いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の8件の記事

2008年6月27日 (金)

因果の糸車、もしくは思いっきりはた迷惑

 昨日の一昨日の夕方、混んだ道路を前に途方に暮れていたところ、親切な車が道を譲ってくれました。ああ、ありがたや。

 そして割り込んだ所で気がつきました。私この後右折しなくては。しかも信号のある、細くてすり抜けられない、右折車一台でながーーく待たされる三叉路を(それでも国道なんです)。

 繰り返されるこの悲劇(この件に関しては過去にも書いた気が・・・)。折角の恩をまた仇で返すことはもう出来ない!

 どうしたら良いか必死で脳味噌を絞る私。しかし何の解決策も見いだせぬまま問題の交差点へ。
しかも目の前で赤になって、待っている間に対向車線は車がどんどんご到着。この調子だと後の車、信号が変わる前に通過できないかもしれない。ああ、どうしよう(涙)。

 せっぱ詰まったワタクシは、結局信号が青に変わると対向車を睨み付け、威嚇し、無理矢理右折したのでありました。その直進車には、この暴挙の裏にかくの如き深い理由があったとは夢にも思わない事でしょう。暫く気分も悪いかも知れません。でも解って。解って下さい。どうしても恩義を欠くことは出来ないの。 

 と、心の中で謝りながら後を確認すれば、 違う車じゃないですか。あれ?あの車何処へ行った(汗)。

 ごめんなさい、あの直進車様。何の罪科もないのに、ガンを飛ばされた上に優先無視までされて、しかもその出来事自体に何の意味も無かったなんて。
理由が解ったら脱力されそう・・・^_^; 

2008年6月23日 (月)

ささやかな願望

 唐突に宝くじネタです。

 その昔、宝くじが当たった時のワタクシの一番の夢は、「ネピア鼻セレブを山ほど買い込んで真底セレブなアレルギー生活を送る」というものでした。
この夢は今でも十分魅力的ではありますが(鼻の下をくすぐるあの感触を思い出すと天にも昇る気持ち)、その後猫アレルギーであることが発覚したり、突然始まった喘息が慢性にも移行せず治まったと同時に万年鼻水も何故か治ってしまったという、肉を切らせて骨を切る的出来事の為、現在の願望度はかなり下がっているのであります。

 そして「鼻セレブ」の下落に因って急浮上をし始めたのが「天然ゆず皮100%の入浴剤」。

 これはとあるお洒落な雑貨店で見つけたのが最初。めまいで頭痛や肩凝り、そして冷え性に悩む私は、頭のねじが飛んだかのようにその場で購入を決意。その夜早速湯船に浮かべたその感想は、「あら、いいじゃない」。

 何処がどう良いかと申しますと「何だかよく判らないところ」でございます。
香りが強い訳でなし(というか、殆ど香ってないかも)、色が出るわけでなし(揉みすぎて袋を破いてしまうとゴミが浮かびますが)、目に見える様な効果が体感できた訳でなし(気持ーち温まったかな?)。 そんなゆるいところが堪らなくいいの。ほんと魅力的。もしこれが一袋200円もしなければ!

 そうなのです。一袋200円。毎日使わなかったとしても、この値段は大層なプレッシャーになるのです。もしこれを入れたにも関わらず、何かの拍子でカラスの行水を余儀なくされたと考えてみて下さい。そんな事はあるわけない?甘いです。大甘です。我が家ではしっかり起こりました。あまりの未練に「二度使わないでね」という注意書きを無視して翌日湯船に入れた時の、あの悲しくなるような無反応感は一生忘れる事ができません。見た目は昨日と大して違わないのに(号泣)。
その夜以来私のささやかな楽しみは永遠に封印されてしまったのでした。宝くじに当たりでもしない限りは。

 かくの如く私の願望は変遷を遂げたのでございます。
そして今、ふと気がつくと「ネピア鼻セレブ」ってあまぞんで231円なのですね。入浴剤は200円だからかなりのデフレです。
って、世界中がインフレだっていう時に、願望がデフレしてもいいこと一つもないわけですが(-_-)

2008年6月18日 (水)

不可能は可能である

 ブログを始めて早二年以上、昨日の事を堂々と今日書ける、手慣れたブロガーでございます(おいっ!)。

 さて、先日はめまいで通っている耳鼻科で、久々体重計の様な形の機械に乗る、平衡機能の検査を受けました。

 結果はドツボ。それも相変わらずの。

 まあ、いいんです。ショックにはもう慣れているはず。辛さを胸に秘めて淡々と日常を過ごしましょう。取り敢えず、ガソリンスタンドで洗車をしなければ。もうずうっと洗ってなかったんですもの・・・。
予報では少し天気が崩れると言っていましたけど、天気を気にして何ヶ月も洗えず、結果ドロドロ車に乗り続けていた今がある訳です。もうそんな事気にするのは止めましょう。これより凹むことなどあるわけないわ。

 と、どーんと撥水コート洗車を奮発致しました。やっぱりちょっと壊れているかも(笑)。

 そして本日の天気予報。

 「明日から一週間ずっと雨、の梅雨らしい天気になるでしょう」

 凹『め』ました(T-T)(T-T)

2008年6月15日 (日)

てくてくてく2

 ここのところずっとさぼり続けていて、もう二度と再びすることは出来ないのではと内心怯えていた懸案のウォーキング、やっと再開しました。おまけにまだ続いてます(今日でやっと3日ですが)。

 それで、今までも結構悩んだ疑問が再燃したのでございます。

 デューク更家の肩凝り腰痛ウォーキングを実行しながら歩いている人って、いるのでしょうか。私今だかつて一人も見ていないんですけど。あれは外ではやらないものなのでしょうか。
 
 周りを歩いていた人達が全員振り向いたまま固まったので、3歩で止めましたが。

 あ、これは去年の事です。当時はめまいによる肩凝りで死にそうだったものでつい。

 でもさわやかな風の吹く、田圃の中の一本道で、デューク更家の肩凝り解消ウォーク、やると気持ちいいのに~。みんなでやれば怖くないのに~。必要なのは勇気だけなのに~。

 そう、勇気、自分以外の人の勇気(・_・)

2008年6月12日 (木)

世の移ろひ

 本日夕まぐれ、車を運転中唐突に去年の麦畑(リンク)を思い出し、不安に胸をどきつかせながらしずしずと進めば、去年麦畑だった場所に今年はなんと、水稲が植えてあるではないですか(早い話が田圃です)。

 本当にいつ水田になったのか思い出せない私(間違いなくGWに田植えがあったんでしょうけど)。激しすぎる世の移り変わりについていくのは本当に大変だわ~、などと感慨に浸る暇もなくスピードを上げるのでした。

 後続の方々、本当に申し訳ありません。あの慌ただしい中、あんな低速で走ってしまって(大汗)。

 しかし減反は?と思ってよく見れば、去年田圃だった奥の方に麦が穂を出しておりました。なるほど、数年単位でローテーション組むのね。ならばここに麦畑が戻ってきた時に注意しないと・・・。
などと決意を新たにその場を去ったのですが、今見れば麦畑事件は去年の四月。

思い出せてもアウトかも(T.T)

2008年6月 7日 (土)

ソフトバンクの白い猫達

 昨夜天気予報を見ようとTVをつけたら、こんなCMが(リンク

 ついに、ついに、あのソフトバンクのCMに猫が出た!おばさんは待っていたのよ、この時を(涙)


 毎日新聞によるとこの猫CMは6月から放送されるとのことですが、実は新潟などで先行放送されていたみたいです。

 白い短毛猫さん、もう1テイク撮影の意味でなければ(それなら外れた模様)、あなたの予感は大当たり!第2弾のみならず第3弾も撮影されたもようであります(撮影したんだからご当猫はご存じだろうけど)。

 YouTube「地方限定SoftBankのCM3本集」とな。



 最近の猫会議はこんななのか(笑)

 というか最近の子猫は携帯持っているのか。人間よりススんでないか?(爆)

 おばさんちの猫、今いたら完全に馬鹿にされたんだろうな。「おまえんちの回線、一番遅くない?」とか。不憫だ。。。(T.T)

2008年6月 3日 (火)

トロイの木馬をまき散らしていた

 すみません、タイトル通りです(汗)。

 最近海外からのスパムが山の様に来て、何かを売りつけているTBは消していたのですが、何の目的があったのか微妙に分からないものは、ついそのまま放置に・・・。

 それで昨夜(多分)、海外からのTBがまたありまして、確認の為に行ってみたところ、いつもはブロックにしているカスペルスキーのポップアップがありますが表示しますか?という警告ウインドウを、ふと許可にしたのでありました。

 すると「あなたのPCはウイルスに感染しています」という、あのあまりに有名なひっかけ文句が窓に踊り、しかも同時にブラウザを隠し起動させようとしたのでありました。どうもトロイの木馬を仕込むサイトへ行く為だったみたいです(カスペルスキーの報告による)。今まで来たTBの中にも確実にあったとは思うのですが、セキュリティソフトのせいか、行っても何も起こらなかったのでそこまで危険なサイトと認識出来なかったんです。

 すみません、本当に済みません。削除してしまったので全てだったのか一部だったのかも分からないのですが、兎に角あのTB群の中に単なる押し売り以上の、トンデモサイトがあったことは間違いないです。
それ故このブログのトラックバック一覧から外国サイトに飛んでしまった人で、ポップアップと、ウインドウズアイコンの付いたスキャンか何かが進行する、あのアヤシイ上に脅迫的な画面(プリントスクリーンで保存すれば良かった)を、みた人は当然スキャンするでしょうが、みなかった人でも念のためスキャンをお願がいします。ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありません。

 以下、ネットで出来る無料スキャンと、無料ソフトです。

 マイクロソフトLive one Care 

  
 カスペルスキーオンラインスキャン


 シマンテックセキュリティチェック

 無料ソフトSpybot - Search & Destroy のサイト(寄付もせずに使い続ける図々しい私。常駐してくれるのはIEのみらしいけどとても便利)

 本当に何も起こらず、単なる押し売りTBか、悪くてもメアド集めサイトとばかり思ってました。何という体たらく。常連さんはまだしも、検索で来て、あそこへ行った人がいたらどうしよう(T.T)

2008年6月 2日 (月)

今頃たまメーカー

 恐怖小説と言っても過言ではないシロモノを亀の歩みの様な速度で読んだ為(多分人の10倍はかかったもよう)、恐ろしさが100倍位に跳ね上がり、結果、ほとんど倒れかけていたため、今頃、たまメーカーです。頑固堂さん(2月の記事でした)、naoさん、遅くなりました(汗)。

 去年、脳内メーカーをやったところ、とんでもない結果を叩き出してくれた我が家の故猫達。今回は晴れて「猫」として勝負してもらいました。

 それでは父親故猫「星音」くん、我が家に来る前はどんな子だったのかな?


孤高の「星音」の分析結果(リンク

Seine2

 なんて得体の知れないヤツざんしょ。さすが虚無で鳴らしただけのことはありますね。しかも「謎」と「ひみつ」をきちんと使い分けている。見上げた猫と言うべきか。

 その謎のにゃんこは我が家へ来るとどうなったのでありましょう。

 「○×星音」の分析結果(名字が判ってしまうのでリンクはないです)
Seine1

 なんてらぶりぃなの。謎と幸福が目と耳にまで溢れ、しかも微妙なバランスを保っているではないですか。約一筋の「犬」が気になると言えば気になりますが(何故に犬化する?)幸せならばそれで良い(私が飼い主よ。えっへん)。あ、でもあの時耳元で悲鳴を上げてごめんね(汗)。


 さて、親の関係で我が家にくる事が運命づけられていた息子故猫「ほっしい」、仮に世捨て猫として放浪したらどうなっていたのでしょう。

 彷徨える「ほっしい」の分析結果(リンク

Hossy2

 あ、なかなかの健闘。警戒は怠らないけれどそれに見合う幸せを感じる生活だった模様。だけどお腹のごにょごにょは気になります。変なもの食べては駄目なのです。

 でも結果としては我が家の一員だったのでやっぱりうちのにゃんことして分析してみました。

 「○×ほっしい」の分析結果

Hossy1


 何?明るさの下に隠されたこの寂寥感は!
信じていたのに踏みつぶされた悲しみが、此処まで深く影を落としていたなんて!ごめん、ごめんなさい、ほっしい(涙)。


 と、よよと泣き崩れた後、ふと考えました。もし私が猫だったらどうなのか。猫の飼い主たるもの猫の気持ちになってみなくては。
という次第で、私を分析してみました。

 「○×ぽんず」の分析結果

Ponzu

  私が一番猫っぽい。しかも脱走する事しか考えてない・・・・・(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ