いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 片づけたはずなのに何故か片づかない家に住む女、5月を語る | トップページ | 今頃たまメーカー »

2008年5月30日 (金)

肩凝りで死にかけている女、ハリポタ7を語る(ネタバレは無し)

 ハリポタ7をより楽しむ為の準備は記事の一番最後です。

 ここ暫く散々な目に遭いまして、家に閉じこもっても出来る気分転換をとハリポタ7を注文したのがゴールデンウィークの事。頭痛と肩凝りを引き起こす強力めまいに悩みながら読み始めたのでございます。気が晴れれば少しは頭痛も良くなるかな?などとほくそ笑みながら。

 甘かった。

 最初っから突っ走っているのです。大体25章とか30章あたりで出てくる様な山場がどんどん起こる上に、ほれ、主要登場人物3人の中で生き残るのは・・・とかいう話があったではないですか。そんな事を踏まえて読むと、何時、誰が死んでも全くおかしくない状況で、知らないうちに肩に異様に力が入り、気が付けば体がバリバリ状態。現実逃避は出来ても肉体は逃げ損ねて磔刑って感じ(涙)。それでも読み始めたら止まらないのがこの本の恐ろしさ。作者って私に何か恨みでもあるのでしょうか。
痛みと(肩のね)恐怖(話が怖いのよ)に耐えかねて、ずるずると茶の間に逃げ込めば、「早く読んで結果教えてね。頑張って~」という家族Aの鬼かと見まがうような言葉。おまけに顔がTV画面に向いたままって一体・・・・。

 アタマと筋肉の異様な緊張状態の中、恐怖のあまり途中で完全に放り出しながらも結構なハイペースで読み終えたのでありました。今まで何度引いても、引いたそばから忘れる単語の数々が、何故かしっかり頭に入っているのです。小さな努力の積み重ねってこういう事かしら(笑)。更には家族Aの要求にそのまま応えて結末を教えてしまったのですよ。いや~なんか嬉しいわ(勝利の高笑い)。

 さて、結末も判ったので安心してゆっくりもう一度読み直そうとしたところ、全く読めない事が判明しました。というか、ボキャブラが普通に戻ってる。あれは単なる火事場の馬鹿力だったのでしょうか。  

 今、私はナメクジの様な低速でこの本を読み進めています。運良く気力が持ったとしても、読み終わるのは日本語版が出た後かと思われます。
しかもあれだけの犠牲を払って読み上げたというのに、私がしゃべった結末を綺麗さっぱり忘れた上に、「結末を言うな」と宗旨替えしてしまった家族Aの非道な仕打ちの為、ネット以外では誰にも打ち明けられなくなってしまった私は(さすがに家族以外に話せないでしょ?)、その秘密の重さに煩悶しています。あの苦労は何だったんだ!あんまりだ~(T.T)

オマケ
ハリポタ7をより一層楽しむために。

 理想を言えば全巻読み直してから7に臨むのが良いのですが、忙しくてそうもいかない人は、まず6巻をきちんと読み直して下さい。もう少し余裕のある人はそれに1巻、4巻を付け加えても良いでしょう。重要度による私の格付けはこんな感じです。

6巻>1巻(カエルチョコカードや魔法史などなど)> ・・・4巻>5巻or2巻、そして3巻

何を覚えていないかで4巻と5巻は同列になる場合があります。

それから5巻のふくろう通信にある「魔法省みとり図」を手元に置いてから読み始めて下さい。

« 片づけたはずなのに何故か片づかない家に住む女、5月を語る | トップページ | 今頃たまメーカー »

」カテゴリの記事

コメント

『不死鳥の騎士団』までは読んでいます。
ぽんずさん、『死の秘宝』を原書で読まれたんですね。
凄いです。尊敬です。
私も誰が死んでしまうのか知りたいです。
分かってから読む方が落ち着いて読むことができるような気がするからです。
しかし、高校時代『悪霊島』(横溝正史)の上巻を読んでいた時に、
友人Y子に「それって犯人は◯◯だよ」・・・「読む手間が省けたでしょ」と、
言われたことがあります。
確かがっかり来たような・・・。
いづれにしても、「気になる、気になる」状態です。
早く、日本語版出ないかな?
その前に1つ前の巻を読まなくちゃ。

はるぴょん様

 はるぴょんさんは5巻まで読破されましたか。あの巻は暗くて読んだあと大変ですよね~。

 >分かってから読む方が落ち着いて読むことができるような気がするからです。

 今回の「死の秘宝」に関しては本当にそれが当てはまりました。もうはらはらしすぎて、途中で何度最後を読んでしまえと思った事か。

>いづれにしても、「気になる、気になる」状態です。
 泣いても笑ってもこれが最後ですもの。この本には本当にハラハラさせられました。あと2ヶ月でこの文字通りのサスペンス状態から解放されると思うと、なんか異様に嬉しいです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/41371836

この記事へのトラックバック一覧です: 肩凝りで死にかけている女、ハリポタ7を語る(ネタバレは無し):

« 片づけたはずなのに何故か片づかない家に住む女、5月を語る | トップページ | 今頃たまメーカー »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ