと一周怪我の旅( 携帯から) »

2006年3月 3日 (金)

心を惑わす香り

 二年も前の、季節もちょっとずれているのですが、初夏、ニセアカシアの白い花が満開だった頃の出来事です。

 たまたま車で通りかかった橋でのこと。河川の土手や河川敷にはニセアカシアが生えていることが多く、その川も今を盛りとニセアカシアの花が咲き誇っていました。日中でしたが珍しく通る車も少なかったので、私は窓を開け速度を落とし、胸一杯にその香りを吸い込みながら橋を渡り始めたのです。
 すると橋の向こう側に、よく営業で使われる小型バイクが歩道に止められていたのです。運転手は何処かしらんと視線を移すと、ワイシャツに白のヘルメット姿の男性が、橋の手すりから直立不動のまま凝然と虚空を睨んでいるのです。 
 明るい日差しがのんびり反射する穏やかな雰囲気の中で、その男性は異様な緊張感に包まれていました。

 「あんな所で何をしているの」ちょっと嫌な予感が頭をよぎったとたん、意を決したようにその男性がやおら片足を欄干の上に上げるではありませんか!

 「それは、ひょっとして、ひょっとするんですか?

 生憎橋の上にはその男性と私の車しかいない様で、想像通りならば私が何とかする以外助けを求める人もなく、なのにとても長い橋なので男性との距離は結構あり、運悪く速度を落としていたため慌ててアクセルを踏み直すも足に力が入りません。

 河原の木にひっかかった何かを取ろうとしているに違いない。そうであって欲しい。
が、生い茂る木には満開の花以外何も見あたりません。

  クラクションを鳴らしたら却って落ちそうなので、兎に角近づかなくてはと必死でアクセルを踏み続ける間にも、男性はどんどん身を乗り出し、左手をおぼれた人間が助けを求めるような感じで突きだしているのです。

 そして「落ちる!」と思ったその瞬間


ぷっつん


    「は?」

 歩道に戻り、ズボンの埃を払う男性の手には二房のニセアカシアの花。

 私がその男性の側を通り過ぎる頃には、件の男性はバイクの後ろについた金属製の黒い箱に、その白い二房をそっと納めているところでした。

 ニセアカシアの花。確かに誰かに持っていってあげたくなる香り。

 この花を家族へのお土産にするつもりだったのでしょうか。

 でもお願いです。今度はもっと安全な、というか、誤解を生まない場所で採って下さい。 

 何です?そんな誤解をする方がおかしいですって?
「香り」と言うものは時に心を惑わす事がありますの。それが好きな香りならば尚更。おわかり頂けまして?(▼▼)凸

« カーテンの外には | トップページ | ぐるっと一周怪我の旅( 携帯から) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

・・・・・。
助けられたのかしら、それとも!?
そう思ってドキドキしましたよぉ~( ゜д゜;)
ニセアカシア、嗅いだことないけれど
惑わされる良い香り、嗅いで見たいなぁ♪

ぽんずさん。ご連絡遅くなくってゴメンナサイ。
これからもよろしくです!

taco-pooさん

こちらこそ、忙しいところ呼び出しちゃったみたいで
ごめんね。
あの時は、ソネブロ全滅でつまらなかったのよ~!
で、つい(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/8925227

この記事へのトラックバック一覧です: 心を惑わす香り:

« カーテンの外には | トップページ | ぐるっと一周怪我の旅( 携帯から) »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ