いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 冷え込む朝はにゃんこが要るのさ | トップページ | Aの悲劇&私走ってます »

2007年12月29日 (土)

病気より怖いもの?

 「転勤族の妻よしこ」様のブログにて、麻酔をされると何を口走るのか?というお話を読みまして、思わず反応してしまいました。

 実は患者Aと私、今回手術前にどんな譫言を言ってしまうのだろうという話で結構盛り上がり、前日にご家族と洗濯物の話をしたためか、「洗濯、洗濯」と言ってしまったという同室の方の体験談などもあって、前日は変なことは言わない方が良いだろうという結論に達したのです。
が、その時、我々はとんでもない事を思い出してしまったのでした。

 実はこの患者A、八年前にも手術をしたのですが、麻酔から覚めかかった時、側に居た父(患者Aの夫)に向かってもの凄い雷を炸裂させたのです。
そのあまりのすさまじさに折悪しく側にいた主治医、ドクターFは瞬時に部屋からかき消え(逃げ足はやっ)、身内故に逃げられなかった我々はそれから数分間(もっとかも)雨霰と降り注ぐいかずちに骨の髄まで焼き尽くされたのでありました。
入院して一週間、家から切り離されてほっとしていた人物が切り傷抱えて朦朧としている時に夫が側に居たらこうなる事は予測可能だったかも、です。ムカデのコスプレで地雷原に踏み込んだようなものです(涙)。

 さて、今回、患者Aはこの過去の事件を口走るのではと不安を感じ、その家族はあの大災害の再来にまた遭遇するのではと戦々恐々だったのですが、結果、今回患者Aは非常にまともで理路整然として麻酔から覚めたのでありました。もう別人みたい。今思うに朦朧度が丁度180度だったのでしょう(前回は多分360度)。 

 だけど手術室では何を言ったかは謎のままなんですよね。 医師は当然何も言わないし(「洗濯」なら言うでしょうが)、うっすら記憶がありそうな患者Aは沈黙を押し通しているし。

 うーーむ、何を言ったのだ、患者A(^_^;)


よしこ様へ

 という記事を勝手に書いてしまいました。
勝手に書いたので反応は無用です。まずは術前訓練、頑張って下さいませ。
成功を心よりお祈りしております。

« 冷え込む朝はにゃんこが要るのさ | トップページ | Aの悲劇&私走ってます »

ニュートラルな話」カテゴリの記事

コメント

>雷を炸裂・・・
すみません、大笑いしてしまいました。
闘病中なのに不謹慎ですね(^^;

泉鏡花原作の『外科室』という映画を観たときに
麻酔をすると秘密を口にするかもしれないという女主人が
無麻酔で手術中に痛みに耐えかねて外科医のメスで自害してしまったのを思い出しました。

お母様、今回は雷が落ちなくて何よりでした(笑)
でも、手術中に何を言ったのか気になりますね。

こもも様

 いえいえ、どうか笑ってやって下さい。実は私共も病室では大体笑っています(大汗)。

「外科室」、私も観たことあります。吉永小百合が伯爵夫人で監督は玉三郎でしたよね。あの小説と映画で麻酔時に本音を漏らすという恐怖が日本中に広まってしまったのでしょうか。知らなきゃ平和だったのに(笑)。

>お母様、今回は雷が落ちなくて何よりでした(笑)
 本当に良かったです。前回は死ぬほど大変だったのに、本人は殆ど覚えてなくて苦情も言えなかったんですから。

>でも、手術中に何を言ったのか気になりますね。
 です。特にほっと一息ついた今頃、異様に気になってます^_^; 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/17516407

この記事へのトラックバック一覧です: 病気より怖いもの?:

« 冷え込む朝はにゃんこが要るのさ | トップページ | Aの悲劇&私走ってます »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ