いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 市民芸術館に行ってきた | トップページ | ピアニストにお茶を »

2009年3月17日 (火)

昔々を思い出した話

 市民芸術館に初めて出かけて、その前の建物、市民会館を何故か強烈に思い出してしまいました。市民会館に出入りをしていたのは、ハーモニーホールが出来る前、もう二十年以上前なのに。そして今の建物には何の痕跡も残ってないのに。

 当時私は労音に入ってました。昔は松本でコンサートと言えば大体主催は労音でした。そのせいかイデオロギー臭は限りなくゼロで、名前も途中から「市民コンサート」に変わってしまいました。
労音は年会費を払って通年聴けばとってもお得な仕組みなのですが、当時から実はメニエールだった私は無理が利かず、入会中コンサートに全部行けた年はありませんでした。勿体ない(笑)

 労音と言えば「割り勘で」の他に「ボランティア」。私も参加しました。チケットもぎりと楽屋係。
そうです、楽屋係。
記憶に鮮明に残るのは清水和音氏、前橋汀子氏、ドレスデン歌劇場室内オーケストラ、そして白眉とも言えるマイヤ・プリセツカヤとボリショイバレエ団にその時起こった熱湯風呂事件。
熱湯風呂事件、危うく忘れかけていたわ。いえ、忘れてる。どうしてあの人はあんな事態に?(爆)

 楽屋裏ではいつもかけずり回っていた気がします(笑)
市民会館の裏にあった深志公園は今は芸術館に潰されてしまって池の一部しか残っていないのですが、とても静かでほっと出来る場所でした。
他の会員さんはよくお散歩されたそうですが、私は結局一度も散歩することはありませんでした。いかんせん、あそこへ行くと外へ出る暇がなくて(爆)
ただ一度だけ楽屋の窓から景色を眺めた事があります。一番眺めの良い窓だったのでしょう、よい景色だとしみじみ思いました。一緒に部屋に入った方も同感の様でした。「いいですねえ」とおっしゃったので。ただそれがコンサートを控えた清水和音さんだったので、私はそれ以上眺め入る事は出来ず、そそくさと退散したのですが(笑)

芸術館へ入ったとき、これらの事が一挙に思い出されました。まるでわき上がってくる様に。思い出すとは夢にも思っていなかったので、しばし呆然としてしまいました。

 大昔キエフ・バレエ団が踊り、レオニード・コーガンが演奏した場所。私の時代ではチモフェーエワ、プレトニョフetc.が演奏した場所は、建物が替わってもその余韻がきっとどこかに残っていたに違いありません。
市民会館に出入りしたのはほんのわずかな間。それなのにこんな風に昔の事を思い出し、また観たお芝居が二十年の時を軸に、人生と過去と現在を扱うピランデッロの「ヘンリー四世」だったというのも不思議な気がします。

最後に
芸術館ではチケットもぎりやクラーク係をするボランティアの方々が頼もしかったです。きっと今も誰かが走り回っているに違いない(笑)

もう一つ
Fukashi

 かつて眺めたのとは反対側からの池の眺め。
どどーんと突き出てしまったのが芸術館。もちろん公園そのものも消滅。
そこまで伸びなくてもいいのに(涙)

« 市民芸術館に行ってきた | トップページ | ピアニストにお茶を »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/44380914

この記事へのトラックバック一覧です: 昔々を思い出した話:

« 市民芸術館に行ってきた | トップページ | ピアニストにお茶を »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ