いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の9件の記事

2010年6月28日 (月)

老人医療費削減について色々と(社会ネタ)

 書いてしまいます。発端は匿名ダイアリ(アノニマスダイアリ通称増田)のこの記事↓

「老人が感じている恐怖は社会保障費をいくら上げても解決しない」
http://anond.hatelabo.jp/20100627204354

そのネタばらしダイアリー(内容が変わっちゃったけど)
http://anond.hatelabo.jp/20100628181029

 書いた増田はこの問題についてもっと掘り下げて欲しかった由なので、それを信じて(この際騙されてもいいわ。これに乗じて色々書けるし)私が知ってる事だけを、ちょっとだけあげてみる。yellowbellさんのエントリの方が多分ずっとまともでしょうから、それが出たらこっちは無視してね。

 最初のエントリについて、間違ってる(それが案外世間に流布されてる)ところを訂正しつつ、二三補足してみます。

>>病院や老人ホームに入った老人はまさに負け犬のような余生を強いられることが分かった。
 病院もホームも現場は一生懸命やってくれてるところは多いのが私の経験上からの意見。でも端で見ても人手不足はありあり。それとやる気のない老人病院も実はあった。


>>高齢者医療制度等のおかげでそもそも医療費は9割が国負担だ。

 後期高齢者医療制度に限って言えば公費負担が5割、他の保険からの保険料が4割、被保険者の負担額が1割。この「他の保険から」の為企業の保険組合が大幅値上げを余儀なくされ、西濃など大企業の健康組合が解散してしまったのは記憶に新しい。若年層の負担軽減という導入のかけ声とは正反対の展開だったわけ。

>>「暇つぶし感覚で」「国民の税金をじゃぶじゃぶ使って」「何の罪悪感もなく」「頻繁に」医療制度を使用する。

 これが老人医療費を押し上げる主原因かは数字がでていないのでわからないと思う。只目に付くからそう思われるだけで根拠となる数字を私はみたことない。
待合室を素通りして、誰の目にも留まらず救急車から病棟へ直行する患者の方が医療費高いかもしれない。
また暇もてあまして病院に来るのなら、無駄な医療費を使わないように啓蒙するのが先じゃないだろうか。無駄に病院行くから医療費削る(後期高齢者の導入目的はこれだった)とか乱暴すぎるわ。

 そもそも医者に行かせなければ医療費が減るというのが都市伝説。老人医療費を無料にしても医療費は全国よりずっと少ない原村(その他沢山の自治体)とか(リンク)、財政健全化に積極的に取り組む小規模自治体にはその方が安上がりという理由で老人福祉(福祉全般)に手厚いところが多い。

何故安く済むかといえば、早めに医者に行くので重症化しないため医療費が安く済むからといわれてる。反対に人口辺りの病院数が少ない北海道は医療費が高い。気軽にいけずに重症化してしまうため。これらは各自治体が公表しているデータからよく分かる。でも政府が医療費増を口にする時は、医者に行きすぎるからというのよね。

 あと長野県の例で言えば、松本市なんか老人向け無料健康プログラムが実に充実している。老人は週に何回かわずかな会費で色々なプログラムに参加し、健康知識も増えるし、なにより出歩くので、筋力が衰えて骨折から寝たきりになる危険性が減る。でもこの取り組みも危機に瀕していて、合併を機にこの手の予算を減らす自治体が長野県でも出始めている。

 そして老人医療費が政府(自民党時代だけど)の言うとおり増えるかについては、資料を握っている国がそれをなかなか公開しないため、あっているのか恣意的な数字なのかわからないのが現状。社会保障費一兆円増の実態がこれ。確かに老人人口は増えるのだから減りはしないだろうけれど、抑える手立ては保障費削減以外にも色々あって現に効果を上げているのだからそれを試すのが先だと思う。

 それと老人医療は私たちにも無関係ではないということ。寝たきりのお姑さんを十数年自宅で介護していたご近所の奥さんはある時「こんなだったから、子供達には何もしてやれなかった」と家の母に話したそう。なかなかよい子達だけど、親が教育熱心な家庭の子に比べたら、良い学校に合格は出来なかったかもしれない。

 病院に年寄りが近づけなかったら、その老人は各家庭で面倒をみなければならないということ。つまり政府にはらった税金から医療費として使うか、各自が親の病状に合わせて身銭を切るかだけの違いだと思う。自分の親がぽっくり死ねばいいけれど、そうならなかったら地獄でしかない。それを地獄にしないのが「社会保障」のそもそもの意義なんじゃない?

 結局何を言いたいかというと、議論を積み上げる土台になる根拠や数字が結構いい加減なのに、それが絶対視されて議論が進んでしまっているということ。例えば後期高齢者医療制度は上に書いたのでわかって頂けると思うけど医療費を抑制できた実例の正反対をやっている。なのに「後期高齢者医療制度に反対するのは日本の高齢化に対して無責任だ」という声は経済界を中心に結構多い。実態を知らないだけなのだろうけれど、経済界の重鎮だったりすると影響力が大きいので困る。
でも思い込みを土台に対策を立てても、効果など全く期待できないと思う。社会保障から無縁でいられる人はそんなにいないのだから、慎重にやらないと。
今回の増田のお父さんの独断と偏見は、お父さんだけでなく、多くの人が持っているものだと思う。そういう意味で今回普通の人が持っているであろう独断と偏見に光を当てた増田のエントリを私は評価してます。

2010年6月24日 (木)

早まってしまった2

 父の死で私がやらなくてはならなくなった庭木の手入れ。さつきに良い花をつけさせる為には、春の枝を剪定しなくてはいけないのだそうです。遅くとも6月一杯までに。

 そんな事、この私に出来るのでしょうか。しかしやらなければ。

 花を着ける気配のまったくないさつきを一本だけ、おそるおそる切ってみたのが六月上旬。

 いまその木の刈り残した部分では、綺麗な花が咲いています。咲かないのではなくて、天候不順で開花が大幅に遅れただけだったのです。

 更に衝撃的な事に、去年剪定がちょっと遅れたためか、花を咲かせたさつきの少ないこと少ないこと。なのに私が切ったのは花をつけた木の中で、一番見事なさつきだったのです。

 
 素晴らしすぎる選択。もう寝込みそう(涙)

2010年6月23日 (水)

終わりよければ全て良し

 疲れてヨレヨレだった月曜日の夜。寝る前に明日のお米を研がなくてはと、やっとの思いでお米を研ぎ、電気釜にセットしようと蓋を開けると、そこには既にお米がセットされていたのでありました。

 なんという余計な真似をしてくれたの、私。しかもいつやったのかどうしても思い出せない(涙)

 研いでしまったものは致し方ありません。そのまま炊飯器に入れ、明日は二日分のご飯を炊きあげるのです。炊きたてをラップしてジップしておけばなんとかなるでしょう(なるの?^_^;)

 で、ラップしてジップした火曜日の朝。昨日の夜、薬を飲み忘れていた事が発覚。

 なんという事でございましょう!忘れた行為としすぎた行為、これでプラスマイナスゼロになるではないですか。帳尻があってしまいました。これで昨日は事も無き美しき一日となるのです。

 終わりよければ全て良し。

 
 今日のご飯はどうなったかは、絶対に訊かないでね(・_・)

2010年6月21日 (月)

のんびりまったり読書の時間

 閉館してしまうためいつもより貸出期間が倍以上長くなる、図書館資料整理の時期が今年もやって参りました。この機会を逃さず今年も分厚い本を借りることに成功した私でございます。我ながら何という深慮遠謀(高笑い)

 で、今年借りたのがコレ→「1968 上」(リンク)インタビューが載っているサイトはブックマークした筈なのに消息不明に・・・(汗)

 年末年始の休館時も下巻だけは運良く貸し出し可能だったのですが、年末の忙しさを考えて断念。それは正しい判断でした。
そして今回、上下セットは一抹の不安を感じ、まずは上巻だけということに。読んでなんとかなりそうなら、休館デッドライン(つまり昨日の日曜日)に下巻をゲットすればよいのです。考えてるじゃない、ワタシ(更なる高笑い)

 ところがこれを借りた直後からめまいが勃発。やむなく寝ながら読もうとしたところ、これが重すぎるのです。上巻だけでなんと1000ページ。
 二の腕シェイプのつもりで挑んだ私ですが、ほんの数秒で腕が震えだし、1ページ読み終わるか読み終わらないかで、棄権となったのでありました。
無理して顔面落下でもさせて鼻血で本を汚したら困りますし、このボリュームだと歯の一本くらい折れそうだし・・・。

 そんな次第で折角の長期借り出し期間の最初を全く無駄に過ごした挙げ句、今また新たな問題に直面してしまったのです。

 起きて読んでも手が疲れるのです。実は机に本を置いて読むと肩が凝って死にそうになるので、本はいつも手に持って読んでいたのです。この重さを支える筋肉を、私は持っていなかった(涙)。
すこし読んでは筋肉休憩。また読んでは休憩。集中できないのなんのって。ちっとも読み進められないのです。
とても期限までには完読は無理そうなので、趣旨だけわかる 序、1、2、8、11、13、14、16、17章と結論(煩雑だと思わないように。来年のためにここにメモしてるのです!)を読めるかどうか。たとえ読めても12章からの下巻は多分来年になりそうなので、それまで上巻の内容を覚えていられるか・・・(汗)

今回の計画は大失敗です。借りる前に腕の筋肉を鍛えておくべきでした。『ご利用は計画的に』とは、けだし金言です。まさに身を持って知りました(泣)

 筋力の衰えをこんなことで実感するなんて・・・(号泣)

2010年6月18日 (金)

迷って走れ!利き酒大会

 父の日がもう過ぎてしまったと思い込んでいたぽんずです。土砂降りの雨の中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、色々整理をしていた先日のこと、梅酒の入った瓶を発見したのでありました。昔作っていたんですよね、梅酒。とっくの昔に終わってしまったとばかり。
当時梅1キロに対して 氷砂糖1キロ 700 500 300グラム、つけ込むお酒もホワイトリカーとブランデーと、種類を取り揃えて作っていたのでありました。だからそれぞれの瓶には微妙に作り方が違う梅酒が入っているはずなのです。

 保存瓶から移し替えていたために、作ったときのシールは一瓶しか着いていませんでしたが、その一瓶(甘口 ブランデー)を頼りに味見をすれば、あの微妙なさじ加減でどのようなバリエーションが繰り広げられていたのか、確認出来るはずです。
作る専門で飲んだ事がなかった私に、ついに味見の時が来たのです。

 胸躍らせながら、瓶を並べて利き酒大会♪

なんということでございましょう。梅酒自体何十年も飲んでいないので、比較しようがないのです。
更に作ってからあまりにも年月が経ちすぎて(ゆうに十年以上)、砂糖が少ないバージョンはあまりにもサラサラになってしまい違いがはっきりしないのです。がんばって何度も味見をしてみたのですが、全然ダメ、ワカラナイ。私思いっきり無駄に凝ってただけかも(爆)

 無駄だった。全てがあまりに無駄だった(涙)

 ただ香りがバッティングするのでブランデーはおいしくないという事はよく分かりました。

 もっと無駄だった(T_T) 

 以上、迷走利き酒大会のご報告でした。父の日はヤケ梅酒決定。 

2010年6月12日 (土)

今日の運命

 TVでやってた星占いによると、私は本日、嬉しい出会いがあるからお洒落をしていかなければならないとのことなのです。そんな、今日は暑くなるので楽な格好をしようと思っていたのに。

 よい出会い・・・。
それはきっと唐草風呂敷を背負ってこの様に(画像リンクです)私を見上げるにゃんこと道ばたで遭遇するのです。しおらしくかわいい子を我が家へいざなえば、着いた途端に支配者にへんしーん!
私は末永く猫の下女として暮らしました。

 まるでおとぎ話のような出会い・・・。お洒落じゃない服装にしましょう(・_・)

 その甲斐あって?道ばたでにゃんこと遭遇はせずに済みました。
しかしびっくり。なんと、ネットで注文して10日に香港倉庫から発送された商品が本日届いてしまいました。ゆ○パックだった時は最速で7日はかかっていたのに。
素晴らしすぎるとよくよく見れば、ネコのマークのあの会社でした。

ああ、運命の出会い(笑)


 最近、気の抜けたサイダーみたいな記事ばっかり書いてるのは星の位置が良くないからでしょうか・・・(;^_^A アセアセ

2010年6月10日 (木)

しゃわしゃわ~

 ちょっと遅くなりましたがご報告です。

 先週の土曜日、我が家のシャワー問題を解決すべくホームセンターへ。そこで持参のシャワーホース(ずるずる背負っていったのよ♪)を差し出し、店員さんに今までの疑問をぶつけてみました。

 私「これ、なにか別の部品がついていません?」

 店員さん「そうですね。この部分、本来はこの上で外れるはずですよね」

 そうなのです。水栓本体とシャワーホースの間にあるナットが、ホースと一緒に外れてしまっていたのでした。これでは合わないのも道理。それでこの部分を外すのを、ワタクシ、狡猾にも店員さんにお願いしてしまいました。だって、家で試したときびくともしなかったから・・・(汗)
頼んで良かったです。ほんとに外れないの。外れたときは店員さんが歓喜の声を上げたほど。忙しい時に本当にありがとうございます。ごめんなさい。でも嬉しい^_^;

 これで買ったホースを繋げると(店員さん保証済み)、喜び勇んで帰った私を待ち受けていたものは、モンキーレンチには微妙に大きいホースのアダプタだったのです。ここまで来て私を裏切るか・・・(涙)

 道具を総動員をして締めてみたものの、かなりの噴水状態。テープで補修してみてもちょろちょろ水漏れ。接続部分が古いタイプなので、もともと合わない可能性も。もう水道栓の交換しか手はないかも・・・(涙)

 と、どんどんマイナス思考になる週末を乗り越え、気を取り直して月曜日ホームセンターへ、道具であるウォーターポンププライヤーをみるだけ見に行ってみたのです。高い(下手すると一万以上)と言われるその値段やいかに!

   1480円  

   え゛?

 指を折ってケタを確認後、速攻でひっつかみ、会計を済ませて家まで一直線。なんと2秒で水漏れストップです。

 なんて事でございましょう。水栓の交換もせずに、買ったホースも無駄にならずに、ちゃんと交換できました。ばんざーーーい!

 という次第で、現在楽しくシャワーを使っています。シャワーのある暮らし、幸せ~~~(*^_^*)


 ちなみに、ウォーターポンププライヤー(これです)、昔は高かったそうです。昔買った人、ショックだろうな^_^;

2010年6月 5日 (土)

今日の言葉

 人は死して


   ゴミを残す

 
 

 思い出の品も、他の人には無価値だったり・・・、

 または捨てようとしてつい忘れてしまった品々が部屋の片隅にひっそりあったり・・・。


 しかしそれらが押し入れを開けた瞬間、雪崩を打って崩れ落ちてきたら、

家族は泣くしかありません。


 私は泣きました。3ヶ月経ってもまだ泣いています(号泣)

私の日常 5月下旬

 それは母の付き添いで病院に行ったことから始まりました。うららかな日でした。待たされもせずすぐ済みました。結果も良好でした。ですが疲れ果てて寝込みそうになりながら、疲れて寝込んだ母の看病をするこの矛盾。病気は未然に食い止められた。でも検査で死んでしまった、みたいな。検査ってどうしてこんなに疲れるのでしょう(涙)

 そんな怒濤の疲れの中、近くのシネコンで「市川雷蔵祭り」が始まってしまいました。
行かれるのか?私。観られるのか?私。

 疲れているし映画も観たい。しかし父が入院中行きたいと言っていた諏訪大社へ、父の代わりにお礼参りにも行かねばなりません。なんとかたどり着き遅まきながらお礼参り・・・のその前に、長年祀られている神様の性別を下社と上社で取り違えて覚えていたことを、謝らなければならない私でした。上社が男性だったのね。知らぬ事とは言いながら・・・^_^;
上社社殿前で今までの失礼をお詫びした瞬間、空気が凍り付いたように感じたのは多分気のせいでしょう(汗)

 漸く懸案のお礼参りを済ませ、更にここ数年の懸案であった、携帯の買い換えまで遂に挙行してしまいました。
ああmovaからFOMAへ。
とはいえ、普通に使うには大した違いはなく、しかれど機種が変わったため使い方が良くわからず、メール一つに脂汗、電話番号一つ呼び出すのに四苦八苦。どうしてこんなに慌ただしいときにFOMAお取り替えサポート期限を設けるの~~(涙)

 携帯だけでも忙しいのに、シャワーホースが壊れました(涙)。忙しいので壊れたホースを取り外してお店に持っていくようなことはせず、適当に行って、適当に選んだら、見事に取り付けられませんでした。このタイプはうちの水栓には合わなかったのです。まぐれを恃んではいけなかったのね~(涙)

 シャワーホースももう一度買ってこなければならないというのに、5月30日は町内一斉清掃の日でした。家の周りの側溝を綺麗にお掃除する日なのです。角にある我が家は側溝の長さがよそ様の約二倍。みっちりかかって一時間半。しかも翌朝見たら誰かがタバコの吸い殻を投げ捨てていました。誰よ~~~(泣)


 かくしてさわやかな風が吹き、陽光きらめく5月は終わったのでありました。ついでに私は自分の誕生日が既に過ぎてしまったことに、数日経ってやっと気がついたのでありました。 知らない間に年をとっていたなんて・・・(号泣)


 追記
 こうやってリストアップすると、非情にダラダラした日常であることがよく分かりました(大汗)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ