いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の7件の記事

2009年12月31日 (木)

良いお年を

 リーマンショックの余波の中開けた09年ではありましたが、なんとか今日の大晦日を迎えることが出来ました。
 去年の大晦日はうらうらとした日でしたが今年は朝まで強風が吹き荒れておりました。

 その強風と迫り来る低気圧を恐れた私ぽんずは、09年最期の日をめまいフリーで過ごすべく、朝、予防薬として抗ヒスタミンたっぷりのトラベルミンを服用したのであります。抗ヒスタミンで昏睡タイプの人間が、なんとか起きていられる唯一の道は動くこと。とにかく体を動かさないと、丸太の様になって倒れてしまうのです。

 という次第で、テレビではサイトウキネンフェスが放送されているにも関わらず、私はひたすら踊り続けてこんな感じです↓。首にギプスなしでは危険で踊れませんけど(爆) 

 

 眠るなーーー、眠るともっと眠くなるぞー!みたいな。年末の生け贄?状態(笑)
 
 
 しかし人生というのは気の抜けないものです。30分後に風が収まると知ってさえいたら、誰が薬なんぞ飲みましょうや(涙)


 今、風は止み、雪がただ静かに降り積もっています。静かな静かな年の暮れです。 
皆様、今年一年本当にありがとうございました。私以外の静寂な皆様へは、今年はブラームスの2番を捧げたいと思います。

 踊りながらで大変恐縮ですが、皆様良いお年を。    


 

2009年12月30日 (水)

ばらのじょばんに~

 大晦日もいよいよ明日に迫った今日、世の皆様方は慌ただしくお過ごしの事と存じます。
そんな世の喧噪を離れて、私は本日、なんと朝の八時から

カルロス・クライバー指揮の『ばらの騎士』なんぞを観てしまいました(笑)

 12月30日に3時間半もオペラを観る。しかも大好きな『ばらの騎士』。信じられない快挙です~~~(笑)
しかもこれを観た後はテレビの見過ぎで頭痛が起こり、午後はゆっくり休養を取るという、憂き世のナントカは起きて働け状態に。ほんとうに皆様、ごめんあそばせ(と言いつつおほほのほ)

 しかしこんな極楽状態にたどり着くまでには苦難の道があったのです。今は不況のせいかそうでもありませんが、昔は映画でもオペラでもコンサートでも、とっても良い番組は年末に放送されてしまって、「みたい、でも観られない~」とじたばたしてばかり。ぞうきん掛けをしながらジャッキー・チェンを観た事もありますし^_^;

 しかし一番悲しかったのが、ザルツブルグ音楽祭の『ドン・ジョバンニ』 まだBSがなかった頃なのでそもそもオペラの放送自体が少なく、楽しみにしていたのに疲労の余り途中から眠りこけ、気がついた時には騎士団長の石像が「どーーーん じょばーーーんにーーーーーーー」と歌っていた(殆どラストです)あの悲劇。またこの時のセットが素晴らしくて・・・(涙)

 探してみたらありました。87年ザルツブルグの『ドン・ジョバンニ』

 

 
 あの悲劇から22年、時の流れは私を成長させました。お正月は気合いを入れて待ち受けるから大変な事になってしまうのです。お正月は来ること自体を楽しめばいいのです。最大の準備は「楽しむこと」なのです。新しい年を迎える心構えにそれより相応しい境地があるでしょうか?(笑)

 ということで、奥様、年末はスルー力を駆使してたのしくのんびりすごしましょう。過ごした先がドン・ジョバンニの行き先と同じ○獄だったとしても(ほーっほっほっほっ)

2009年12月26日 (土)

年末年始は結構大変

 やるかやらないか悩むのが、本体と同じぐらい大変な大掃除、なんと本日無事片をつけることが出来ました(祝)

 大昔、窓ふきワイパー自体がまだ珍しかった頃、ケバいオレンジ色のドイツ製ワイパーを臆面もなく購入、これがとてつもない優れもので、窓ふきの苦労は全て吹き飛んだ幸せな時代があったのです。しかしそのワイパーも寄る年波には勝てず、ゴム部分が劣化。以来体力勝負の窓ふきに逆戻り。ああ、昔に返りたい・・・
と常日頃思っていた私は、近くのホームセンターでワイパー数百円ナリを予め買いこんでいたのでございます。ついでに吸水スポンジ付きハンドモップも買い込み、これでバッチリと思っていたところ・・・

 まるっきり使い物になりませんでした、どちらも(号泣)

 ワイパーはキミの仕事は何?って位水滴が残るし、吸水スポンジはまるで絞れないので拭けばガラスが大洪水。
これではいかんと慌てて昔よくやった「湿らせた新聞で拭く(新聞のインクには汚れを取る成分が含まれている)」を久々に実行した所、大事なコツを忘れたらしくて昔のようにスッキリはしないのです(涙)しかもワイパーと違って力が要ること要ること。安物買いの銭失いとは当にこのことです(泣)


 と、思わぬ所でつまづき予定の三分の一も出来ぬまま、疲れたのであっさり終了いたしました。
ま、昔から「大掃除は、部屋の中より心の中」(ぽんず言)でございますし、気分さえすっきりすればそれが勝利宣言の時なのでございます。「病は気から、掃除は気だけ」(これもぽんず言)でございましてよ、皆様(ほーっほっほっほっ)。

 これから暮れお正月にかけて、窓に槍や雨や土砂が降り注いでも、掃除し忘れたどんな埃を見つけても、どっかの誰かさん(これをするのは大体家族イロイロ)が拭いたばかりの玄関に、泥たっぷりの靴で入ってきても・・・・ 

 
 見なかった事に出来るスルー力さえ養っておけば!


 それがなければ玉砕ですわね、過去にもこれで泣きをみていますが。
年の暮れってどうしてこんなに大変なのかしら・・・(T.T)

2009年12月21日 (月)

その道は長く険しかった

 土曜日、市民芸術館に行ってきました。その目的は串田和美プロデュース2009 『リア』
このお芝居については後日改めて書くと思いますが(多分)、何故かお芝居以外に色々ありまして今回はその無駄話です(汗)

 前売りではなかったので日曜でも良かったのですが、勝手に決めた日時がよりにもよって今冬一番の冷え込みになるなんて、私はどれだけ日頃の行いが悪いのでしょうか(涙)
ほんとに寒かったです。コートの上にショールを巻き頭にスカーフも被って、そこまでしてやっと震えない程度。観劇というよりは買い出しに行くロシアのおばちゃんな出で立ちでした(汗)

 そんなロシアのおばちゃんがなんとオサレな二階レストランで華麗にお食事をしてしまうというアクシデントまで起きたのです。あまりの寒さに当日券ゲット後に再び外に出る気が失せ、レストランか館内でサンドイッチ買うかしか選択肢が・・・(笑)
しかも寒さで口が凍えたのか、お店の人に注文を間違えられ、お高めのおランチをそれとは知らずに美味しく食べてしまったのでありました。鰤のあら煮ランチのはずなのに見事な鰤の切り身が出てきて、「こんなアラみたことない(切り身だ、切り身!それを世間では切り身と呼ぶ)」とか思った私は一体何なのでしょう。それも会計まで気がつかなかったなんて・・・(汗)

 鰤の切り身には気がつかなかった私ですが、実は斎藤洋介さんがお食事していた事にはめざとく気がついてしまいました。自分の食べている物も間違えるのに、どうしてそれに気づくかなあ。自分のミーハー加減にしみじみと冷や汗な瞬間でした。ちなみに斎藤さんは息子さんが『リア』に出演していました。

 と、前回に引き続き今回も「お芝居以外で」色々あった芸術館ですが、じつはもう一つ。
ここの階段が登るの大変なんだと再確認しました(その驚愕の長さはこのリンク頁の中頃に)。あまりの長さに最初に登ったときは途中で息切れし、二度目の今回は途中で登り飽きてしまうというこの階段、建築家の伊東氏によれば『この長い階段を登っていく事によって、日常から芸術空間に心の切り替えが出来る』そうですが(あくまで私の聞いた話です)、ホールに向かう観客がよろけながらぞろぞろ登っていく姿を眺めて、どうやって現実から離脱できるのか私には謎です。おまけに帰る時は玄関のガラス越しに外を観ながら下りるので、現実には戻りやすいらしくて、その分余韻が消えてしまうという・・・(涙)
観劇やコンサートでどうしてここまでの難行苦行をしなければならないのでしょうか。「階段にのぼり飽きる」のがどんなにつまんないことか(涙)
気持ちの切り替えくらい客の好きにさせてほしい・・・。もう今度は絶対横の非常階段から出入りします(号泣)

 とか文句を言っていたら、ここを作った前市長(何故『前』なのかはこの記事参照)にも遭遇してしまいました。落選から五年、建設費を多くするためにこの階段を絶対削らせなかったとかいうウワサの主とまさかここで出会うとは。人生って波瀾万丈(笑)

2009年12月18日 (金)

とはいえちゃんと捨てました。

 前記事で「捨てられないショーワのオンナ(ああいえばこう言う付き)」を図らずも皆様方に披瀝してしまったこのワタクシ。しかしそんなワタクシでも、ちゃんと粗大ゴミを捨てていたのでございます。やる時はちゃんとやるんですのよ、ショーワでも(高笑ひ)

 そしてその粗大ゴミ運搬の日は奇しくも愛車がうちに来てから一周年記念の日だったのであります。
思い起こせば愛車ちゃんの初仕事は、これもやっぱり粗大ゴミ運びだったんですね。何故その様な事を覚えているかと言えば、この記事を書いたから(リンク

 つまり私の車は初仕事が粗大ゴミ運びで、一周年も粗大ゴミ運び。行楽とかドライブとか、楽しくて素敵な場所には全く行ってないこの一年を象徴するようなこの顛末(笑)

「ゴミを運ぶだけしかない簡単なお仕事です」

 ぐれて暴走したくなるかもしれないけれど(ダム湖へ飛び込む方か?)、悪いオーナーの元へ来た自分の不幸を呪って早まらないでね。暫くゴミ運び続くから(*^_^*)

 可哀想な車、こんなにかわいいサクラ色なのに、と思う私は鬼ですか?(爆)

2009年12月12日 (土)

自分を捨てるための名言集(タイトル変えました)

 師走になって既に十日以上経ってしまったのですが、記事には書かずともちゃんと年末の事を考えていたのでありました。

 年末と言えば大掃除。これは毎年悩みのタネ。しかしこんなサイトを発見。

 「モノが捨てられない人必見!「捨てる」を後押しする名言集」(リンク

 これさえあれば今年はるんるんで間違いなし!と、喜んだ直後めまいで倒れ、年末お掃除計画は出だしから計画倒れの予感。

しかし、めまい歴幾星霜のこのワタクシ、これしきの事でめげるものではございません。それを証拠に、倒れている間もこの「名言集」をひたすら暗唱。この極意を脳細胞の隅々までしみ込ませれば、もう一生片付けに困らないかも(嬉し涙)

 そして、めまいと風邪から立ち直り、ありがたいお言葉の数々を反復したのでありました。以下その名言の数々。ところが後からへんなささやきが聞こえて来てしまうのです(涙)


迷ったらゴミ・・・・・一番の迷いはこのワタシ

使わなきゃゴミ・・・・・ちゃんと使う。一生に一度位は

なくしても買い直さないものは捨てろ・・・・・買い直すかどうかはあるうちは絶対判らない

古い化粧品は女を古くする・・・・・古色をつけて骨董的価値をあげたい。

普段使ってないのにとってあるもの。災害時にそれ持って逃げますか?・・・・・災害ならば諦めがつきますが今は平時。

全部捨てたら未来だけ残る。・・・・・年寄りにそれを言ったらイヤミだと思われた。

思い出の品を捨てても、思い出は消えない。 ・・・・・消えはしないが脳のどこにあるか判らなくなるのがアルツハイマー

・・・・・ これが暗唱の成果なのでしょうか。前より捨てにくくなっていませんか、ワタシ(汗)
というか、これでは「捨てないを後押しする迷う言集」ではありませんか。

 しかし掃除と整理は喫緊の課題・・・。絶対に捨てなきゃ!

 まず、捨てられない自分を捨てないと(号泣)


実はこんな話も発見
「床にモノを散らかすのは、日本人だけ?」(リンク

 部屋の真ん中におこたがある我が家はどうすればいいの~~~(涙)

2009年12月 9日 (水)

ゆ~こ~(おんぷ)

 日曜日からの野望、「ロールキャベツ作って食す」
その野望達成に一縷の望みを繋いできたのですが、豚肉の期限切れでとうとう潰えてしまったのでありました。
今日、キャベツ茹でて、プロセッサでお肉ミンチにしてなんて、無理っっっ。

 という次第でささっと目標変更。今日のおかずは野菜炒め(落差はこの際気にしない)

 の、はずが、中華鍋の中が何か変。

 というか、キャベツのサイズがまな板の上にいた時と絶対違うんですけど。

 その大きさ、思わずメジャーで測りたくなる10.8×8.95(推定)

 一口大は一口大でも、これワニの一口でしょーーー(涙)

 私は一体何を作ってしまったのでしょうか?(号泣)

 多分、未確認調理物体 Unidentified Cooked Object

UCO  ゆ~こ~(T.T)


 一食くらい作らなくても文句を言わない家族が欲しい。いや、三日くらい・・・十日くらい・・・

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ