いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 長方形の長辺は・・・ | トップページ | どちらがより衝撃的なのでしょう »

2008年10月23日 (木)

音楽療法?

 モーツァルトを使った音楽療法というのがあるそうで、でもどんな曲を聴けばいいのかそのCDと本をネットで探してみたところ、使用曲は外からでは判りませんでした。
それもそうですね。曲名が判ったら誰も買いませんから。
ただ、この音楽療法、めまいや耳鳴りに効くといううたい文句もあったのです。ちょっと心惹かれたのですがその直後、めまい系BBSで効かなかったという書き込みを山ほど読んでしまった後、めまい、耳鳴りに良いと言われている曲一覧を偶然見つけました。
(更新の止まったサイトで、上の不評もあるのでリンクしませんでした。今なら違った書き方をされるかも知れませんし)


フルートとハープのための協奏曲ハ長調 第2楽章より K.299
ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 第3楽章より K.216
ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 第1楽章より K.219
クラリネット5重奏曲 イ長調 第3楽章より K.581
ピアノソナタ第11番 イ長調 第3楽章より K.331
ピアノ・ソナタ第15番ハ長調  K.545

 微妙な品揃え。何が微妙かと言うと、あるんだけれどCDじゃなくてLPというところが。しかもターンテーブルが既にない(笑)

 でも効果をどうしても試してみたいではありませんか。それで唯一CDで持っている、畏れ多くもポゴレリチのピアノソナタ第11番3楽章「トルコ行進曲」を聞くことにしたのでありました。

 では聴かせていただきます。(YouTubeにありました
 
即、目から火花(T.T)
火花と激痛と冷や汗の中、初めて聴いた時の衝撃(ラジオで、ポゴと知らずに)が再び甦り、脈拍さえも高くなる。でも、でも、聴きはじめたら止まらない。

 聴きましたよ、6分33秒3分26秒(そんなに遅くもないのに何と間違えたのか。でも演奏時間が倍近くても疑問を感じないのがポゴ氏の恐ろしい所です)

 メニエール持ちは音が頭に酷く不快に響く事(リクルートメント現象)があるのです。だから調子が悪いときは気をつけて音楽も聴かない様にしているのです。それなのによりにもよって、あんなアグレッシブなものを聴いてしまうなんて。

 聴き終わった後、改めて再確認。世の中にはヒーリングやBGMに絶対使えない演奏家がいる。

 それを忘れた私がバカでした。死ぬかと思った(号泣)。

« 長方形の長辺は・・・ | トップページ | どちらがより衝撃的なのでしょう »

イタとほ日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

> 即、目から火花(T.T)

ウケました。
これは音楽療法の真逆でしたね。ポゴレリチ氏、ヒドいです。
そういえば私もいつぞや、近所の内科の待合室にいるとき、
有線でクラシックをやっていて、それがどう聴いても、
ポゴレリチの弾くショパンの前奏曲集の15番あたりの数曲で、
私は待っている間に、どんどんどんどん興奮してしまい、
診察になって、高血圧+頻脈を注意されました。
本当にポゴレリチ氏はヒドいです。

>あるんだけれどCDじゃなくてLPというところが。しかもターンテーブルが既にない

うちも、ターンテーブルが無いけど、LPがまだあります。

>世の中にはヒーリングやBGMに絶対使えない演奏家がいる

ポゴでは、無理無理

よしこ様

まったく大変な目に遭いました。
もうちょっと手を抜いてくれたらと、涙目で思ってしまいました。
ポゴレリチ氏、まことにヒドいです。

>そういえば私もいつぞや、
この記事覚えてます、これですね!
http://blog.goo.ne.jp/rc1981rc/e/9e4f6aec5e1ddca9672571fdd8752c2b(訪問者のブログ記事を勝手に貼る私)
病院でポゴなんて心底恐ろしい~。
その恐ろしさを有線局が全く認識していないのも怖い~(笑)
その病院の患者さん、無事だったのでしょうか(大汗)

JohnClark様

JohnClarkさんのところにもまだLPありますか。
特にレアものだったりするとかなか捨てられないですし、全部CDに買い換えるのもなんですし。
レコードプレーヤー売ってますけど、もうひっくり返す世界には戻れない気もして、普段は忘れた事にしています(爆)。

>>無理無理
  世界基準と言っても良いくらいの常識でした(;_;)

はじめまして。よしこ様のブログにお邪魔していて、
こちらを知りまして今までロムさせていただいてました。
わたしもポゴレリチとホロヴィッツが大好きですので
何回も何回も読ませていただきました。
目に浮かぶような描写力、すごいです。
そしてまたメニエルにポゴレリチ。
笑いました。
わたしも突発性難聴、メニエルを繰り返しており
辛さはよくわかります。
わたしの場合冷蔵庫の音や洗濯機の脱水音、
びんびん響きます。
でも気分転換にピアノ弾いてみたら(とっても下手です)
もう死にそうでした。
ポゴレリチに限らずピアノの音はだめなようです。
10年ほど前から繰り返してますので、毎日
ビタミンB12を飲んでるのですが
睡眠不足や疲れがたまると(特に精神的に?)
だめなようです。
鳥の声や川の音とかのほうがいいかも。
後アロマテラピーとか。
どうぞお大事に。

ロンロン様

 いらっしゃいませ。こちらこそはじめまして。
あの長文記事、読んで下さって本当にありがとうございます。

ポゴレリチとホロヴィッツ、良いですよね。
メニエルは全く良くありませんけど。
冷蔵庫などの生活音はなくすわけにもいかないですから、これが響くと大変でしょうね。しかも突発性難聴も患われたとなると、かなり重そうです。どうかお大事になさって下さい。

>>でも気分転換にピアノ弾いてみたら
 私もいつぞや弾いてみたところ、下手の上に(これは事実なのですが)音まで悲惨で、思いっきり凹んだことがありました。あの時の耳障りな騒音は、あながち腕のせいばかりではなかったのかも(でも下手ですが)です。
やっと納得できました。ピアノの音は駄目だと心得た方が安全なのですね、たとえポゴレリチでも(笑)。

>>鳥の声や川の音とかのほうがいいかも。
>>後アロマテラピーとか。
 田舎に住んでいるのに全く忘れてました。
早速実践してみます。アロマテラピーも。
ラベンダーのエッセンシャルオイルがあるのに、宝の持ち腐れでした。

ご訪問とお見舞い、ありがとうございました。
突発性難聴は怖い病気と聞いたことがあります。ロンロンさんもどうかお大事になさって下さい。

マエストロのピアノ、胎教にはどうなのでしょうか。
ミーラちゃんはいつも聴いているのでしょうか。
素朴な疑問がわいてきました。

はるぴょん様

 胎教にマエストロ、考えてみたこともありませんでした。
なんかものすごーーくムズカシゲな子供が生まれそうな気がして・・・、複雑です(笑)

>>ミーラちゃんはいつも
 言われてみればほんと疑問。
ミーラちゃんマエストロの練習中はどうしているのでしょう。
中村紘子さんちのタンクタンクロー(シャム猫)は練習が始まると同時に全速力で逃げ出したそうですが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/42883072

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽療法?:

« 長方形の長辺は・・・ | トップページ | どちらがより衝撃的なのでしょう »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ