いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 買ってしまった1 | トップページ | クレメル二題もしくは・・・ »

2010年10月17日 (日)

生き霊に悩まされつつ、行ってきてしまいました

 本日、行きたいと思いつつ、行けるか微妙だったパールマンのコンサートに思い切って出かけてしまいました。
会場に入って立派なプログラムが無料で配られて、初めて富士ゼロックス主催のコンサートであると(リンク)知ったくらい、予習なしで臨んだトンデモさんです。当然プログラムも会場に着いてから知るという、パールマンファンに知られたら殺されそうなワタクシです。

 パールマンのコンサート、実は初めてです。テレビ放映も暫く観てなくて、あの最新型の電動車いすには感動しました。小回りきくしあれは素敵です~。

 と、いつもの様に変なところに興味を持つワタクシ。

 演奏は、やはりパールマンです。あの音色。また年をとってから華やかさの代わりに音に一層の円熟味が加わった気がします。
最初のモーツァルトはロハン・デ・シルヴァ氏のピアノが妙に大きく感じられて、彼の音色はパールマン氏ととても合っているのに(似たタイプの演奏家です)、何故こんなに音が大きい?と訝ったのですが、これは耳のせいでピアノの音が響いていたのだと思います。それに気がついたせいもあるのか、後半普通に戻りました。耳が詰まって聞こえにくくなったコンサートも過去にはありました。これが私があまりコンサートに行けない理由の一つです。
でもポゴレリッチのコンサートで耳がおかしくなったことは一度もないのですよね。何故他の人だけ?(T_T)

クロイツェルも、前に聴いたのはアルゲリッチとクレメルのクロイツェルだったので、バイオリニストとピアニストが和気藹々とクロイツェルなんてにわかに信じられないものがありました。
火花を散らさないデュオリサイタル、そして演奏中に弓の毛が切れて飛び散らないリサイタル。更に更に、真っ暗ではない会場での演奏というのも違和感炸裂で、私の脳内はなかなか大変でございました。

 翻ってみるに、私は一体今までどういうコンサートに行っていたのかということです。なかなか行けなかったため、厳選に厳選を重ねてしまったためか、異様に濃い面々ばかり選んでしまい、結果その方々の生き霊になにかつきまとわれている気がします。

 という次第で、前半、慣れるまでは四苦八苦でしたが、それを乗り越えるとさすがパールマンでした。私では周回遅れのありきたりな事しか書けないので何もいいませんが、来て良かったです。

 後半はブラームスにシューマン、そしてクライスラーなどの小品集でした。音楽に喜びを見いだしたい時にぴったりな演目でした。上手いし深いし、何より楽しい。

 満足のうちに二時間以上があっというまに過ぎ、アンコールも一曲有り、芸術家をこんなに働かせてしまったと申し訳なささえ感じるコンサートでした。そしてその時鮮烈に思い出したのは、3時間も仕事を続けたピアニストの事でした。

 次回かその次くらいに、素晴らしいパールマンの演奏中に私の脳裏に鮮明に浮かんでは消えていかなかった、濃い生き霊達について、お話しできればと思います。
これを話さないと、永遠に取り憑かれそうで・・・・^_^;

 しかしパールマンの時でさえ現れるとは。

 今日はAプロでした。

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第32番 へ長調 K.376
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調 作品47 「クロイツェル」
ブラームス:「F.A.Eソナタ」のためのツケルツォ ハ短調 Wo02
シューマン:ヴァイオリンとピアノのための幻想小曲集 作品73
ヴァイオリン名曲集:当日ステージ上で発表
(クライスラー編曲のものを中心に5曲ほど。
会場をでてしばらくは楽勝で覚えていたのですが、スーパー寄ったり、大慌てで晩ご飯の支度をしているうちに、ブルックのメロディ以外思い出せなくなりました)

 アンコールはパガニーニ?^_^;←曲ごと忘れたトンデモです。

« 買ってしまった1 | トップページ | クレメル二題もしくは・・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

最近よく忘れてます。
もしかしたら私は鑑賞に出かける資格のない人間かも知れません。
CD聴いてても2つ前の曲は何だったべか~!?
などと思う今日この頃…

そんな私を慰めるかのようにニャンずがこちらを見てます
(いや、不安そうになのかも知れません)

りく、妹に再会しました。
3ヶ月という月日は、一緒に過ごした時間より長いので
お互い忘れてるようでしたが、到着すると
妹ちゃんがご挨拶に来てくれたのには驚きました。
それにしてもこの2匹はソックリです。
まあ、りくの方がデカいんですけど…

りくの成長がうれしいやら淋しいやら…
気分はもうばーちゃんのようなのです。

大満足のコンサートでよかったですね。
パールマンに詳しくもない私が書くととってつけたようですが、
大演奏家の奏でる音楽は穏やかでいて深いんでしょうね。

濃い生霊さんたちの演奏ってどんなものか私も聴いてみたいです。
でも、そのあとに他を受け付けづらいお脳になるのも怖いものです(笑)

耳の調子も大したことがなくってよかったですね。
体調不良ですと、せっかくの演奏会が・・・・(涙)、ですからね。

えびこちー様

 私完全にダメですわ。
もう、共に忘れましょうぞ(笑)←と道連れ

もっともえびこちーさんちには忘れちゃにゃらないにゃんずちゃん達がいるので、きっとそちらに気をとられざるを得ないのでしょう。

>>妹ちゃんがご挨拶に来てくれたのには驚きました。
  なんと。そこはかとない親近感が湧いたのかしら。
なんかかわいいです。りくちゃんは男の子ですから、それは大きくなるはずですよ。

>>気分はもうばーちゃんのようなのです。
 なんか判る気がします。
猫の時間は早いですもの。成長なんてあっというま。
もっとも人間と同じ時間で成長されても困りますが。

手首、お大事になさって下さいね。こじらせると大変です。
 
 
 
 
 こもも様

>>大演奏家の奏でる音楽は穏やかでいて深いんでしょうね。
そうかも、いわれてみるとほんとそうかもです。
特にピアノ以外の演奏は音がはっきり違いますものね。

>>濃い生霊さんたちの演奏ってどんなものか私も聴いてみたいです。
 是非是非。
濃い方々はステージ上の何気ない仕草一つでも、忘れがたい印象を観客に刻みますから、こももさんも是非刻まれてその後悩み深い人生をご一緒に(笑)
今気がつきましたがパールマンも気がつけば生き霊に十分なりそう(笑)

>>体調不良ですと、せっかくの演奏会が・・・・(涙)、ですからね。
 実は昨日も良くなかったかもなんです。もしかするとかなり聞き損なった気がしますし、何より疲れが出て今日一日泣きそうなくらい大変でした。
お芝居はそれ程でもなかったのに、音楽だとなにか疲れるのでしょうか。
音楽会に気楽に出没できるのは遠い先の事になりそうです(涙)

前かがみになっておりましたら、かーくんがのってきまして
かれこれ30分くらいつけもの状態になっております。
満足そうな気配を感じつつ
「これも修行」と、耐えてるんですが、いつの間にか
りくまでのってるのには驚きました。
親ガメなえびこちー@そろそろ疲れが…bearing

えびこちー様

 それはかーくんがえびこちーさんの手を気遣って、わざわざ背中に乗ったのかも(なんか違う気がしますが(笑))

秋なので新種のピクルスを作ろうとしていたのでしょうか。
九州名物えびこちー漬けとか。

えびこちーさん、頑張って、頑張って耐え抜いてください。
耐え抜いてにゃんこ道を極めて下さい。
それまで健気に生き抜いて(涙)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/49772759

この記事へのトラックバック一覧です: 生き霊に悩まされつつ、行ってきてしまいました:

« 買ってしまった1 | トップページ | クレメル二題もしくは・・・ »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ