いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 村上春樹の利用法 | トップページ | 現在熟成中 »

2009年2月25日 (水)

オープンレターの中身(思いつき)

 内容は能力のある方が詰めればいいと思いますが、発案した手前ちょっと書いてみただけなので読んで頂かなくても結構です。←なんという高ビーな書き方。間違いです。他の単語の間違いです。他の単語が何かが思い浮かばなかっただけ(涙)

内容その1
 村上氏に受賞スピーチの転載を許可してもらう。

本当はアーサー・ミラーのものも許可してもらいたいのですが、そのやり方が判りません。ソンタグとミラーと村上と3セットで批判スピーチが行われた事をアピール出来れば、スピーチの内容はどうあれ(あらゆる方面の方々にすみません)イスラエルに対する反対意見を世間に印象づける事が出来る筈です。
国内ではプリントアウトをしたものを本屋の村上コーナーにフリーペーパーとして置いてもいいことにしてもらう。できれば氏にそれを本屋さんに要望してもらうとか。
内容について様々な議論がある事は判っています。でもそこまで考えて読む人は少ないのも事実です。本屋へ入って受賞スピーチの紙がパレスチナに関心の薄い人たちの視界の片隅に入るだけでもやらないよりは良いと思います。

内容その2
 中東とイスラエルの問題に対する圧倒的な報道の不平等に対して、「表現の自由を守られているからこそ活動できる発信者」としてのフェア会員や村上氏に異議を呈してもらう様頼んでみる。


 イスラエル大使館のサイトからリンクされている受賞動画は、信じられないほど都合良く編集されています。イスラエル国内では政府に都合の良い情報が圧倒的に多い可能性もあります。もしそうでなかったらイスラエルの選挙結果も違っていたかもしれません。
イスラエルだけではありません。米国政府はイスラエルへの毎年30億~50億ドルの資金提供と武器の無償供与をしていますが、この事が米国民に正しく理解されているか甚だ疑問です。
米国は今財政赤字の下、金融危機に対処しなければならない状態で日本に米国債の買い増しを要求しています。これだけの金額があればかなりの事ができるはずです。
麻生首相がオバマ大統領との会談で何を手みやげにしたのか考えると、米国のというより日本の大問題とも言えます。そして「遠いパレスチナより国内問題」といって支援を渋る人々にも有効だと思います。何より世界は思わぬところで繋がっている事が実感してもらえる要求でもあると思います。

 これしか思い付かないんです。なんてこと(汗)

« 村上春樹の利用法 | トップページ | 現在熟成中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/44176012

この記事へのトラックバック一覧です: オープンレターの中身(思いつき):

« 村上春樹の利用法 | トップページ | 現在熟成中 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ