いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ピッパを探して | トップページ | メニレット♪ »

2007年9月19日 (水)

完全脱線さまよい旅

 前回からの続きです。

 「無言館」、前山寺とトントン拍子に進み、後は別所でお昼を食べるだけ北向観音へお参りするだけとなり、勇んで車に乗り込みました。

 乗ったとたんに倒れそう。暑いんです。この日上田は33度あったそうで、炎天下に停めた車の温度たるや窓を全開にしようが、エアコンを強にしようが容易に下ったりはせず、わずかな距離の車の移動にもうぐったりです。余談ですがお寺の前でネクタリンを買わなくて良かったと思いました。こんなに暑いと煮えてしまう・・・^_^;

 そしてやっとエアコンが効き始めた頃に別所到着。


 そして駐車場が満車。

 上の駐車場ならば空いているかも、との事で道を教えてもらってその「上」なる駐車場へ行ってみると駐車料金が下の2倍。どこかもっと安い場所はないか(出来れば無料が良いですね)ぐるぐる探していると、突如目に入ったかんかん照りの中に何処までも続く参道。しかも坂道σ(^◇^;)

 帰ることにしました(殴)。

 これでいいのです。「無言館」が私のピッパだったのです。今日の一番重要だったことは「無言館」での対峙と、そのお礼参りとも言うべき前山寺参拝だったのだと思い至りました。だから今日はこれでお終いに致しましょう。人間欲をかいてはいけません。

 と、暑かったのでさっさと上田方面に戻り、朝来た道とは丁度反対側にある青木村を通って鹿教湯に戻る事にしました。途中青木村の道の駅で産直野菜のお買い物とお昼のお蕎麦をつるつる頂きました。
 
 さて、地図では県道12号が鹿教湯に行く道なのですが、


 この道です。ちなみに手前の道幅が広いのは避待地だからです。道幅は奥の幅が標準です。

Rout12up


 うっそ~(涙)。地図にでかでか書いておいてそれは無いでしょう。

鹿教湯まで8キロって、8キロもこれが続くの?(続きました(・_・))
 
この幅だと避待地でもUターンするのは容易ではありません。ということで、走りました。涙ながらに。
実は、昔結構細い山道を走ってたので慣れてはいるんですが、めまい持ちになってからはこの手の道はやはり避けたかったです。

 途中で松本の字と大きな矢印が書いてある板を何度か見ましたけど、あの矢印、どういう意味なんでしょう。完全に一本道なのだから右左折したら谷底です。もう一つ、第○号カーブという標識。これも止めて下さい~。第58号カーブなんて、見ても嬉しくも何ともないです~(涙)。

 と一人泣きながら運転して、この道路で初めて人間を見た!と思ったら、そこが鹿教湯温泉の端でした。所要時間は30分弱。すれ違う車は一台も無し^_^;

 
 さて、目的地鹿教湯温泉。立ち寄るつもりはなかったので下調べもしていないながら、行きに見かけた看板を探して狭い道を車でうろうろ。

ありました。

 ここが「足湯」駐車場。ワイルドです。

Kakeyuashiyu


 途中いのししが出るからと張られたネットもくぐりました。ワイルドです。

 そして足湯

Ashyu3


 お湯は炎天下の中、何故かキンキンに冷えていて、とても使えませんでした(T.T)

 後で判りましたがこの足湯、九月中旬までしか使えなかったみたいです。九月十七日は中旬ではないんですね。

 仕方ないので温泉街の何処かにあるはずの「クアハウス」に行くことにしました。が、看板を見て行っても病院に行ってしまうんですね。どういう訳なんでしょう。
 エアコンを入れても暑い中、静かにお通り下さいと看板のある通り(地図のグレーの通りです)を4往復もしてしまいました。その時間約20分強。県道12号に匹敵する時間となりました。
そしてその果てに、何を血迷ったのか温泉街の外れにある駐車場に車を停め、徒歩で観光です。あまりの暑さに、素直に帰るという選択肢も頭に浮かびませんでした(涙)。

 ここが文殊堂へ行く橋です。

Kakeyumonnjudoup

 橋から見た渓流です。

Monnjudo2up


 暑かったです。もの凄く暑い中、ひたすら頑張って歩きました。そして、これだけ意味もなく歩く位ならば、北向観音で歩いても良かったんじゃないの?という事実に気がついたのは、干からびきって家についた後の事でした。(地図へのリンクです。私が車と徒歩でどこら辺を徘徊していたのか手に取るように判ります)


 これはやはり、北向観音へ行けということなのでしょうか。来週も連休ですね。

 という次第で、とても信心深い秋の予感がします。あるんだ、別所にも足湯が・・・(号泣)。

« ピッパを探して | トップページ | メニレット♪ »

ニュートラルな話」カテゴリの記事

コメント

別所温泉から鹿教湯温泉、三才山トンネルから松本・・・
同じ道路、通ったことありますよん。

泣きながらゆっくりゆっくり走るぽんずの顔が目に浮かびます(^^;;

凄い旅でしたね。
「文殊堂へ行く橋」、風情がありますね。
私はゴールド免許を持っていますが、15年以上運転していません。
なので、右折の際、対向車が来た時に曲がり切れるかがまず分かりません。車幅感覚がないので前の車を頼りに走りそうです。前の車が進めれば私も進めるみたいな。車庫入れも入れるのに時間がかかりそうです。駐車場に入れている間に用事が済んでしまうような。
免許証の使い道は身分証明書としてのみです。

どんぶり様

>>同じ道路、通ったことありますよん。
 やっぱり(笑)。通っているような気はしたわ。脱帽するわよ、どんちゃんの車は大きいでしょうに。小型でなかったら私は帰って来られなかったわ(笑)。

>>(^^;;
  ↑この顔は何なのだ(笑)。
それは目に浮かぶ事でしょうよ。なにせどんちゃんの場合は記憶に生々しいものがあるでしょうからね(爆)って、涙目で書く私(涙)。

はるぴょん様

 ピッパと繋がらない旅だったんです。ご期待に応えられずにお恥ずかしいです。

(上略)
>>駐車場に入れている間に用事が済んでしまうような。

 はるぴょんさん、このコメント面白すぎます。はるぴょんさんより車庫入れに時間のかかる人だって、絶対ここまで端的にユーモア入れて書けないです~。
しかし、そういう無敵な意味でのゴールド免許になってしまうと、大変は大変なのでしょうね。
>>免許証の使い道は身分証明書としてのみです。
 顔写真付きの証明書って他にないですもの。
無いと本気で不便ですから、十分意義ある使い方だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/16503825

この記事へのトラックバック一覧です: 完全脱線さまよい旅:

« ピッパを探して | トップページ | メニレット♪ »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ