いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« キイロイお砂がやって来た | トップページ | レジに並べば »

2008年3月 4日 (火)

歩き道(どう)は険しいのであった

 ウォーキング超初心者だった頃田圃のど真ん中の十字路に車が差し掛かってくると、このまま歩いたら鉢合わせになるのではと悩んだものでした。もっとも悩む間もなく、ものの二歩も歩かぬ内に肝心の車は十字路どころか遥彼方へ通り過ぎて行ってしまったものでした。

あれからちょっとだけ学んだ私・・・

 今は田圃の隅の遥彼方に車の影が見えると、数メートル先の交差点までドスドスドスドスと猛ダッシュ。渡り終えた私の背中に通り過ぎる車の風。なんとか間に合ってほっと一息つく私(どうして速度を落とさないんだろう、車)。

 足がもつれて転んだらアウトな展開の中で、最初から普通に歩いていれば車が目の前を通り過ぎるのではないか?という素朴な答えがうっすら見え始めてきた今日このごろなのでありました。

 歩くを極める道の険しさよ(おいっ!)

« キイロイお砂がやって来た | トップページ | レジに並べば »

ニュートラルな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/40370844

この記事へのトラックバック一覧です: 歩き道(どう)は険しいのであった:

« キイロイお砂がやって来た | トップページ | レジに並べば »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ