いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« わたしたちが孤児だったころ カズオ・イシグロ | トップページ | お泣きなさいプロジェクト発進 »

2006年10月24日 (火)

誰かさんと誰かさんが桑畑

 先週繰り出した某公園近くでこんな光景を発見しました。

桑畑 なんと桑畑

 使われている桑畑を見たのなんて何十年ぶりです。
昔桑畑だったけれど、今は手入れもされずぼうぼうになっている場所は見ているのですが、ここまで手入れも行き届いた畑をみたのは、人生初めてかもしれません。


 何故このような場所に?と訝れば、隣が養蚕試験場だった、というだけの話なのです。

 こんなつやつやした葉を毎日食べているんですね、お蚕ちゃん達は。当然、無農薬なんでしょうね・・・?(農薬付きの葉を食べたら死にますよね)
無農薬だとアメリカシロヒトリが集まったりしないんでしょうか。アメシロも蚕も同じ蛾ではあるわけですが、片方は忌み嫌われもう一方は採れたて食材をお口までという待遇の違い。アメシロ悲しいだろうな。でも蚕だって青空が見えない一生で最後は釜ゆでだし。

 などと要らぬ想像をしてしまった秋の一日でした。
桑畑、ほんと減りましたね。桑畑専用の地図記号さえあるのに(笑)

記号←桑畑記号のつもり
  
 桑畑に驚いていましたが、ワタクシ、蚕のお世話をするというよいこのお手伝い体験を持ち合わせています。
蚕は成長して繭を作る段階になると体がうす黄緑色に透き通るのです。その透き通ったのを蚕棚から集めるのですが、集める以上に床に落ちた蚕を踏みつぶしていた幼い日の私でした。あれ、一匹いくらだったんでしょう・・・・^_^;

« わたしたちが孤児だったころ カズオ・イシグロ | トップページ | お泣きなさいプロジェクト発進 »

ニュートラルな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/12405910

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かさんと誰かさんが桑畑:

« わたしたちが孤児だったころ カズオ・イシグロ | トップページ | お泣きなさいプロジェクト発進 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ