いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の7件の記事

2008年10月30日 (木)

店子現る

 めっきり冷え込むこの季節、暖かいお家でぬくぬくしたいとは誰しも思うことなのです。とても寒いのですから当然なのです。背に腹は代えられないのです。

 という事で、

 蜂が、

勝手に、

我が家の何処かに、

巣を作ってしまった模様です(涙)。

 何故わかったかと言えば、ここ数週間で何匹もの蜂が閉めた窓の内側ををブンブンしていたから。

 過去にも何度かこういう事があったため、容易に想像がつくその日常はといえば、

 ふと気がつくと家の中で、

蜂が道に迷っている(あの、ここは何処でしょうか?)

蜂が一緒にTVを観ている(あ、お気遣いなく~)

蜂が食卓についている(どうぞお構いなく~、おかず何?)

蜂が朝、体操している(いっち、にぃ、さん、しぃ)

 その度に窓を開けてお引き取りを願っているのですが、そしてまだ一度も刺されたことは無いのですが、それでも、いつか、軒を貸して母屋とられるになるのではと思うともう

 一冬こんな状態は耐えられない~~~(号泣)

 花だの外敵だのは認識できるのに、どうして出入り口が判らないのっっ(滝涙)


蛇足
 そう言えば、出窓の天井裏に地蜂が巣を作ったことがあったっけ。蜂の子が山ほどいたであろうに、巣を取るには窓を壊さないといけないと言われ泣く泣く諦めた事が・・・

ちなみに蜂の子の缶詰は一缶2000円前後。でも迷い込むのは親ばかり(涙)

2008年10月26日 (日)

どちらがより衝撃的なのでしょう

 映画館で観た映画をたまたまTVでオンエアしていたので、観てみました。

久々なのか忘れたシーンがてんこ盛りです。というより、全てが記憶にない。

一年ちょっとでこんなに忘れた自分にまず大衝撃。

そして、そんないいかげんな見方をしていた上に、ブログで感想まで書いていたのです。どうしよう。今更消すわけにいかないし。穴があったら入りたいーーーー(叫)

と、映画そっちのけで煩悶いたしました。こんなに忘れるなんて、どう考えても危機的です(涙)。

 長々悩んだ末、ふと思い付いて番組をよくよく確認したところ、

  それは同じ主題を扱った、

   似た名前の、


   全く違う映画でした。


 気がつくまでに小一時間かかるなんて、綺麗に忘れているのと大差ないどころか、却って悪いでしょうが(号泣)。

 ちょっと気分転換のつもりが、思わぬドツボにはまった土曜日の夜でした。嗚呼

 

 ちなみに

 映画館で観た映画は「ゾディアック」
 TVで観た映画は「ゾディアック 十二宮の連続殺人鬼 」
新聞の番組欄は後半が省略されてはいましたが、立ち直れない事には変わりはないです(涙)。

2008年10月23日 (木)

音楽療法?

 モーツァルトを使った音楽療法というのがあるそうで、でもどんな曲を聴けばいいのかそのCDと本をネットで探してみたところ、使用曲は外からでは判りませんでした。
それもそうですね。曲名が判ったら誰も買いませんから。
ただ、この音楽療法、めまいや耳鳴りに効くといううたい文句もあったのです。ちょっと心惹かれたのですがその直後、めまい系BBSで効かなかったという書き込みを山ほど読んでしまった後、めまい、耳鳴りに良いと言われている曲一覧を偶然見つけました。
(更新の止まったサイトで、上の不評もあるのでリンクしませんでした。今なら違った書き方をされるかも知れませんし)


フルートとハープのための協奏曲ハ長調 第2楽章より K.299
ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 第3楽章より K.216
ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 第1楽章より K.219
クラリネット5重奏曲 イ長調 第3楽章より K.581
ピアノソナタ第11番 イ長調 第3楽章より K.331
ピアノ・ソナタ第15番ハ長調  K.545

 微妙な品揃え。何が微妙かと言うと、あるんだけれどCDじゃなくてLPというところが。しかもターンテーブルが既にない(笑)

 でも効果をどうしても試してみたいではありませんか。それで唯一CDで持っている、畏れ多くもポゴレリチのピアノソナタ第11番3楽章「トルコ行進曲」を聞くことにしたのでありました。

 では聴かせていただきます。(YouTubeにありました
 
即、目から火花(T.T)
火花と激痛と冷や汗の中、初めて聴いた時の衝撃(ラジオで、ポゴと知らずに)が再び甦り、脈拍さえも高くなる。でも、でも、聴きはじめたら止まらない。

 聴きましたよ、6分33秒3分26秒(そんなに遅くもないのに何と間違えたのか。でも演奏時間が倍近くても疑問を感じないのがポゴ氏の恐ろしい所です)

 メニエール持ちは音が頭に酷く不快に響く事(リクルートメント現象)があるのです。だから調子が悪いときは気をつけて音楽も聴かない様にしているのです。それなのによりにもよって、あんなアグレッシブなものを聴いてしまうなんて。

 聴き終わった後、改めて再確認。世の中にはヒーリングやBGMに絶対使えない演奏家がいる。

 それを忘れた私がバカでした。死ぬかと思った(号泣)。

2008年10月18日 (土)

長方形の長辺は・・・

 すっかり秋めいて朝晩冷え込み始め、大々的におこたつを始動させた我が家。そのぬくぬくな居心地とは裏腹に、どうしても解せない不可解な事件が毎年繰り返されるのでした。その事件とは・・・

 
 長方形の長辺は長く、短辺が短いのが太古の昔よりの真理なのです。しかるに我が家の長方形のこたつ布団は掃除の後、布団を掛けようと眺めた時に限って、いつもいつも、間違いなく確実に、絶対に忘れることなく、長辺が短辺より短く


 縮むのです。

 暖かな日溜まりの中に鎮座する、片方は余分で、片方は寸足らずの隙間の開いた我が家のおこたつ。
たぬきが布団に化けているとしか思えない(涙)

2008年10月13日 (月)

今日やっとおでかけ

 連休中家から一歩もでず、ネットの中だけ散歩でこの連休も終わってしまいそうだった今日の午後、秋のバラを眺めに出かけたというはるぴょんさんの日記に遭遇。

そうだ、バラは初夏と限ったものではなかったのだ。

 と、今頃気付いたこの私、唐突に近くのバラ園へ行くことにしたのでした。一族郎党引き連れて。
というのも、このバラ園、とても近くなのですが、今年は見事にバラを見損ねていたのです。二時も回った時間帯でしたが本当に目と鼻の先なのでノープロブレム。家族も大乗り気で早速皆で出かけたのでありました。

 そして意気揚々とバラ園に繰り込もうとしたところ、入り口が閉まってて入れない(爆)

 ここのバラはあんまり秋には咲かないのでしょうか(汗)。というか、まさか閉園したとか?

Rosegarden 在りし日の?バラ園の写真(ただしバラ抜き)。


 仕方なく、というか他にどうしようもないので、バラ園隣の普通の庭園を一周してみました。


Hama1


 こんな感じ。こぢんまりしてます。ぐるっと回って約3分(笑)


 そして赤いしっぽが生えた草を発見(ウルトラ接写です)。

Akaineko2

 丑年生まれ向けのねこじゃらし?よろこんでちゃいちゃいしそう(笑)

 などとどうでも良いことに気を取られてから帰ってきました。面白かったです。これで良かったのかどうかは大いに疑問ですが。

 どうということもないのどかな一日。善い哉善い哉(笑)。


 と、今日もどうということもないブログを書く私。まっ、これも善い哉って事で(こらこらっ)

2008年10月10日 (金)

とっても大きな木の下で

 駐車場で車から降りて、てくてく歩いていた時、ふと隣を見ると一緒に降りた筈の家族Aがいない。未舗装なので転んだのかと慌てて後を振り向くと、

そこには、

敷地内にある、


 大きなくりの木下でーーー


 栗拾いをしている家族Aがいた。

 栗が一杯にのった手のひらを差し出して「ね、これで栗ご飯作って」とにっこり。

 さっきまで転びそうによろよろしていたのに、何故に瞬時にそこにいる。ワープでもしてのけたのか?
 家族Aの素早さを驚きつつも、生い茂る巨木が栗の木だったとは全く気がつかなかった(暑かったので日陰になっていいよねとしか思わなかったです)私は、自分の生存能力に思いっきり不安を感じたのでありました。

 おまけに家族Aに駆け寄ろうとして躓いたし(汗)。

 でも栗ご飯は美味しく炊けたのでした。とれたてはお味が違います(^^)
私が拾った訳ではございませんが(大汗)。

2008年10月 3日 (金)

もみじイロイロ

 稲刈りが済んだ田圃の中の一本道で、その軽トラックは、「もみじマーク」(高齢運転者が車につけるマーク)も晴れ晴れと、殆ど心臓麻痺を起こしていてそれで止まりそうな低速で、こちらへ向かって来たのでありました。
そのあまりにも慎重すぎる徐行運転に、私はつい、つられて一時停止ですれ違いをしてしまったのでございます。
手に汗握り対向車を待つ、見晴らしの良い真っ直ぐな道。道幅、十分広し、な秋の空。

 さて、それから暫くして、やはりまだ田圃の中の道で、やはり今度も「もみじマーク」をつけた軽トラックに、なんと今回はものすごい勢いで煽られたのでありました。
道細いんですけど。おまけに曲がっていて見通し悪いんですけど。

 というか、


  私畑にツッコミそうなんですけどっっ。

 紅葉ももみじ、黄葉ももみじ、もみじにイロイロあるけれど、あなどれないのは通年もみじ印

 最初のもみじマークさんと次のもみじマークさん、どこかで出会うことがあるのでしょうか。想像するだに私は怖い(爆)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ