いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昔々を思い出した話 | トップページ | 芸術家達にお茶を »

2009年3月26日 (木)

ピアニストにお茶を

 前記事でボランティア楽屋係をした四半世紀近くも前の事を懐かしく思い出したので、ちょっとつらつらと書いてみます。

 楽屋係は、演奏家の方を楽屋までご案内して、お飲物とお菓子をお出しするという、文字にするとたったそれだけの事なのです。しかし、私が思い出すと何故か異常に長くなりそうな予感がします(爆)

 第一話、忘れ得ぬ最初の楽屋係。

ピアニストの清水和音さんでした(笑)←何故笑う?

 既にベテランの楽屋係さんが居られる中、楽屋係初参加の私はお茶くみのお手伝い程度しかする事はないと思っておりました。
しかしどうした次第か、何だか判らない理由で、楽屋の変更からお茶淹れ、お出しするのまで、私が全部やりました。
確かにたった一人(いつも一緒に来る調律師さんは何かで先に帰られた)への御接待ですから、一人でも困りはしませんが、良いのでしょうか?慣れてない人間に全部やらせて(汗)

 実は当時、私は清水氏は気むずかしいのではないか?という怖れを抱いておりまして(そんな事はありませんでした)、私が粗相をしでかしてプログラム端折られたらどうしようなどという、今考えればプロがそんなことするか?な不安で生きた心地が致しませんでした。

ですから、淹れた日本茶を(私が淹れたんです(爆))お出しして頂こうと他の方々に声をかけた時、みんながニコニコと私を見て
「じゃ、お出しして」と言い放たれた時にはもう、お盆持ったまま固まりましたよ(涙)

多分他の人も同じ噂を聞いていたに違いないんです。そこへたまたま新人が入ったから使ってしまえという事に(笑)

 
 楽屋にいる間中生きた心地がしなくて、チケットもぎりの方がどれだけ気楽だったかと後悔しまくりました。
それに今だから告白できますが、急遽楽屋が変更になったため、替わった楽屋のお掃除、ちゃんと出来ていたか心許なかったんです。
ご案内したお部屋は(眺めの良い部屋はここだった)埃が積もっていたかもしれない(爆)

 本当に今でも不安です。

ただ、お出ししたお茶だけは、二番煎じを淹れてみんなと飲んだので味はわかっております。
しかしよく考えてみると、あの時は緊張でのどが渇いていたから美味しく感じただけかもしれない様な気がして来ました。私だけでなく、他の人の咽も渇いていたのかも(爆)


 清水氏におかれましては、ご無事で本当に何よりでございました。


 ちなみにお飲物のメニューは、日本茶、珈琲、紅茶、とあって、清水氏は日本茶をチョイスされたのでありました。日本茶しかなかった訳ではないので念のため(笑)

« 昔々を思い出した話 | トップページ | 芸術家達にお茶を »

音楽」カテゴリの記事

コメント

>お茶淹れ・・・お茶出し・・・
陰謀渦巻く宮廷の女官を(『チャングム』、『王の女』、『張禧嬪』)イメージしてしまいました。ポン尚宮。
韓国ドラマの見過ぎでしょうか。

>清水和音さん・・・
大昔まだ清水氏が細くて若かった時代、民放のテレビ番組で(ゲストが)石川さゆりさんとジョイントというか、一緒に出演されていたことがあります。全く演歌を受け入れない姿勢がいまだに印象に残っています。何て言う番組名だったかな?

はるぴょん様

 勝手に出世しました(笑)

 あの当時は(昔であることを書き忘れてしまいました(涙))、韓国映画はたまに放送されましたが、ドラマはまだなかったですよね。
今なら当然メニューに五味子茶となつめ茶が入っているはず。絶対陰謀の世界です!(笑)

>韓国ドラマの見過ぎでしょうか
 なんのです。私だってめまい関係でTV制限中でなければ、絶対観ている筈です。
「王の女」は昨日か今日、放送日ではなかったでしょうか。番組表だけは見ているので(笑)

>石川さゆりさんとジョイント
>全く演歌を受け入れない姿勢が 
 なんか想像できます(笑)
でも石川さゆりさんとなんて企画、誰が考えたんでしょう。ものすごすぎて絶句です。
楽屋では普通に感じの良い方でしたが。
勿論まだ細かったです(笑)

ぽんチェゴ尚宮様
めまいの方はいかがですか。
私はここのところ落ち着いていますが、季節の変わり目なので気をつけようと思っています。
今日ホームセンターで息子の時計の電池交換をしてもらったのですが、その待ち時間ちょうど熱帯魚売り場が近くにあったので水槽を眺めていたところ、あれ、水面を上から見ると水面が揺れているのでだめですね。
無理せず、お大事になさってください。
『王の女』と『張禧嬪』、2つとも月〜金の放送なので見るのが大変です。ちょっと時間に追われ気味です。
清水氏は生意気盛りの年頃だったのかな?と思います。
でもクラシックの演奏会に演歌はちょっと?ですよね。
『オーケストラがやって来た』みたいな番組だったか?
あ〜、思い出せない。

はるぴょん様

 もっと出世してみました(笑)

>>季節の変わり目なので気をつけようと

 そうですね。一度崩れると長引きますものね。
実は3月がかなり辛かったんです。2月は良かったのに。もうふらふらで・・・(涙)
水槽の水面がNGですか。私も気をつける様にします。ホームセンターは要注意なのですね(メモメモ)。

>>生意気盛りの年頃だったのかな?と
 かも、ですね。あの方今はどうなのでしょう(笑)
確かに演歌とクラッシック、それも美空ひばりなら判りますが、確かにちょっと?な番組ですよね。演奏以外に色々求められても、それは嫌かも、ですよねえ。

清水和音さんって、結構、愉快な方じゃありませんか?

時々、毒舌になりますけど。

なな様

ななさん、いらっしゃいませ。

実は本人が起こしになるまでは私たちもそう思っていたんです。結構戦々恐々で、故に一番下っ端の私がお茶を出す羽目に。

で、実際どうだったかというと、風評がすごかったわりには
「わりと普通にかわいかった」感じです。
どこでもニコニコタイプでない事は確かですが、本人が振りまくイメージとはかなり違ってました。
わざと肩肘張ってみせたいのについ、普段の自分が出てしまう感じもなきにしもあらずという。
ご本人がこれを聞いたら激怒間違いなしでしょうけれど(汗)

ぽんず さん

コメントありがとうございますsun

>「わりと普通にかわいかった」感じです。

へぇ、どんな感じだったんでしょうか?
実は和音さんの知り合いがいて、運良く、●屋に入らせて
頂いた事があり、ご本人とお話したことがあるんですけども、
ジョークを言いながら、時々、毒舌も交えてって感じでしたけどね。
けっこう、庶民的な感じの方ではないでしょうか?

付き人や周りの方は、和音さんが言うたびに笑っていましたね。

>ご本人がこれを聞いたら激怒間違いなしでしょうけれど(汗)

大丈夫です!ここには、書けませんが、和音さんの知り合いと
私で変な物をご本人にプレゼントして、激怒させた?むっとさせた?
事がありますからw

和音さんは器の小さな方ではありませんから、たぶん、
これごときは、大丈夫です。

なな様

おお、早速の書き込み、ありがとうございますwink
ななさんは、なんと和音さんと直接お話しなさったんですか!それにプレゼントまで。
これはすごいです。

>>へぇ、どんな感じだったんでしょうか?
 かわいい感じというのは、「お茶目」に近いでしょうか。

>>ジョークを言いながら、時々、毒舌も交えてって
 そそ、まさしくそういう感じです。さすがにお一人だったのでジョークを飛ばす余裕は無かったのでしょうが、言われてみると隙あらば冗談を言いそうな感じでした。
それと当時はまだお若かったせいか「お茶が美味しかったです」と仰った様子も、予想外に(我々一同はびびりまくっていたので)かわいらしかったです。

>>けっこう、庶民的な感じの方ではないでしょうか?
 そうです。気さくで庶民的。言われてみると庶民的という言葉ぴったりです。


>>和音さんは器の小さな方ではありませんから、たぶん、
これごときは、大丈夫です。
 それを伺って安心しました。ケラケラ笑い飛ばして頂けたらいいですよね。いえ、ばれないのが一番良いですが(笑)

ななさん、今回はとても面白い、貴重なお話を聞かせて下さって本当にありがとうございます。
あの時の印象で、上手く言葉にならなかった雰囲気などが、ななさんのお話のお陰で胸に落ちたり、鮮明になったりできました。
また何かお話がありましたら、是非是非お聞かせ下さい。
よろしくお願いします。

なな様再び

 またまたありがとうございます。

>>ここ数年の和音さんではなく、モテモテ絶頂期
>>で紅顔の美少年の頃の和音さん
>>の事だったんですねぇ
はい、ここは大昔の話でネタを繋いでいる哀れなブログなのです(笑)

>>ぜひ、当時のお写真とかがございましたら、公開して欲しいです。
 そうか、写真という手がありましたよね。撮ってなかったんです。大抜かりでした。
そうだわ、写真撮影・・・。

ななさん、勘違いなんてとんでもないです♪
実は「大昔」をぼかしたい私の深層心理からか、時期が判りにくい文章なのです。
どうぞお気になさらずに。

>>お願いできますか?
 それはあまりに勿体ないので、非公開にさせて頂きました。私だけ読み返して楽しみたいと思います。他の閲覧者の皆様、ごめんなさい。私を恨まないで下さい(笑)

ななさん、重ね重ね、本当にありがとうございます。感謝ですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/44474438

この記事へのトラックバック一覧です: ピアニストにお茶を:

« 昔々を思い出した話 | トップページ | 芸術家達にお茶を »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ