いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の6件の記事

2010年10月25日 (月)

クレメル二題もしくは・・・

 前記事にあるパールマンのクロイツェルソナタ演奏中、ピアノが大きく響いてしまった為に鮮明甦ってしまった過去の出来事です。

 その1 クレメル vs アルゲリッチ

 今を去る二昔も前のこと。二人のデュオリサイタルでのクロイツェル。出だしから両者とも大変な迫力だったのですが、アルゲリッチ姐さまがやや牽き気味。
最終楽章に入る前、堪らずクレメル氏がアルゲリッチの姐さまに楽譜を指さしながら直訴。もっとも指摘や主張という感じではなく、ぼそぼそとした話し方ではありましたが。それを聞きながらアルゲリッチ姐さまは、頭を斜めに動かす独特しぐさで何度も大きく頷き、賛同したばかりでなくクレメル氏を励ましている様にさえ見えたのでした。
ああ、女帝アルゲリッチの姐さまは、あんなに真摯に共演者の声に耳を傾けられるのか、と驚く聴衆・・・

 しかし、話し終えたクレメル氏が前を向いて弓を直し始めたとたん、姐さまは会場に向かって大きな瞳を見開き、不敵な笑みを浮かべたのであります。
「だ~れが言うとおりになんか」

顛末を覚ってどよめく会場。
そのざわつきに何事かと顔を上げ、いぶかしげに辺りを見回すマエストロ・クレメル。
素知らぬ顔で譜面を見つめるアルゲリッチ姐様と、おのおのあらぬ方に目を遣りしらばっくれた全聴衆。

ごめんなさい、クレメルさん。私たちに選択の余地など無かったのです。だって、アルゲリッチ姐さまのご意向なんですもの。誰が彼女に逆らえて?(クレメルファンだっていたはずなのですが(汗))

 腑に落ちない顔つきのまま、それでも何が起こったのか気づくことなくクレメル氏は普通に演奏を始め、そして最終章はもの凄いことになったのでした。
今でもあの時の演奏が時々頭に鳴り響きます(爆)


 その2 07年 クレメル vs  ツィメルマン

 さて、姐さまパワーにはちょっと打ち負かされ気味だったとはいえ、ギドン・クレメル氏は現代サイコー(何故かカタカナになる)のヴァイオリニストの一人なのは間違いなく、しかも演奏中に弓の毛が半分以上切れてしまうようなかなりの個性派。そんなクレメル氏が、紳士的、正統派のピアニスト、クリスティアン・ツィメルマン氏と組んだのですから、私がピアニストの身を案じたのは無理からぬ事と申せましょう。

久しぶりに見るクレメル氏は昔ほど派手な動きはしなくなったものの、演奏は渋さを増したとは言えやはりアグレッシブ。演奏スタイルも昔ほどではないにしろ、かなりの範囲を動き回り、ピアノを弾くツィメルマン氏にぶつかりそう。
ぶつかる不安にツィメルマン氏をみやれば、クレメル氏の動きなど全く意に介さず堂々と演奏を遂行。その姿はあたかも「君は君、僕は僕だから自由にやりたまえ。しかし万が一私の領域を侵犯するようなことがあったら、わかっているね・・・」とでも行っている様。そういえばこの人、オートバイ大好きな武闘派だったっけ。
その後、ワタクシは自分でも予想外にクレメル氏の運命を心配しながら演奏を聴くこととなったのです。うっかり踏み込んだら張り倒されそう。 

 男同士って こ~わ~い~(爆) 

 これがヴァイオリニスト、「ギドン・クレメル氏についての2題」ですが、タイトル「シバくピアニスト2題」の方が良かったかも・・・フキフキ "A^^;

2010年10月17日 (日)

生き霊に悩まされつつ、行ってきてしまいました

 本日、行きたいと思いつつ、行けるか微妙だったパールマンのコンサートに思い切って出かけてしまいました。
会場に入って立派なプログラムが無料で配られて、初めて富士ゼロックス主催のコンサートであると(リンク)知ったくらい、予習なしで臨んだトンデモさんです。当然プログラムも会場に着いてから知るという、パールマンファンに知られたら殺されそうなワタクシです。

 パールマンのコンサート、実は初めてです。テレビ放映も暫く観てなくて、あの最新型の電動車いすには感動しました。小回りきくしあれは素敵です~。

 と、いつもの様に変なところに興味を持つワタクシ。

 演奏は、やはりパールマンです。あの音色。また年をとってから華やかさの代わりに音に一層の円熟味が加わった気がします。
最初のモーツァルトはロハン・デ・シルヴァ氏のピアノが妙に大きく感じられて、彼の音色はパールマン氏ととても合っているのに(似たタイプの演奏家です)、何故こんなに音が大きい?と訝ったのですが、これは耳のせいでピアノの音が響いていたのだと思います。それに気がついたせいもあるのか、後半普通に戻りました。耳が詰まって聞こえにくくなったコンサートも過去にはありました。これが私があまりコンサートに行けない理由の一つです。
でもポゴレリッチのコンサートで耳がおかしくなったことは一度もないのですよね。何故他の人だけ?(T_T)

クロイツェルも、前に聴いたのはアルゲリッチとクレメルのクロイツェルだったので、バイオリニストとピアニストが和気藹々とクロイツェルなんてにわかに信じられないものがありました。
火花を散らさないデュオリサイタル、そして演奏中に弓の毛が切れて飛び散らないリサイタル。更に更に、真っ暗ではない会場での演奏というのも違和感炸裂で、私の脳内はなかなか大変でございました。

 翻ってみるに、私は一体今までどういうコンサートに行っていたのかということです。なかなか行けなかったため、厳選に厳選を重ねてしまったためか、異様に濃い面々ばかり選んでしまい、結果その方々の生き霊になにかつきまとわれている気がします。

 という次第で、前半、慣れるまでは四苦八苦でしたが、それを乗り越えるとさすがパールマンでした。私では周回遅れのありきたりな事しか書けないので何もいいませんが、来て良かったです。

 後半はブラームスにシューマン、そしてクライスラーなどの小品集でした。音楽に喜びを見いだしたい時にぴったりな演目でした。上手いし深いし、何より楽しい。

 満足のうちに二時間以上があっというまに過ぎ、アンコールも一曲有り、芸術家をこんなに働かせてしまったと申し訳なささえ感じるコンサートでした。そしてその時鮮烈に思い出したのは、3時間も仕事を続けたピアニストの事でした。

 次回かその次くらいに、素晴らしいパールマンの演奏中に私の脳裏に鮮明に浮かんでは消えていかなかった、濃い生き霊達について、お話しできればと思います。
これを話さないと、永遠に取り憑かれそうで・・・・^_^;

 しかしパールマンの時でさえ現れるとは。

 今日はAプロでした。

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第32番 へ長調 K.376
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調 作品47 「クロイツェル」
ブラームス:「F.A.Eソナタ」のためのツケルツォ ハ短調 Wo02
シューマン:ヴァイオリンとピアノのための幻想小曲集 作品73
ヴァイオリン名曲集:当日ステージ上で発表
(クライスラー編曲のものを中心に5曲ほど。
会場をでてしばらくは楽勝で覚えていたのですが、スーパー寄ったり、大慌てで晩ご飯の支度をしているうちに、ブルックのメロディ以外思い出せなくなりました)

 アンコールはパガニーニ?^_^;←曲ごと忘れたトンデモです。

2010年10月13日 (水)

買ってしまった1

 それは連休中のことでした。
地元デパートでトレードインキャンペーンを開催し、不要な衣料お一人様三点限り、一点1000円のお買い物券と交換してもらえると知った私は、洋服ダンスから父の背広を引っ張り出してきたのでありました。

狙うはルクエ。材料を入れて、レンジでチンすれば素敵なお料理がたちまち出来上がる魔法のケース。

 うわさは聞いていたのですが、値段の割にあのぺらぺらで脆弱な造りに数千円も払う気にはなれず、今まで買う気もなかったのです。でも某所にてこれは必需品と聞いた直後ですし、3000円引きならなかなか賢いお買い物ではと決心致しました。

 身支度を調え、玄関から出る間際に、それでも3000円は太っ腹過ぎないかと不安になり、もう一度広告を確認すると、お買い物券は5250円以上お買い上げに付き一枚使えるとのこと。そりゃそうよねえ。
さらに同じ広告に出ているルクエのお値段を確認してみると、5750円也。私4000円くらいだと思ってました。1000円引きなら、賢い消費者・・・だと思う。

 何やら最初から躓いた感がありましたが、取り敢えずお買い物券一枚だけでもゲットしておこうと、呻きながら出発いたしました。

 売り場に到着して実物を見ると、これまた悩みが吹き上がるわけです。見た目がかわいいというより百均で売っていそうだし、簡単便利という商品に限って案外使えなかったりして。そんな未知の商品に5750円はちと痛い。本当に私は賢い消費者なのか?

 考えに考えて、遂にどうでも良くなって、やっとレジに行けました。

 ルクエだけ買っての帰り道。私はとんでもないことに思い至ってしまいました。

もしかしたらネットの方が安いかもしれない。

 事前にネットで値段を調べもせずに飛び出した身の上で、賢い消費者などとどの口が申せたのでしょうか。

 顔面蒼白になりながら家へ帰り、飛びつくようにパソコンで調べてみると、助かりました、ネットでも同じ値段でした。ここまで苦労して返品せずに済みました(おいっ)。

 ほっと安堵の吐息をつき、これからルクエを使いこなしていけるのか、新たな不安に戦き始めた私でした。

 つづく。

2010年10月 7日 (木)

ニガクリタケの久里子さん

 先日、都内イベントで毒茸「ニガクリタケ」が間違って販売され衝撃も冷めやらぬうちに、今度は駒ヶ根市のスーパーで5日、これもニガクリタケがクリタケとして並べられ、そのうちの一パックが買われてしまうという出来事が起こりました。きのこって生える場所やその年の気候によって色が変わるのだそうです。あやしいと思ったら保健所まで持っていって食べられるか鑑定してもらって下さいとの報道に、各保健所には毒茸鑑定士がちゃんといるんだと妙なところで感心したのですが、実はもっと明後日な事が気になってしまったワタクシでした。

 TVでは事の重大性から買った人物について詳しく報道しつづけておりました。
曰く「年齢50代~60代、ピンクのカーディガンを着た女性」と。

 これ40代の人だったら名乗り出るの微妙よね~、などと考えてしまったのです。
だって名乗り出たら絶対報道されますもの、年齢入りで。その時49才などと書かれた日には、読んだ人から「まっ、老けた人だったのね~。アンチエイジングでもすればいいのに」などと口さがないことを言われてしまうかもしれない。でも、思いっきり若く報道したら本人が気がつかないかも。難しいですね、こういう報道は。

 などといらぬ心配をしていたら、速攻回収されたそうです。夕食の準備中にニュースを見て間一髪。女性は62才。スーパーの心遣いでしょうか。これが「60才~70才」と報じられたら、より正確ではあるけれど、件の女性は何か心に引っかかるかもしれない。お店も考えたに違いありません。

 それに対して思い出すのは、大昔。まだ40前の私をレジでばしっと「50~」ボタンで入力したコンビニのレジ係。私よりかなり上に50代後半と思しき女性に、同年配とは思われた私はその場で卒倒しそうでした。二度と来るものかと思いました。

 顧客分析と客心理、商売とは難しいものです。

 その後随分経ってのこと。日曜早朝、起き抜けノーメイクで訪れた別のコンビニで、
あまりに酷い格好に過去の悲劇を思い出し、若いおにーさんのレジ打ちをまなじり決してのぞき込んでいたら、震える手で「○~30 」らしきボタンを押されてしまったのです。その時は40は過ぎ。さすがにそこまで圧力掛けるつもりは・・・。

 顧客分析と従業員心理、商売はやっぱり難しいのですね。

2010年10月 6日 (水)

待っています(秋の夜長の問わず語り)


 待っていました。

 わたし、あなたを待っていました。

 秋の夜長を、ずっと、ずっと、一秒千秋のように。

 指先まで小刻みに震えながら。
 
 でもあなたはわたしのことなど忘れてしまったに違いない。


 ○×工務店のおじさーん!
今夜仕事帰りに見に来てくれるって話じゃなかったの、うちの壊れた外灯を(涙)

 

 以上、めまい系痛みでひくひくしているワタクシが、待ち人故ひっくり返って寝ることも能わず、痛みでもんもんと過ごした秋の夜長の実況中継でございました。えーーん(大号泣)

 

2010年10月 2日 (土)

Aの悩み

 過去にこのような言動をし(リンク)(リンク)、最近は痛めた腰が一進一退の家族Aではございますが、これとは別に、深く静かに続いている悩みがあるのでございます。

 それは『物忘れ』

私「ねーねー、ここに仕舞われると落っこちてきて危ないのよ」 がっちゃーんっ!

私「 ここにこれを置かれると、私知らずに踏んで転ぶのよ」どーーーんっ!

 家族Aはその度に「忘れてしまった」「年のせいかも」と嘆き戦くのです。本当に、心の底から。

 しかし私は気がついてしまっているのです。
家族Aお気に入り番組「小さな村の物語 イタリア」(リンク)は、本放送再放送とも、絶対見忘れていない事を。
しかも炊飯器の操作依頼も難しいと拒否したのにBS放送の選局はサクサクッとこなして。

 これはフロイト的に考えると、アレなのでございましょうか。
私は家族Aに命を狙われている?免許返上してしまって、私の車がないと生活出来ない鬱憤を無意識下の私への威嚇で代償している?動きにくくなった怒りが私に向かってる?私は静かに暗殺されている?

 
  考えると怖いので、今夜は家族Aと一緒に「小さな村」を見ます。

登場する人がパスタとかピザとか作ってるの好き♪家庭の平和はこうやって保たれるのよ(笑)

 追記

 ちなみに今「何故みたいテレビは忘れないのか?」と訊ねてみたところ、
「ふっ」と不敵な笑みをもらしました。
やっぱり怖いよ~(笑)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ