いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 冬到来 | トップページ | 第二ラウンド »

2007年11月23日 (金)

家族の異変。第一ラウンド

 先週火曜日、胃の内視鏡検査を受ける母に付き添っていったところ、大きな腫瘍が見つかってしまいました。内視鏡画像ってどの位の大きさなのか判らないのですが、写ったそれは結構大きめ。
翌日水曜日と土曜日にCTとバリウム検査が填め込まれ乳腺でお世話になっている事もあり大学病院へ紹介してもらう手はずもその日に決定して家に帰りました。

 帰る車の中、「どうしてもっと早く発見できなかったのか」と悔やむばかり。その後落ち着いた時家族で話をしたのですが、うっかりやつい、またはたまたま巡り合わせが悪かった、という事例が10個近く重なって今のこの状態に到ったみたいです。この10個の中のどれか一つでも回避できたら、早期発見、内視鏡による切除だけで済んだに違いないので、一層悔やまれます。
もうこの段階だと全摘は多分免れず、転移している可能性も大きく、そこまで考えると手術と化学療法で闇衰えた姿がありありと浮かんでしまうのです(涙)。
こんな事なら、大きさをはっきり聞いておけば良かった。下手に質問して医者に口ごもられたら隣にいる母が衝撃を受けるであろうし、母は8年前に乳癌を患ったので判るのですが、癌は取ってみないと正確な進行具合は判らないため、今内視鏡で見ただけでは大きさ以外の事は医師にもあまり言えないだろうと考えて敢えて聞かなかったんです、私(号泣)。

 もうね、来年の桜は駄目かとか、後どの位かとか、頭の中はそんなのばっかり。夜になって卒塔婆小町になった母を想像できたときはさすがにこれではまずいと自分でも思いました。ここまで落ち込んでは良い結果は望めない・・・。「実は心配してないのよね」と母は言っておりましたが内心は多分似たようなものだと思いました。
これではいけません。前の乳腺の時に思い知ったのですが、ガンと戦うとき患者側に必要なのはある種の脳天気さなのです。明るい気持ちでないと病の思うままになってしまうのです。なんとか母の気持ちを引き立てないと!

 という訳でDVDプレーヤーを慌てて買って、母の好きなドラマのDVDを借りて来ました。水曜日、検査の後の夕暮れにたった一人で電気店に赴き、たった一人で荷物を持って家に帰り、たった一人テレビとデコーダーとケーブルテレビのコンバータのある我が家のテレビに繋ぎました。4時間かかりましたけど。でもこれで少しでも気が紛れればいいんです。

 気は紛れた模様です。一日9時間位観てました(汗)。おまけにご飯もおやつも沢山食べて検査で減った体重分もすぐ取り戻すしで、まあ卒塔婆小町は想像できなくなりました。うん。

 そしてめまいがあるので前回の時ほど動けませんが、少なくとも手術に耐えられる母の体力を取り戻すべく、夜遅くまでお料理したり色々しました。そんなあわただしい中土曜日の検査も終わり月曜日に内視鏡の医師から説明を受け(肝臓転移はシロでした。リンパはまだグレーですが転移は確認されませんでした。すこしほっ。)紹介状を貰い、火曜日は乳腺の担当医に挨拶がてら報告に行き、水曜日に紹介状をもって目指す診療科に出かけました。これからいよいよ本番です。もっと頑張らなくては。

 の、つもりだったんですが

 ごめんなさい。

あろう事か消化器外科の診察室で担当医師の説明を聞いている真っ最中に、私めまいで倒れてしまったんです。
そして関係ないのにそこの診察台で横になって、担当ドクターが身の回り品を持って別の診察室に移動させてしまったんです。もう一人が出張で不在のため忙しく、また実習も(多分)あったという、目の回る様な忙しさの中で。

 申し訳ありません。何というご迷惑を(大汗)。

 ごめんなさい。診察室前で右往左往された患者さん方。

あそこを占拠していたのは患者ではないこの私です(大号泣)。

 役立たず土左衛門を後目に、担当ドクターは策略を巡らし入院予約を何とか確保、そして術前に必要な検査を受けるべく他の診療科への紹介状を書いて下さいました。病院を出たのは午後4時近く。長かった。

 で、翌日、同じ病院で3科掛け持ち致しました。外科の担当ドクターの熱意に応えるかのように各科ドクターが出来るだけ体に負担をかけない様な日程で(無理矢理。時には直談判も)検査を組んで下さいました。ありがたい事です。実の娘は前日ひっくり返っていたというのに。

 という次第で、家族の異変、第一ラウンドはやや我が患者陣営の優位で終了したのでありました。

 つづく? 

« 冬到来 | トップページ | 第二ラウンド »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

お疲れ様です。大変ですね。

病は、気からです。

「気」といっても、北斗神拳のオーラ(気)では、ありませんよ。

気持ち、気構えからです。

「周囲の者」の気持が、負けないように。

それは、すぐに、伝わりますから。

わかりやすく言えば、「笑」が、一番です。

「笑」なら、任せろ!と、言われそうですね。

では、

あまりの目まぐるしさに一気に読んで大きく肩で息をしたりして。
そうです、勢いは大切です。
一気にこの事態を突破してしまいましょう。
ぽんずさんに背中を押されてきっと力一杯戦えると思いますよ。

日記が止まっていたので、もしかして、ぽんずさん、めまい?と思っていました。
少しは当たっていましたが、まさかお母様の具合が悪いとは思ってもいませんでした。病状が少しでも軽く、お元気になられるようにお祈りしています。
実家の母が5年と少し前に子宮体ガンで全摘術を受けました。ぽんずさんの気持ちが手に取るように分かります。母は不自由もありますが、今も元気です。
ご心配だと思いますが、免疫が高まるので、なるべくご家族で笑うようにしましょう。ぽんずさんは疲れから倒れないように気をつけてください。必ず良くなります。頑張ってください。


ご本人もご家族も気力・体力ともに大変ですよね。
お察し申し上げます。

暗くなりがちな事態ですが、なんとか明るく皆さんでお母様を支えてあげてください。ぽんずさんも倒れるほどの無理はいけません。
検査の結果がよいことを祈っております。

書き忘れましたが、病院へ通院するためのガソリン代は、忘れずに、医療費控除に入れましょうね。φ(..)メモメモ
ガソリンスタンドに限らず、領収書(レシート)は、1円から有効ですから。。(#^.^#)

ぽんずさん、お久しぶりです。
記事を拝見し、びっくりしました。
大変な日が続きましたね。
ぽんずさん、今は大丈夫ですか?
お母様の肝臓への転移がないとのこと、まずはほっとしました。
これからもっと冷え込みがきつくなりますが、ぽんずさん自身の体調管理も
忘れずにお母様の支えになってあげて下さいね。
(落ち込むこともあるかと思います。でも顔を上げて下さい。ファイトだよ!)

皆様にご心配をかけてしまいました。
皆様のコメントがどれだけ励みになった事か。
本当にありがとうございます。

JohnClark 様

 普通は笑う事は体に良いことだと思うんですが、最近私が引き起こす笑いは禍々しい災いも起こしそうで、怖いです~~~。

頑固堂様

 決して他の方々にめまいのお相伴と目論んだ訳ではないのですが(笑)。
背中を押しすぎてなんか大変な事になっていそうで。どうしましょ~^_^;


はるぴょん様

 はるぴょんさんのお母様もですか。家族に病人が出ると本当に大変ですもの。はるぴょんさんも大変だったのですね。
お元気とうかがって、良かったという気持ちも、また励みや光明も見えた気がします。
ほんと、免疫力が一番大切ですものね。頑張ります。頑張って笑います(T.T)


こもも様

 ありがとうございます~(T.T)
お陰様で検査結果、今のところは良好です。このまま上手く行ければと。
しかしあそこでひっくり返るとは。もう一生の不覚でした(大汗)。


JohnClark 様
 ガソリン代もおっけーですか。良かった、知らなかったです。
とっておきます。がっちりと領収書!


nao様

 お騒がせしてしまって、申し訳ないです~。
腫瘍自体がかなり大きかったので肝臓はほんとにほっとしました。
>>(落ち込むこともあるかと思います。でも顔を上げて下さい。ファイトだよ!)
 ありがとうございます~。ファイトで頑張ります(;_;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/17163457

この記事へのトラックバック一覧です: 家族の異変。第一ラウンド:

« 冬到来 | トップページ | 第二ラウンド »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ