いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プレート移動と領土拡張 | トップページ | シメ夫妻の愛情と裏切り »

2008年4月13日 (日)

今日の「報道2001」

 申し訳ないですがまた毒吐き記事です。

 今朝たまたまTVをつけたら丁度後期高齢者医療制度の話だったので思わず見てしまいました。出演した議員は自民党河野太郎氏ともう一人(ごめんなさい、今どうしても思い出せなくて)。後から厚労省副大臣の西川京子氏。民主党は蓮舫氏と枝野幸男氏。
私が見始めたのは8時ちょっと過ぎだったのですぐに介護保険の方に話が映ったのですが、それでもわずかな時間内に随分仰天させられました。出演していた議員が殆ど何も判っていない風だったので。そして副大臣のおっしゃり様が更にすごかったので。

 仰天その1 与党議員は何も判ってない

 河野氏、今まで各自治体は高齢者に大して独自の減免措置をしていた。この後期高齢者医療制度でも広域連合が減免措置をすると思うと発言。

 出来ません。広域連合が独自の減免措置をして赤字になった場合厚労省からペナルティを課せられます。そして黒字の見込みはあまりないので新たにこの制度を作ったのでは?
河野議員はこの他にも「高所得者の保険料が今までより減るのはおかしい」と、これだけならまともな発言もしたけれど、もともとが「広く薄く」を目指した制度なのだから与党議員としては痛いでしょう。確かに様々で複雑な法律相手なのだから精通してない分野があるのは当たり前なんですが、テレビに出るならもうちょっと調べようよ。

 仰天その2 民主党も輪をかけて知らない議員を出してよこした

 河野議員を論いましたが、民主党の二人はもっと知らない風。確かに日曜日は色々番組があるから判っている議員のみ出演させる訳にもいかないのでしょうが、この二人を出して何の意味があるの?せめて強行採決を体当たりで阻止しようとした人(誰でしたっけ、郡和子議員?違った?)でも出したら?と叫びました、私。もしかしてフジテレビが知らない議員だけ呼んだとか。

 
 仰天特大版 西川京子副大臣涼しい顔をして大炸裂
 
 主治医制度も出来高制度もどちらも選んで頂けるんです、と発言。

 今はね。でも確か主治医制は「県の医師会」が通達一本で決定できるんではなかったのでしょうか?そしてそもそもこの制度はかかった医療費の1/10は必ず保険料として払わねばならず(何度も言うようですが赤字は絶対に許されない)、更に逆累進制が強いためにみんなで負担できる保険料は自ずと限界がある上に、一ヶ月6000円だけ、主病として登録された科以外の診療は二千数百円が上限で、それ以上の治療は受けられない主治医制度より安上がりな出来高制など全くあり得ない現状で「どちらでも選んで頂けるんです」と言い放ったこの凄さ、本気で絶句ですわ。その場に小池晃議員や阿部知子議員がいたら即「副大臣が選べると仰ったんだからその財源は国が確保するという事ですね」と言質を取ろうとしたろうに。民主のあの二人は何も言わなかった(涙)。
(注: この主病と主治医制度を判りやすく言うと、例えば高血圧の人がそれを主病として登録されると、高血圧治療は主治医の病院のみで一ヶ月間で6000円までの治療しか受けられず、その人がたまたま骨折して整形外科に行ったとしても、一ヶ月間で二千数百円までの医療しか受けられないというもの。ギプス、巻いてもらえるんだろうか?)


 この制度は高齢者に合う医療の方は手厚くしているんです、と発言。

 私か調べ回った限りではこの制度で特に今までより手厚くされた項目というのは「終末期医療の方針を書面で確認する」書面を主治医が作成すると2000円の診療報酬が付くことだけなんですが。特に「自宅で最後を迎えたい」と書くと本人の希望により在宅療養が一気に進むため厚労省的には嬉しい様です。舛添大臣のみとり発言と合わせて考えると凄いですね(リンク)。これを堂々と「手厚く」と言える人が厚労省の副大臣とは、と暫く硬直。

 西川副大臣はこの後介護保険問題でも事実に全く即してない発言を繰り返し、その都度ゲストの服部万里子氏から鋭く訂正を受けてました。大した人だわ、西川副大臣。余談ながら西川議員の選挙区って福岡なんです。あの「おにぎりが食べたい」事件のあった・・・。

 と、日曜朝からへんなものを見聞きして沈んでしまった私でした。日曜夜に変なものを読まされた皆様、本気で申し訳ないです。ああ、私ってばどうしよう^_^;

 追記です。
 評論家の三宅久之氏もいて、介護士不足について「高校生に何ヶ月か施設で実習させなきゃ駄目」という事を仰ってました。確かに体験実習は良いことですが、経済の動きを実感させたいからって上田ハーローで高校生に実習させろとか言わないでしょ?たった数ヶ月では半人前にもならないのは介護の世界も同じでしょう。ましてやそれに戦力を期待するなんて・・・。
体験は重要です。それを実現させるには現場が受け入れる学生へのトレーナー介護士を置ける程度の人的余裕が絶対必要で、そうでなければこんな発案介護現場に対するテロでしか無いでしょう。お年もお年なので介護の実態をご存じないとは思いますけど。


 前に書いた「後期高齢者医療制度」記事リンクです。 

« プレート移動と領土拡張 | トップページ | シメ夫妻の愛情と裏切り »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

議員年金を受け取っている元国会議員の先生方には全く関係ない話なんでしょうね。

はるぴょん様

 この制度を進めると近い将来お金持ちは海外で医療を受ける事になりそうなので議員自身とてもら青ざめるでしょうが、まだよく理解していないんでしょうね。地方議会では反対決議が相次いでいたのですが。
 厚労省って何考えているんでしょう。主治医制には病院間でカルテをやり取り出来るソフトが必要だ、IT化だと盛んに言っているらしいんですが、去年年金の名寄せソフト発注で1千億円(普通は数億円で出来る)使ってるんですよ。今度のソフトには数兆円使うつもりなのでしょうか。

「上田ハーローで、高校生に働かせる!」、うーん、面白い発想ですね。その知識で、失った年金を、取り戻してほしい。

JohnClark 様

>>うーん、面白い発想ですね。
 面白いより怖いですよ~(T.T)
私自分で書いていて震えてました。こんな事したら夕方までには日本が消えてなくなりそうで(笑)。
ゲストの服部万里子氏が仰ってましたが人件費、介護保険が始まってから下がり続けているのだそうです。介護も医療もボロボロにしないと気が済まないってことなのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/40870582

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の「報道2001」:

» ちょっと一言・戯言 [酔語酔吟 夢がたり]
☆ 今日は雨、少し寒いです。 [続きを読む]

« プレート移動と領土拡張 | トップページ | シメ夫妻の愛情と裏切り »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ