いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 通りすがってます | トップページ | 今日は1月19日 »

2009年1月18日 (日)

顔で選ぶ演奏家 もしくは嫉妬した話(追記 全て揃いました)

 なんかファンに聞かれたら殺されそうなタイトルです。勿論演奏は素晴らしいので大好きではあるのです(汗)

 ワタクシ、実はヨーヨー・マ様の大ファンなのでございます。演奏もなのですが、とにかくあの顔!あの顔を眺めているとひとりにまにましてしまう位好きなのです。白状しますが、顔『だけ』なら若い頃のポゴより上位です(爆)

 そんな私が、今から二十年近く前、まだ20代だった頃(多分)、TVで観たのが

  『インスパイアド・バイ・バッハ』無伴奏チェロ組曲5番 ヨー・ヨー・マ 坂東玉三郎

 各曲を最初にヨーヨー氏が漢字一字を墨書して表し、セットも衣装も替えた玉三郎丈が演奏に合わせて妖艶に舞うという趣向です。TV画面にかじりつくようにして見入ってしまった私です(笑)

 最初は良かったのです。しかしだんだん途中から流れが妖しくなるというのか、玉三郎丈が演奏中のヨーヨー氏に異様な接近を図ってくるのであります。

 で、運命の第五曲ガヴォット。これが鼓を持った玉三郎氏が舞い踊るのですが、色っぽすぎて観ていてもう、

 「寄るな!触るな!玉三郎!私のヨーヨーちゃんをどうする気ーーーっ!」(別にとって食ってる訳ではない)

 と思わず叫んで後は続かず、次のジークはどうなった?状態。
 私、自分がまさか男に嫉妬するなどとは夢にも思っておりませんでした。それも天下の坂東玉三郎に向かって(爆)

 今にして思えば若気の至りな勝ち目のない負け戦、というよりどう見てもごまめの歯ぎしりなこの苦しみを、何故今唐突に思い出したかと申しますと、こんなものを見つけてしまったからなのです(笑)

 「第四曲 サラバンド」 ガヴォットの振り付けがこの曲に付いたらあまりにも意味深で耐えられない!(爆)

 (そしてここに「サラバンド」動画を填め込んだ)
 
 勿論DVDも売っているのですが(リンク)既にチェロ組曲持っているのに(再録音もあるので出来ればそちらが欲しい)、敢えて嫉妬に身を委ねる度胸がないのです。もし全く嫉妬しなかったらそれはそれでショックだし(爆)


 注 サラバンド
 古代、神殿で男女がアヤシク踊る為の曲が今の形式に変化した。


 と、書いたところ、YouTubeに全てアップされていた事が判明しました。結局削除されていました。

検索語句に「Tamasabro」を入れてはいけなかったのね(汗)

 これが問題の「寄るな触るな」のガヴォットです(笑)←削除です(涙)


 ヨーヨー以外だったら全く問題なしなんですけど、というか普通かも。でも今見ても・・・駄目だ(爆)
番組によると玉三郎はヨーヨーの指名だったそうなので、いかんともしがたいですね。さすが玉三郎ですし(涙)

 ついでに全編をリンク
 これは Inspired by Bach の第五番部分 「Struggle for hope 希望への苦闘」 (1995)です。NHKで放送した時は「玉三郎、バッハを舞う」というタイトルでした。そんなに前ではないのね。嫉妬する年ではなかったかも(汗)

  第一曲プレリュード「儀式」
  
  第二曲アルマンド 「哀嘆」
  

  第三曲クーラント 「否定」
  

  第四曲 サラバンド「祈り」
 

  第五曲 ガヴォット 「夢」
  
  第六曲 ジーク 「調和」
  
 Struggle for hope 希望への苦闘 冒頭メイキング部分
 (日本語字幕はありませんが、吹き替えでもないので玉三郎丈の話ははっきり判ります)

  これも削除でした(涙)

« 通りすがってます | トップページ | 今日は1月19日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

玉三郎さんが、20年前に、このようなことをなさっていたとは、知りませんでした。
ぽんずさんお勧めの、第5曲ガボットですか・・・、鼓を持って舞うんですか・・・、聞いただけで、う~ん・・・凄そう(笑)
今でもまだまだ十分美しい玉三郎丈のこのような姿を見れるとは。

すみません、ヨーヨー・マ様のことはお名前を聞いたことがあるのみなので、コメントできませんで・・・。

以前NHKーBS2で放送したような・・・。
玉ちゃん、妖艶です。

「顔で選ぶ演奏家」を「顔で笑う演奏家」と読み違えてしまいました。
で、百面相のランランかと。

こもも様

 済みません、20年ではなくて13年前に大訂正です(大汗)

>>今でもまだまだ十分美しい玉三郎丈のこのような姿を見れるとは。
 今見直してようやく玉三郎丈の凄さが判りました。振り付けも彼なのですが、嘆き、絶望、包容、素晴らしい表現だと思いました。
そして今見ての疑問なのですが、これを鼓と呼んで良いのでしょうか?太鼓とか?(汗)

>>お名前を聞いたことがあるのみ
 眼鏡をかけたぽてとみたいと思いませんか?(笑)
サントリーのCMにながく出ていたので、見かけた顔だと思います。「リベルタンゴ」は間違いなくお聴きになったかと。日本中を席巻してましたから・・・(笑)

はるぴょん様

>>以前NHKーBS2で放送したような・・・。
 そうです、それです。どこかに録画しておいた筈なのですが、テープがどこかへ行ってしまって(大汗)
DVDでは他のアーティストともコラボしている訳ですが、5番をコラボするのは、やはり玉三郎丈でないとという事でしょうか。さすが期待に違いませんでしたね。

>>百面相のランランかと

 (爆)
それに顔で笑うというのも(爆)(爆)
おかしくて指先が震えてます~~~(爆)

いまさらっすが

オバマだ(福井の小浜では、ありません)

寒空でも、元気なパールマンだ

'Air and Simple Gifts' John Williams at Obama Inauguration
http://www.youtube.com/watch?v=02Ao9jyq5Vk&NR=1

作曲は、ジョン。ウィリアムズかな?

ヨーヨー・マだとピアソラのアルバムが、お気に入りです。

すいません、こちらが、解説です。

大統領就任式の四重奏:『Air and Simple Gifts』に込められた願い
http://wiredvision.jp/blog/takamori/200901/200901210930.html

JohnClark様

 おお、wowowで放送した時何時出るか待つのが嫌で見なかったんです。ありがとうございます。
パールマンが白髪になってる(笑)
このチェロはデュ・プレの使っていたストラディバリなのでしょうか。わー、なんか興味津々なわたしです(笑)

このTVの音源は、生!ではなくて、録音だったとか、そうでないとか。寒いから、不測の事態に備えたんでしょうね。

いろいろなサイトに書いてありますが、ヨーヨー・マの楽器:ダヴィドフ・ストラディヴァリウスは、ドゥ・プレのものでしたよね。バロック音楽の演奏にダヴィドフを使うらしいですが、ロックのスティングと共演したときは???

ドゥ・プレといえば、「多発性硬化症:multiple sclerosis」は誤診で、「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」だったそうですが、病床で臥せっているのに、旦那が、他で子供を二人も作られちゃ、たまらんかったでしょうねえ。

JohnClark様

 外でもあることだし、これはダヴィドフではない可能性大ですよね。

>>「多発性硬化症:multiple sclerosis」は誤診で、「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」
 そうだったんですか。今更判っても虚しいですが。私彼女も結構好きなので。

>>旦那が、他で子供を二人も作られちゃ、たまらんかったでしょうねえ。
 日本に来日する時も彼女連れだったではありませんか。最後の数年間は意識がなかったそうですから、判ったわけではないのでしょうが、来日記事を読んだときは複雑な気持ちでした。

 が、その夫、04年「ウルフ賞」受賞式で格好いいことやらかしてます。西東オーケストラの事もあるので、半分くらいは許そうかと(笑)↓ヘブライ語ですが、英語字幕付き
http://jp.youtube.com/watch?v=f3-MkRqjmDk

勿論自力で探せた訳ではありません。
こちら様のパクリです^_^;
http://d.hatena.ne.jp/eirene/20090126/1232943237

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/43783448

この記事へのトラックバック一覧です: 顔で選ぶ演奏家 もしくは嫉妬した話(追記 全て揃いました):

« 通りすがってます | トップページ | 今日は1月19日 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ