いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の7件の記事

2007年2月27日 (火)

受賞したのね

 アカデミー賞の事を自分のブログに書くなんて、我ながらびっくりなのですが、書いてしまいます。
と言うのも、主演男優賞を受賞したフォレスト・ウィテカーのファンなもので・・・^_^;(受賞の模様です

 「クライングゲーム」(92年、イギリス。監督ニール・ジョーダン 主演スティーヴン・レイ)では、ウィテカーは英軍兵士役で、トータル30分も出てなかったんですが、この時のウィテカーは、あの役柄にぴったんこの、世の中の真理みたいなものを訥々と語る誠実さや、どこか放っておけないあどけなさというか心許なさの様なものを実に上手く出していて、他の展開、つまり映画の主題など殆ど眼中になく、その後、同じジョーダン監督の「モナリザ」を観て、「クライングゲーム」も「モナリザ」と同じ、男の純情というか、報われない純愛がテーマだったという事にようやく気付いた次第でした。フキフキ "A^^;

 「隣人」では、窮地に陥ったケヴィン・クライン演ずる主人公に色々情報を与える保険調査員として、ちょっとだけ顔を出してますが、警察に疑われている主人公に、初対面にも関わらず無実の人にする様に話しかけるという、考えてみるととうてい起こりそうもない事柄も、この人が演ずると妙に説得力がありました。この映画は超演技派のケヴィン・スペイシーも出ていたわけですが、このスペイシーをもってさえ、理屈に合わないことだらけだったこの映画の中で、すんなり受け入れられるというのはなかなかではないでしょうか。

 「パニックルーム」は、ウィテカー見たさに映画館まで行ってしまいましたが、期待に違わず子供の養育費の為に、犯人一味に加わる警備会社の人間という役どころを上手く演じてました。この映画の成否を握る重要な役柄なので、ここへウィテカーを持ってきたジョディ・フォスターはやるものだと思ったものでした。でも「フォーンブース」の刑事役は、今ひとつという印象でした。あの状況から事件の真相を見抜くような、たたき上げの刑事にしてはちょっと人が良すぎる感じがしまして(汗)。などと言いつつも、やっぱり好きな俳優さんではあるのです。

 なのに今回の主演男優賞受賞の報を聞いても、ちょっと素直に喜べなくて。
「The Last King Of Scotland」という映画の中で、ウガンダのアミン大統領を演じての受賞だったのですが、この映画、同名の小説(基本的にはフィクションなのだそう、邦題「スコットランドの黒い王様」)の映画化で、James McAvoy 演じる若き医師がひょんな事からアミン大統領に重用され、数々の誘惑によってモラルをはぎ取られながら次第に権力の中枢に取り込まれていくのだけれど、土壇場で彼は何とか踏みとどまり、多分自分自身の人間性や道徳を守るために戦いを挑む、というお話のようです。
 
 若くて善良な西洋の青年に、「外」から降りかかる数々の誘惑と、彼の「内」にある人間性との戦いという、そのなんというか、どう描いても「オリエンタリズム」世界観丸出しになりそうな映画としか思えなくて、勿論この手の映画は昔から沢山あった訳ですが、イラク戦争が泥沼化して、イランや北朝鮮の問題もある最中に、この映画でアカデミー受賞というのは、私としてはかなり背筋が寒くなりました。だって、映画って影響力大でしょ、やっぱり・・・

2007年2月25日 (日)

燃えるワタクシ

 土曜日、お医者に行くのに、3回頭をぶつけて3回道を間違えました。他に間違い未遂が2回あって、今日もぼ~っとした一日が過ぎていくかと思われたその時、突如私に暴走スイッチが入ってしまったのでした。

 そのスイッチとは「もも鼻にゃんこ組合

 これをやりたくてブログ始めたのに、しょぼしょぼに作ってその上一年以上の大放置。恥ずかしいからサイドバーから外そうかなとさえ考え始めていたのです。でも心機一転、再び記事に手を加え、当初の目論見にかなり近い形となりました。

 まずはペイントでアイコン作成。
これをしょぼいとは言わないで。最初に作った試作品なんて、作るのこれよりずっと時間がかかったのに、背景が白で、記事背景も白だったので、アップしたとたんに保護色の中に埋没してしまったし(涙)。

 お次は許可を頂いた画像の加工&画像選び。
Microsoft Office Picture Managerを使い倒して作成致しました。このソフト、あって良かった(涙)。でもきっとすぐに使い方忘れるんでしょうね、私(;^_^A アセアセ…

 最後、一番楽しい記事選び。
うーん、至福の時でした。重いサーバもなんのその、頑張って選びました(と、いいつつ、どうしても見つからず諦めた記事もいくつか)。

 最初ワープロソフトで記事を作っていたのですが、タグを打ち込むのが面倒で、途中から管理画面に直接入力。しかし、最近あまりなかった「ココログ重くて記事が飛ぶ」というに見事に遭遇し、山ほどのリンクが雲散霧消致しました。
 他にもアンカータグ閉じ忘れて一面リンクの海になったり、ダブルクォーテーションつけ忘れて文字が消えたり、文の画像回り込みが何故か出来なかったり、

<img src="http://ahoudori.tea-nifty.com/blog/momo.JPG" width="40"hight="40" border="0" align="middle" >
altを落とした以上になにかいけない事をしたのでしょうか。画像の真横に一行しか文が入らなくて、途中から虚しくなって、文末に<br clear="all">入れるのをやめました。

 とかなんとか言いながら、結局かなり燃えましたワタクシ。こういう熱情、日常では絶対に見られませんね(おいっ!)。おまけに記事の出来としては完全に自己満足の世界だし(おいおいっ!)。

2007年2月22日 (木)

あくびちっくな日々

 ここのところ異様に眠くて、寝ても寝ても、寝てもそれでもまだ眠いです。なんというのか、立ったままで眠れそうな気さえします。コーヒーなんて、飲んでいる間さえ効きません。まるで周期のずれた冬眠みたいです(涙)。
 
 この事態を某所で告白したところ

「ええ?たぬきって冬眠するんですか?」

と、イノセントな顔で言われてしまいました。

 ぽんずの前世はたぬき説というのは、私が大昔に言った「冗談」なのです。冗談というものはその場で笑って忘れるものなのです。決して定着させる類のものではないのです。

 そしてもっと言ってしまえば、前世があろうがなかろうが、人間は普通冬眠はしないのです。ワタクシ自分が人間だったことをうっかり忘れておりました。

 冗談を自分に定着させてどうする・・・(泣)

2007年2月13日 (火)

いわゆる名人芸ですね

 最近鏡を見ずに化粧が出来るようになりました。


 ただし、品質無保証です・・・(大汗)


 私が誰が眺める訳でなし・・・

2007年2月11日 (日)

さよーならー

 また再リカバリネタ、書いてしまいます。決して引き延ばしている訳でも拘泥している訳でもなく、ただ、出来事が発生してしまうから(涙)

 PC購入時から、家計簿ソフトで細々と家計簿をつけてました。
今のパソコンに乗り換えたとき、今まで使っていたソフトが製造中止になっていて、昔あったはずの別ソフト乗り換えツールも見つからず、こうなりゃエクセルに読み込ませようとフロッピーでデータ移動中に古PCがご臨終。データの内の数年分が巻き添えとなりました。

 気を取り直して、新たに家計簿を付け始めました。根性のある私です。
しかし、新しいソフトの諸設定があまりにも面倒で、「最初頑張れば後は楽です」というヘルプの言葉にもかかわらず、なかなか設定は進まぬまま月日は流れたのです。
でもこのままではいけないと一念発起、去年やっとあらゆる設定を施し、たまったレシートを怒濤の勢いで入力したのです。もちろん全部じゃありません。過去数年、消費活動0と言うことにしておきました。

 もう何が起こったかお解りですね。
そうです、データが見つかりません、家計簿データ。
約二ヶ月、探し回りました。
あることはあったのです。ただ日付は去年の二月、怒濤入力の前。

 絶対、保存してたのにっ!間違いなく十二月にデータを保存したのにっっ!

 先日、ようやく新しく家計簿つける決心をしました。

 PCは何時だって賽の河原・・・
だから新家計簿データ、作った直後に古データ発見、という私的パターンに絶対なりそうで、怖くて今のところ決心だけです。
嗚呼、消費活動0のストイックな虚像がPC内にまた構築されていく・・・(トオイメ)

2007年2月 6日 (火)

暖かな冬の日だまり

 先月軽井沢の大賀ホールでのことです。
大賀ホールは池に面した南側が一面ガラスになっていて、ガラスのに沿って椅子が一列に並べられ、ホワイエの突き当たりには飲み物や軽食を出すパントリーがあり(図の一番下参照の事)、私は他の聴講者の方達とそこでお昼を頂きました。

 昼食休憩は一時間半、外の美しい冬景色もうち捨てて(椅子の背がガラス側を向いている為、若干見にくい)、夢中でおしゃべりに興じてしまいました楽しかったです、ほんと。
皆様その節はありがとうございました。
この時、外に食事に出られなかった時の用心にと、出がけにバッグに放り込んだ「黒豆パン」を、私はパントリーのおコーヒーと一緒に頂くことにしたのです。

 この見事にヘルシーなふっくらつやつやの黒豆パン、割ってみると黒豆入りの生地の代わりに現れたのは漆黒のあんこ。「黒豆パン」と思ったのは大間違いで、正確には「黒豆あんパン」だったのです。確かに、「あんパン」を買った記憶はありました。どこいったのかな?とは一瞬思ってた。でも私が買ったつもりだったのはこれなのに(1番のつもりが7番でした)。
薄い生地に、ずっしり詰まったつやつやのあんこがたっぷりという、おやつだったら非の打ち所のない見上げたあんパンなのですが、わたくし、これをお昼として頂きながら、最後の一口は図らずも震えが出てきてしまいました。ほんとに美味しかったのは事実、あんこにも罪はない。でも・・・(涙)

 このような優雅で楽しいひとときを過ごす中、外から降り注ぐ冬の日差しが私の背中一面に当たり続け、火が出たらどうしようと一瞬心配になったりもしましたが構わずしゃべり続けた結果、ふと気がつくと背骨がほかほかと心地よく暖まり、いつも痛くてカチカチの我が背中が柔らかく動くようになっていたのです。外は氷点下だったのに。
その時、ヒュームド発汗デトックス系も良いけれど、ドライこんがりロースト系の暖かさも捨てがたいものだとしみじみ思ったのでした。だってほんとに気持ち良かったんですよ。
以来、大きな虫眼鏡を背中にかざしたらあの暖かさの再現ができるのではとずっと考えているのですが、十分大きなサイズの虫眼鏡がないのと、発火するとまずいのとで泣く泣く諦めています。
ああ、あのぬくぬくカムバック!

 さて、午後の部開始の十数分前、ガラスの向こう、池の周りの遊歩道をポゴレリチ氏がお散歩してらっしゃいました。ホワイエにいた人々は素早く戸外に躍り出たのですが、私は完全に出遅れてしまいました。
その件について色々言い訳をしたのですが、私が飛び出せなかった本当の理由は、「甲羅干しがあまりに気持ちよくて、すぐ人間モードに戻れなかった」、です。
大抜かり・・・(大汗)

2007年2月 1日 (木)

朝靄のランニングホスト

 けっして、一月が順風満帆に過ぎたため、ネタ枯れになった訳ではございません、念のため。

 4、5年前の事だったと思うのですが、道路工事の為いつもなら停まらない場所で信号待ちをしていた、三月の朝の事でした。

 我が生息地は特に春先霧がよく出て、この日も辺りは一面霧。車の停まったすぐ側からは、田圃の中に延びる一本の道があるのですが、この日は霧のため殆ど何も見えませんでした。しかし春の霧は気持ちよくて、私はその方角をぼんやり眺めていたのでした。
すると、霧の中に何か動くものが近づいてきました。車ではないので何だろうと思っていると、どうやら人間。
車は沢山通りますが、人が歩いているのは滅多に見ない道路なので、内心これは珍しいと思いつつ更に見つめていると、人影は徐々に近づいてきました。

 その人は若い男性でした。
ジョギングをしているかの様に走っていました。
白のトレーナーの上下を着て、足下は白のジョギングシューズでした。
しかし、何故か、丈が脛まであるような黒のロングコートをトレーナーの上にはおり、裾をはためかせながら霧の中、黙々と走っているのです。
黒のロングコートと言うと、ご職業ホストな方々が着ているのを当時TVでよく見ていた私は、黒のサラサラ、ちょっと長目ヘアスタイルの、たぶんイケメンと思われる男性を即、「あ、仕事帰りのNo.1ホストのお兄さん」と無思慮にも考えたのでありました。

 そんな馬鹿な話はございません。こんな田圃の真ん中にホストクラブなどあるはずがありません。しかしそれならばこの青年は何をしているのでしょう。
ただのジョギングならばこのようなコートをはおる理由が判りません。コートの裾が足に絡まりそうですし。
健康の為にジョギングしながら出勤をしているならば、手ぶらというのはいかにも変です。着替えもせずにトレーナーのまま仕事、という訳にもいかないでしょう。
第一、一番近くの民家まで結構な距離で、この人はこの出で立ちでどれだけの距離を走ってきたのだろうと考えると、それだけで不思議感に飲み込まれそうでした。
せめてこの人物が交差点でどちらに曲がるか確認したかったのですが、非常な信号はその前に青に変わり、私は渋々車を発進させたのでした。あの人どこへ行くのだろう・・・

 その後、白い霧の中から黙々と走るロングコートの青年が浮かび上がってくる光景に2回遭遇いたしました。いつも同じ出で立ちで、いつも霧の中から現れるので、どこから来たのか皆目判らず、またいつもその人物が交差点に到達する前に信号が青に変わってしまうので、どこへ向かったのかさえついに判る事はなかったのでした。 

 しかし濃霧の朝しか見かけない、というのは一体どういう理由なのでしょうか。

 この人物は霧の朝は車の運転が嫌。
 霧の朝は私の動作が鈍くなって、時間が合ってしまった。
 霧の中でしか走れない理由がこの人物にはあった。

 どんな理由なのか、今となってはもう知る由もありません。ちなみにこの付近にきつねやたぬきが生息しているという話は、聞いてはおりません・・・。

 いえ、冗談は抜きにして、ほんとにあの人何だったんでしょう。顔は要潤にちょっと似ていました(そういう所は良く見てるんだ、私(汗))。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ