いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の8件の記事

2008年7月31日 (木)

七月を振り返って

 今月もあと数十分で終わる今、心静かに7月を振り返ってみたいと思います。

 暑かった。

 落ちた。

 バリバリッ&どーん

 壊れた。

 見えなかった。

 ラッキー♪

 
 おしまい(・_・)


 
 では愛想がないので以下駆け足でご説明いたします。
 今月は
 猛暑日の上に最低気温も高くて冬寒い土地としては許し難い暑さだった上に、
暑さ対策で掛けたよしずやサンシェードが、よしずの半分近いお値段のフックの軟弱さによって何度も落下しその度に日に灼かれながらつけ直し、
隣地区花火大会の晩に、もう片方のお隣で雷雲が発生し、走る稲妻と黒雲の向こうで光る謎の光とバリバリッ&どーんの音コラボに硬直し、
耳を聾せんばかりの雷鳴によって、やっと気温も下がったと思ったらトイレの水洗が壊れ
部品を買いにホームセンターに行き、ついでに2月に私を老婆の様に映した悪魔の鏡の前に立ってやったところ、今回はその姿がぼやけてよく見えず(老婆の次は老眼か)、
今日、スーパーの駐車場で、頭から突っ込んでそのまま出られる場所に停められてラッキー
 
 という次第です。

人はこれを平凡な生活と呼ぶ。こんなに暑かったのに(涙)

2008年7月29日 (火)

これはマズイ

 薬を飲むのを忘れた!

 と、思って調べると、薬を飲んだ事はちゃんと思い出せたのにご飯を食べたことがどうしても思い出せない。

 間違いなく食べたはず。      ・・・どうしよう^_^;


 更に、
前に同じ事書いていたらもっとどうしよう(号泣)

2008年7月23日 (水)

23日恐騒曲

 本日はあの日です。そう「例の本」が出版される日。やっと、やっとこの日が・・・(涙)。 

 この本は手術して半年ちょっとの家族Aの唯一の楽しみ(当人申告による)なので、これを盛り上げるべく我が家としても全面的にバックアップする予定となっておりました。

 しかし、実はワタクシ、熱帯雨林書店でこの本を予約し忘れ、家族Aから「23日に届くのね」という一言を聞いてそれを思い出し、慌てて注文をしたところ既に当日発送不可能で、結局いつもの様に近所の書店で買うことになったのでした。何が盛り上げバックアップなんだか(汗)。

 とはいえ家族Aは近年にない熱狂を見せ、以降毎日発売日の確認をし、3日前からはカウントダウン状態に。そのプレッシャーか、私は売り切れる悪夢で昨夜あまり眠れなかったくらいでした。家族Aってもっと忘れやすいヒトだと思ってましたけど、違うのね。

 という次第で、本日問題のブツを無事ゲット。より盛り上げる為にお菓子の類もいつになく大奮発。予約忘れなど吹き飛ぶ程に完璧なお膳立てを用意したのであります。


 家族A様、どうぞ読んで下さいませっ!

 最終章から読みますか?(大汗) 

 更に戻って最初から読もうとして下巻の最初を読みはじめたそうで、しばしの間意味不明の深淵を彷徨っていたそうです。

 これが「盛り上がる」という事なのでしょうか。なんか異様に納得いかないんですけど。


2008年7月20日 (日)

明るい連休計画

 庭のモズかーさんが卵を抱きかかえて今日で10日、今日明日は全国的に連休の模様、皆様いかがお過ごしでしょうか。連休は何時だって何もしないうちに過ぎてしまう我がぽんず家も今回はひと味違って、ちゃんとした計画を立ててしまっているのです。なんと珍しい。

 Umeboshi1←それがこれ

 何を隠そうこれが紀州南高梅なのでございます。この1キロ900円、一個50円という宝石の様な代物を梅雨明け猛暑の中、三日がかりでじっくり干し上げるのです。この日をおいて他に何時干すと言うのでしょう。素晴らしいタイミング、素晴らしい計画性(ちゃんと塩漬けにしておいた訳ですからね)、自分で自分を誉めてやりたい。おまけに中梅ではなく、アンズより大きい超巨大梅だから干すのも簡単(出遅れてそれしか残ってなかった事は内緒)。

 おまけにCSデジタル放送は大規模な無料放送デー。J Sports Plusでは「ツール・ド・フランス」を生中継。ちなみにこの放送は、自転車をF1と間違えて集団毎のタイム差表示に字をかぶせたり、「ゴール前のせめぎ合いっ」などとアナウンサーが絶叫したり(今日のステージ優勝と総合優勝に何の関係が?)しない、コースの標高差も、チーム同士の駆け引きも選手の得意コース(山岳かスプリントか)も知らされる真っ当な放送です。
これを観ながら半額シールで売っていたあんころ餅を美味しく食せばパーフェクト。
では皆様、ごめんあそばせ。私昨夜の第14ステージの録画を観ないといけませんの(高笑)。

 さてと。記事も書いたし、落下したよしずをつってこなきゃ。やっぱり金具が3箇所では足りなかったのね。最初から5個位金具をつけておけば今頃余裕だったのに・・・^_^;


また画像アップを忘れました(大汗)。

2008年7月15日 (火)

サディスティク・エコ・ドライブ

 あまりのガソリン価格高騰の為か、道路を走る車に最近異変が起きている様です。
その異変とは、「窓を開けて走る車がやたらと多い」こと。皆さん頑張ってエコに励んでいるのですね。勿論私も励んでおります。エアコンをつけずに運転しております。

 さて、その日の気温が34度近くまで上がるとは露知らなかった私。いつものように窓を開けて車を走らせたのでありました。
田圃を渡る風の気持ちよいこと。夏ですねぇ。
しかし、車が市街地に近づくにつれ何やら乾燥機を連想させるシチュエーションに・・・。
それでもじっと我慢しつつ運転を続ける健気な私。これも世のため地球のため。更に私のサイフの為。

 しかし吹き込む風は更に熱くなり、これ以上風に吹かれたら干物になってしまうと思ったその時、漸く交差点で停止する事が出来たのでした。
で、停まった瞬間、自分がオーブンの真ん中にいた事が判明。あの風でもあった方がまだ良かったのか。
どっと吹き出す汗に目も眩みながら辺りを見渡せば、周りの車は皆窓が閉まっている。閉まってないのは私だけ。みんな何時?いつの間に?

 地球に優しい運転を遂に放棄してエアコンをつけるも、勿論すぐには涼しくなるはずもなく、汗で目を滲ませながら交差点を通過した上に、更に暑さと脱水とに苦しみながら街の半分くらい運転する羽目に陥ったのでありました。ムゴイ。こんな熱い走りは久しぶり。その後暫く調子悪かった私です(涙)。これで熱中症にでもなったら薬は使うわ医療廃棄物増やすわで、地球に優しいどころの騒ぎではございません。

 故に反省 エコも過ぎればサドになる。

 とかいいつつ、今日も暑さ負けしました。我慢の臨海点がまだ掴めてないの(泣)。

2008年7月13日 (日)

文章批判能力を鍛える機会?

 NIKKEI NETに「小学生も感想文をコピペ ネット丸写し横行で悩める教育界」(リンクはありません。リンクポリシーに報せてね、とあるのが面倒で)という記事がありまして、読書感想文全国コンクールにとあるサイトに掲載されていたのと酷似している作文があったと書かれております。

 感想文とは学習した結果を計るものなので、読み解く訓練、消化する時間、、日頃自分の考えを表現する機会等いずれもたっぷりあった上で、それに見合った感想文提出回数ならば、それ程コピペは横行しないと考えているので、これを機会に国語のカリキュラムを見直したらいかが?などと思ってしまうのです。子供のモラルについてあれこれ言う前に。

 とはいいつつも、恐ろしい懸念がむくむくと沸き上がったのもこれまた事実。
このブログの読書感想が小学生にコピペされ、先生の添削で真っ赤になって返ってきたらどうしよう・・・。
「てにをは」を直されていたら。「もっとしっかり漢字を勉強しましょう」などと書かれていたら。それより何より「もっとしっかり読みましょう」などと書かれて、コピペした小学生に「どうしてこんなの選んじゃったんだろ」などと言われた暁には。

 夏休みを控えた全国の小学生の皆さん、感想文をコピペする時には沢山の文をしっかり読んで、良い文を選びましょう。間違ってもこのブログから写してはいけません。先生にしかられて、後で匿名の苦情コメントを入れたりするのはもっといけません。責任は一人で被りましょう。あなたは子供なのでくじけても未来はありますが、私はくじけたら立ち直れないお年なのです。

 と、声を大にして頼んでおきましょう。夏休みになると作者や作品名での検索が多くなる事でもありますし(勿論素通りだろうけど(笑))。

2008年7月 8日 (火)

モズ再び

 皆様覚えておいででしょうか?我が家の庭にモズが巣を作った事を・・・。

 あれから一年と一ヶ月、ご近所の庭からはとうにモズの高鳴きが聞こえ始めているのに我が家には鳥影さえ映らない日々。これはもう見限られてしまったかとすっかり諦めかけていたそんな時、くちばしにひもをくわえて飛ぶモズが。見れば庭木に巣を作っているではありませんか。

 今年もまた来てくれたのね。今年もあのホッピングが見られるのね(嬉涙)。と喜んだのもつかの間。造営中のこの巣、他からはどうか知らないけれど、我が家の居間からは丸見えなのであります。これは去年の我が家に対する信頼の証なのか、単なる偶然で去年とは別モズなのか。自然界の謎など我々の知る由もないのですが、一つだけ歴然としているのは、こんなに見えちゃって大丈夫?という事。

 不安は早くも的中し、庭に出ることは憚られ、居間はレースのカーテンで閉じられ家族一同息を潜める羽目に、またしても陥ったのでありました。
特に去年ヒナと並々ならぬ縁のあった家族Aなど、折悪しく土砂降りとなった日曜日には造営中のお椀型鳥の巣に屋根がない事を一日中案じている有様。巣箱じゃないんだからという理性の叫びなど馬耳東風。 どうして鳥の巣に屋根がないかなんて、私が知るわけないでしょうに(涙)。

 さて、去年と違い今回は巣作りから目撃する羽目になった我が家の、今一番の関心事はカッコーに托卵されない事。
そうなのです。カッコーはモズにも托卵するのです。そしてそのカッコーは何故か今年は近くの電線の上でいつになく良く鳴いているのです。

 という次第で、カッコーの声が聞こえたら外に出ていって追い払うというのが我が家の最大任務となっております。電線の下を歩けば逃げてくれるからいいのですが、そうでなければ変人一家だと思われてしまいます。そこまで尽くす必要がどこに?

 とはいえ、カッコーのヒナが巣から飛び出た時の精神的ダメージを考えると背に腹は代えられないので、暫しこの任務に勤しみたいと思います。

 今年もアツイ夏になりそうです。

2008年7月 4日 (金)

ぐっじょぶなのーーー(違う意味で)

 昨夜、頭痛に歯を食いしばりながら一太郎で書いた文章を保存しようとしたところ、突如ファイアーウォールから

「このファイルはトロイの木馬に感染しています(Trojan-Dropper.Ichitaro.Tarodrop.l)」

と真っ赤な警告がでて、お利口なカスペルスキーはあっという間に削除してくれたのでありました。
カスペルスキーは安全を示す緑色に戻ったものの、念には念を入れてスキャンを実施。調子の悪いときに限ってどうしてこんな面倒な事が起こるのでしょう(涙)。

 スキャンをしながらつらつら考えていると、ワープロソフト一太郎の脆弱性をつくトロイの木馬がある事(詳細リンク)は重々承知の上で、それでも、

それ外から来たのではなくて、たった今私が作ったファイルなのよね。誰が木馬を仕込んだ訳?

 と、思いっきり疑念が吹き上がってしまった私です。
それでも知らない間に一太郎自体に改変が加えられた可能性もあるし、回線も切ってしまったことなので、やむなくスキャンを続行。
 
 結果、多量の自作一太郎ファイルが引っかかったのでございます。

 でもあやしい痕跡は皆無んですよね。その後でスキャンしたSpybot-Seargh&Destroyなんて「おめでとうございます!スパイウェアは発見されませんでした」とかいう始末。

 何か見つからなければおかしいのです。感染ファイルなんて散々開いて上書きしているんだし。

 とはいえ、バックアップから問題のファイルを復元しようとしても再び検知されてしまうので、検知できない新種の実行プログラムか、はたまた遂に私も、世にはびこる悪意のあるプログラムと称される物々を勝手に作れる身分になってしまったのか、不安三分、イライラ七分で今朝改めてカスペルスキーのサイトに行ってみれば、

トップにでかでか
 

7/3 10:41:41発行のウイルス定義データベースにおいて、一太郎ファイル発行のウイルス定義データベースにおいて、一太郎ファイルで"Trojan-Dropper.Ichitaro.Tarodrop.l"が誤検知されることを確認いたしました。

 やっぱり(笑)
しかもジャストシステムの製品。友軍誤爆じゃないですか(爆)
さすが有効期限を残してユーザーが更新キーを使わない警告を出そうとして、有効期限が切れるまで更新出来ないバグを出してしまったカスペルスキーです。またまたのぐっじょぶです。私はもうあなたにぞっこんよ。

 と、私が笑って済ませた(そして最初顔面蒼白でスキャンに走った)最大の理由は、ファイルがちゃんと復元できたからでも、頭痛で気力が失せていたからでもなく、使っているのがとうの昔にサポートが終わった、太古の一太郎だったからです。

 良かった、これでまだ使える(おいっ!)

 余談
カスペル君の隠れ技
 彼は何時でもスキャン終了予定時間にフェイントをかけます。前回は日付を跨いでの8時間後。一度などはなんと三日後でした。勿論終わってみれば普通の時間。気がつくといつの間にか縮んでいるところをみると、こっそりだるまさんが転んだをやっているにちがいありません(笑)。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ