いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の8件の記事

2006年6月29日 (木)

今でも謎な本の広告

 奥付の発行年月日が1987年とあるのでそれよりは後の出来事だと思うんですが、とある夏の出来事でした。
 突如、本当に突如、「百年の孤独」(ガブリエル・ガルシア-マルケス著)の広告が巷に満ちあふれたのです。
 まず新聞、それからふと手に取った雑誌。違う出版社の機関誌。また別の新聞。買った雑誌。わずかな間一体何度この広告を目にした事か。

 広告自体がまたふるっていて、余計な説明は一切なし。ただ本の一部がそのまま掲載されているだけ。文章だけでも結構長いので大きなスペースを必要とする広告でした。なので遭遇し続けるうちに「新潮社、一体どうしちゃったの」と訝る程の氾濫ぶりでした。

 その広告で私までもが買ってしまったクチなので費用対効果はあったのでしょうが、どうして突然大々的に広告したのか、その理由は今でも判りません。ノーベル賞受賞はその数年前だし、「百年の孤独」自体は随分前に出版されていたのです。
 そして、広告自体もあまりしていなかった様なのです。と言うのも、安部公房がドナルド・キーンに薦められるまでこの本の存在をしらなかったと「死に急ぐ鯨たち」の『地球儀に住むガルシア・マルケス』で述べていたのを後で知りましたから。

 さて、その抜粋部分とは、104頁の
 「あらぁ大へん!」とウルスラは叫んだ。
をはさんだ、前後の文章です。
 実はウルスラの部分だけが鮮明で、何処から始まって何処で終わったのかはっきりしないんですが、本をひもとくと多分ここら辺だったと思います。

 「どうにも信じられない話だったが・・・」から「ホセ・アルカディオの姿が目に映った。」の辺りまで。

 ウルスラ(この時彼女はパンを作ろうと三十六個の卵を割ろうとしていたのですが)とは、ホセ・アルカディオとは何者なのかという説明は前述の通り、一切なし。

 この本を読んだ後、しみじみ思ったものです。
「よくぞ、この部分を選び出したものだ。」と。
 本を売るのに必要なのはキャッチではないでしょう。確かに大々的な宣伝でしたが、その宣伝の向こう側に、作品を徹底的に読み込んだ編集者の姿がみえた気がしました。

 でもどうして突如あんな大宣伝をしたのか今でも謎です。と、ここまで書いてきて、ふと「死に急ぐ鯨たち」(文庫版だったんです)を見てみると、宣伝時期よりこちらの出版時期の方が早いことが判明しました。もしかして、安部公房が「宣伝しなさいよ」と言ったからあの大宣伝になったとか?ひょっとしてあの部分を抜粋したのは安部本人だったとか?
 真相をご存じの方、いらしゃったら是非お教え下さい。(ネットで調べりゃ判るかも(汗))

2006年6月28日 (水)

はーーっくしょん、ずるっ

 サイドバーに書いてたんですが、先週末猫アレルギーであることが判明してしまいました。

 検査結果の裏面を読めば、猫は飼っちゃ駄目、飼うなら外で(最初のと矛盾してない?)、飼ったらこまめにシャンプーしてね、でも触っちゃ駄目よ(どうやってシャンプーするのだ?)、等々、あんまり嬉しくない箇条書き。

 シロちゃん撫でるとくしゃみと咳がひどかったのでひょっとしてと、覚悟はしてたんですけど、実際なってみると衝撃だったのか、その晩アレルギーの薬飲むの忘れ(実は通院した日は疲れるからか、大体忘れるんですが)、先週末も思いっきりへこんでました。

 だって家に帰ったらここの所わりと汚れが目だったシロちゃんが、なんとシャンプーされて真っ白な洗い上がり。白さに映えるおニューな首輪姿で登場。

 洗いたての猫は触って良いのでしょうか。と心が揺れるも触るに触れず。
シロちゃんぷんすかで去っていきました。間が悪すぎるーーーーっ!と地団駄踏みつつも、今月に入って新しい首輪三つ目でないの?シロちゃん(ぼそっ)、とツッコミを入れてしまうわたしでした。でもショック。


 それにしても何時から猫アレルギーになったんでしょうねえ。十年くらい前にアレルゲンの検査した時は陰性だったんですが。
 うちの故猫達が健在だった頃既に陽性になっていたのでしょうか。飼い主と飼い猫って妙にシンクロしますよね。

 私が猫アレルギーになったとしたら、うちのにゃんこズ、ひょっとしたら「飼い主アレルギー」になっていたのかも。

 にゃんこと私、目と目を見交わし「ふぁーーっくしょんっ!ずるずるっ。」

 あ、あるかもしれない・・・(大汗)。

2006年6月21日 (水)

CSSに挑戦して死にかけました。

 リッチテンプレートを使い続けず、CSS編集という選択肢を選んだのは、一つにはMacの文字化けという問題があって(済みません、訂正します。このCSS編集はマイリストから可能だと、KOROPPY様に教えて頂きました。サンキュです、KOROPPYさん。)、詞織ブログ様の「コメント文字化けMAC&IE」を実行するにはCSSを使うしかなかったことと、もう一つ、これも大きな要因なんですが、リッチテンプレートは記事画面の幅がデザインによって倍近く違っている事があるんですね。ブログ開設時に選んだリッチテンプレートが比較的記事画面が幅広なもので、そこへ画像やスペースを入れた記事を書いてしまい、後に記事画面の狭いテンプレートに変更してたまたま古記事を見たら「何じゃこりゃ!」な事になっていた訳です。

 それからはテンプレートを替える際は出来るだけ記事画面の幅の近いものを選んでは居たのですが、最初の頃文字色装飾も使ってしまっため、画面は白めでもないと色を使った部分が読みにくくなるので、その二つを満たすリッチテンプレートを探すのが結構大変だったのです。

 CSSで一度原型をつくってしまえば、その後は記事画面がいつも一定して楽に違いないと、無謀にも考えてしまった訳です。HTMLの知識さえないのに。(大汗)

 まず手始めにお勉強と言うわけで、「超初心者のためのホームページ作成講座」様や「PC説教講座」様を何度も読んだのですが、「ブログでCSS」というのがいま一つ掴めませんでした。(とほほのWWW入門は詳しすぎて最初は読んでも判らなくて・・・でもcss自分でやってみたら判ってきました。TAG indexもそう。)
 
 gooブログのヘルプを見ながらCSSをシミュレートしてみたり(各部分の名前が違うのでそのまま使える訳ではないんですが)、Six Apart社のサイトを覗いたりして準備体操した後に、何処かで踏ん切りをつけないと永遠に練習してしまいそうで、やっと実行に。(←というか、仕方なく)

 実地の際はtakoさんのブログや、KOROPPYさんの記事で随分助けられました。

 最初は背景に画像を入れただけのシンプルなものでしたので、アラが目に付かなかったのですが、どうも読みにくい気がして先日背景とバナー画像、枠線付きのものに挑戦してみました。

 でね、枠線入れたとき、枠線の幅を差し引いたものをサイドバーやセンター幅に指定しちゃったんです。(ついでにpadding分も引いてしまった私。「内側」の余白って書いてあるのに!)
 
 だって、普通引くでしょう。1pxでもはみ出したらコンピューターは言うこと聞かないって大昔PC雑誌で読んだんですよ!だからきちんと計算して(それが検算したら間違ってた)引いたのに、引いたら右サイドバーの端に空白が出来たり線がはみ出したり!!!!

 ブログって引かなくて良かったのね。それに気がつくまで死ぬような目に遭いましたよ。色の設定がバラバラだとは思うんですが、直す気力もありません。
 ほんと疲れました。蕁麻疹でたの、このせいでない?(涙)ブログアソビも出来なかったし。(おいっ!)

 引かなくて良いなんて、なんか納得いかないわ。

 
 とかブツブツ言ってますが、今回使わせて頂いた素材は、「自然いっぱいの素材集」様と「木漏れ日の素材場」様からお借りしました。私にダウンされて可哀想な素材達・・・・、悪いけど諦めてねっ! 

 最後に追記。これで全コースCSS編集が可能になったんですから、サポートなしでもせめて部分名が判る様に設計図だけでもヘルプにのせてもらえないでしょうか。背景色に黒を指定して確認したんですから。(涙)

2006年6月18日 (日)

呼んでいる・・・

 夏のカジュアルボトムを買いにお店へ行ったのに、なかなか良いものが見つからなかった、とある暑い日の出来事。

 何の気なしに帽子売場へふらふらと漂っていくと、そこに被ったらとても涼しそうな帽子が一つ。気がつくとそれを被って鏡の前に立っている私。

 この帽子を被って○×公園にピクニックに行ったら楽しいだろうな。
 この帽子を被って、△公園のベンチで本を読んだらさぞ気持ちが良いに違いない。
 この帽子を被って・・・

 と、止めどなく暴走する我が妄想。 

 ふと我に返った時には既に、ボトムが買える値段で帽子を買っておりました。

 多分、ピクニックなんて行かないと思う(というか、最後に行ったの何年前?)し、ベンチで読書もしないと思う・・・、なのに買ってしまった、この帽子。だって帽子が呼んでいたのですから。

 そして帽子を一つ被って家をでたワタクシは、帽子を二つ重ねて被って帰路に就く羽目に陥ったのでした。


 これを衝動買いではないと言い張ることは、いかなる詭弁家でも難しいのではないでしょうか。(涙)

 おまけにこの後風邪をこじらせて今に至るのです。(号泣)

2006年6月17日 (土)

鶴屋南北再び

 蕁麻疹になってしまいました。今顔がちょっとお岩さん風です。(涙)
 
 ある晩、PC遊びをしようかな、といそいそとパソ前に行く途中、突如手のひらが赤く腫れ上がり始め、痒いというか痛いというか熱くもありの状態に。突然の出来事にびっくりしていると今度は足の裏にも同じ症状が現れ始め、PCに行き着く前に倒れました。歩けない・・・・痒くて。

 症状自体は一時間ちょっとで収まってきたのでほっとしたんですが、翌日もまだ違和感が残っているし、瞼が腫れ上がったままだったので面倒臭かったのですが医者に行きました。

 すると運転中にまた手と足が腫れ上がって来たのです。もう正直運転できる状態ではなかったんですが、症状を診てもらわないと診断がつかないかもと思って決死の覚悟で運転です。痒くてブレーキ踏みにくいんですから。

 お岩の気合いが効いたのか目的地には無事到着、しかし蕁麻疹は暫くすると消えるものなので症状を診なくても判るとの事。
 そんな事に命を張ってしまった私。おまけに注射される時頑固堂さんの「人間ドック」の話をつい思い出し、こみ上げる笑いを堪えて窒息しかかるしでかなり危険な一日でした。(どの記事だったか判らなくなってリンク貼れませんでした。看護婦さんが「意識が薄れたらそう言ってください」とのたまったという話なんですが。)

 今思うと去年のこの出来事も軽い蕁麻疹だったのかも。というか、ずっとなんとなく痒かったんですが、抗ヒスタミンとステロイド剤がちょいちょい処方されたのでそれで抑えられていたのかもしれませんね。(最近病気すると必ずこの二つの薬が治療薬な私。まとめて治せるから喜ぶべきなのか?)

 さて蕁麻疹は皮膚の柔らかい場所に発症するらしいのですが、それが足の裏と手のひらだった私って一体・・・・(汗)

 鼻の頭も一応赤くなったんですよ、少しですけど。(声を大)
 

2006年6月10日 (土)

昔は枡って書いたのよ

 クレジットカードの宣伝コピー「借りマスくん」

 当たり前すぎると笑ったら


「借りスマくん」でした。。。

2006年6月 4日 (日)

喫茶もののけ

 

記事に関係なくお話ししていただける談話室をつくってみました。

 
 

お品書き


お煎茶&爆弾饅頭 (^-^)/(((((((((●~* 

お抹茶&爆弾そのもの
 
お紅茶&爆弾ケーキ(._.)ノ ポイ((((((●~*

  
 

どくだみ茶もご用意しました。

 

当店自慢のお茶とお菓子をお楽しみ下さい。


 ではごゆるりと   オーダー入りましたよ~♪

ζ                     □フ□フ□フ□フ□フ□フ□フ
  □フ ヘ(^^ )........     □フ□フ□フ□フ□フ□フ□フ
 
 どうぞ召し上がれ~♪
                          絵文字提供Mっこさん

2006年6月 2日 (金)

昔の人は偉かった。

 ずっと風邪が抜けず、先日遂にたまりかねて医者に行きました。

 風邪の影響でアレルギーが勢力拡大、鼻炎だけでなく気管支にまできてしまい、プチ喘息状態になってしまいました。
 風邪は万病の元、もっと早く行けば良かったと後悔してます。

 今、薬をもらって今服用中なんですが、レギュラー通院時の薬もあるので、飲み方がパズル並の複雑さ。こんなに難しいと、頭を使って脳の若返りが計れるかも、などと喜んではみたものの、

 薬の数、なんと16種類!お薬手帳なくしたらどうする?状態です。

 
 私の命は大丈夫なのか?という不安にすがりついたのが「憎まれっ子世にはばかる」

 「風邪が万病の元」が当たってるんだから、こちらも正解な筈。
「命が惜しいからわがまま言わせてねん!」と周囲に迷惑かけまくる、いつにないナイスな閃きの私。これも薬パズルのお陰でございましょうか、おほほほほ。

 なんて、変なハイテンション。飲み方間違えてないか、ちと不安・・・(汗)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ