いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 月が変わって心入れ替え・・・ | トップページ | ヲトメの祈り »

2011年2月 3日 (木)

防寒・省エネマニュアル

 本気で寒かった今年、もう暖かくなると言う予報に反して朝晩の冷え込みは平年以下。うそつきー!と怒り狂いながらこのエントリをしたためました。文の端々に私のウラミツラミが充ち満ちて、読み終わったら血も凍るはず。


 防寒は窓からということで、窓の防寒についてつらつら書いてみます。

 まず窓。
窓から逃げる熱は家一軒から逃げる熱の半分を占めるとか。
更に窓辺で冷やされた空気が室内に流れ、暖かい空気が窓辺で冷やされる悪循環(コールドドラフト)が起こります。

 窓を制する者は省エネを制すると言っても過言ではないかも、という位窓は大事です。

窓の防寒で大事な点は

 1 窓から外へ熱が逃げるのを防ぐ。

 2 窓回りの空気を動かさないようにする。

の二点です。

 まずはどんな窓にもカーテンをつけます。トイレや浴室も。
カーテンの保温断熱効果は絶大です。何をするよりまずはカーテンをつけてみましょう。そして薄手のものよりは厚手を、一枚よりは二枚重ねのものの方が暖かいのはいうまでもありません。
小さな窓でカーテンレールが無い場合は、傷のつかないフックと、安いポールを使って簡易カーテンレールを作ってでもカーテンをつけてみてください。びっくりする位暖かくなります。

 また窓用断熱ビニールシートを貼るという手ががあります(リンク
断熱ビニールシートは空気の層で熱の移動を遮断します。だから両面テープできっちり貼り付けること。
アルミの窓枠はガラス以上に熱を伝えやすいので、サッシの手前側など開け閉てに邪魔にならない場所ならば、アルミの桟部分にも貼ると段違いに効果アップです。
同じ理由で北側の小窓のような、冬はほとんど開けない窓は、窓枠に直接両面テープでシートを貼り付け、窓枠毎、窓全体をシートで覆ってしまいましょう。
こうすればアルミの窓枠から逃げる熱を減らすことが出来ます。
何より断熱シートと窓ガラスの間にシートより厚い空気の層を作ることが出来るので、この空気層が更なる断熱効果を発揮してくれます。ビニールシートを貼るだけで複層ガラス並みの保温力があるそうです。

 ただし使う両面テープは粘着力の弱い、きれいに剥がせるものを使ってください。間違って超強力タイプを使うと春になって取り外せなくなります。
もっとも普通のビニールシートは夏の断熱にも効果があるそうなので、貼りっぱなしもいいかも知れませんが、日光で発熱する賢いタイプの場合は、当たり前ですが春には外して下さい。


 2であげた窓際コールドドラフト対策について。
これはカーテンと窓の間に空気が流れる隙間を作らないことがポイントです。

 カーテンの上部については、
カーテンボックスを取り付けてカーテンレールの隙間を塞いだり(見た目はよいが一番お金がかかります)、
布をカーテンレールの上にかぶせたりします。
下は、カーテンを長めにし床に垂らして、下から冷気の流れ込みを防ぎます。
横はマジックテープでカーテンの端を壁などに止めます。
全部でなくても、どれか二個所封じるだけでかなり違います。

またカーテンを開けている昼間には、置くタイプのボードやストッパーが便利です。


 Mxdaup5uqwa

↑カインズのほっかほっかボード(今リンク切れてるんです)
このボードはウレタン素材で出来ているので浴室の出窓にも使っています。窓の内側は下の部分を折り曲げています。

 他にもニトムズのものがあります(リンク)←これは見た目がよいので客間に使用中。

ボードは見た目を気にしなければ自作も可能です。

作り方
段ボールを窓の幅になるまでガムテープで繋ぎ、下から10センチの幅にカッターで切り込みを入れ、その部分が折れ曲がる様に余裕を持たせてガムテープで補強します。
あとは段ボールの端をガムテープを貼って補強すれば完成です。
使う時は下の折った部分を室内側にし、窓に沿って置くだけ。
繋ぎ部分も折ることが出来る様に切れ目を入れガムテープを貼っておけば、使わないときは畳んでしまっておけます。


 窓、その他編

出窓には何かを敷いてみて下さい。
下の部分から冷気が伝わる出窓があります。
我が家の場合は洗面所の出窓。下の平部分がステンレス張りのせいかものすごく冷たいので、食器棚シート(厚手のウレタン製)を下の部分に貼ってみたところ、洗面所がかなり暖かくなりました。食器棚シートでなくて、ウレタン梱包材でも良いかもです。



木製の窓枠はアルミなどに比べて遥に熱伝導率が悪いので、後付け木製窓枠で二重窓にするのは、二重で空気層を作ることと、窓枠アルミに木を当てて熱伝導を防げてとても合理的だと思います。小さいものなら値段も安く自分で取り付けられ、住宅エコポイントも使えるので我が家では検討中です(エコポイント終わっちゃいましたね。うむむ)。


障子は閉めましょう。
障子は日光を拡散させ部屋の奥まで光を届けるだけでなく、きちんと閉じると窓と障子の間に空間を作り、熱が外に逃げるのを防ぐので、障子がある場合はきちんと閉めてみましょう。障子と窓の間に出来る密閉された空間の防寒力、かなりあります。


 雨戸
あるなら使いましょう。外の冷気がダイレクトに窓ガラスに当たらずにすみます。かなり違います。
うちは古いアコーディオンタイプなので取り替え検討中の為、色々調べたところ、今は後付けタイプも結構あり、更に、省エネを謳ったもの、稼働ルーバー付きで夏も涼しいものなどある事が判明しました。


 窓に関しては、空気の層は味方、アルミは敵。木にはぬくもりがある。ということでしょうか。


玄関の寒さ対策。

 玄関の明かり取りガラス部分は、我が家では思い切ってビニールシートを貼ってしまいました。案外目立たないものなので通年貼りっぱなしにしています。ただし端の部分はさすがに目立つので、テープで綺麗に押さえてはおりますが(汗)
見た目を追及したいならば、手間は掛かりますが細いビニールレールをガラス枠に取り付け、そこに引き戸のように透明なプラスチックボードをはめる手もあります。これですと取り外しはビニールより楽ですし、見た目はかなり良いと思います。ただガラス枠の形によっては、明かり取りガラスとの空間を十分採れず、効果が薄いor取り付けられない可能性があります。

 また玄関ドアには自作窓ボードのドア版を夜に置いています(昼間は畳んでしまっておきます)。段ボールは暖かいのです。

 またまだ試していませんが、エントランスの三和土に敷くマットも色々あるようなので、これを敷くのもいいかもです。

そして見た目など気にしないならば、玄関にカーテンをつけます。寒がり我が家でさえ恥ずかしくて出来ませんが、見た目が悪くないカーテンならば、つけてみて下さい。かなり暖かくなるはずです。

見た目や防寒、一番良いのは風除室をつけることだと思います。でも金額が半端ではないので、我が家では実行できません。でもあれば暖かいと思うんです。


 勝手口です。
 
 我が家の勝手口ドアはアルミ製なので、大きな熱の逃げ場になっただけでなく、結露も酷いものでした。それで窓に貼るビニールシートをドア全部に貼り付けたところ、キッチンの冷えも少しやわらぎ、何より結露が無くなりました。このシートは以来つけっぱなしにしています。その効果に気をよくして自作段ボールボードも置いて更なる防寒を狙っています。

 そしてカーテンです。こちらは見た目など気にしなくて良いのでカーテンレールをつけて、厚手のカーテンを垂らして下さい。もちろんドアの長さ分ある、長いカーテンです。これを

 浴室

 場合によっては、浴室の窓は断熱シートを窓枠毎貼って締め切ってもいいかもと思っています。完全締め切りはまだ実行していませんが。

それというのも、換気の方法を変えたからです。
換気は換気扇と対角にある窓などを少しだけ(5㎝程)開けておくのが一番効率がよいと言われていますが、窓と換気扇は同じ壁面にあったりするので(我が家の場合)、窓ではなく、換気扇から一番離れた場所にあるドアを少し開けておく事にしました。換気扇は勿論一晩中つけてきましたし、洗面所のドアもきちんと閉めました。
最初はおっかなびっくりでしたが、やってみると家全体の結露が減り、浴室内の水滴も窓を開けていた時より少なくなっていました。
この方法ならば窓を開ける必要が減るため、窓に幾重も断熱シートを貼り、更にボードを立てかけたままにしておく事ができました。

 炬燵の下敷きは厚いものを使いましょう。薄いものから替えただけでかなりの差です。アルミ製の断熱マットも必須です。あるとないとでは大きな違いがあります。

また廊下に断熱マットを敷き、その上にカーペットを置くと廊下も暖かくなります。ただしこれをすると、ワイパーではなく掃除機をこまめにかけなければならないデメリットがあります。


 意外な防寒グッズ

 意外ですが、よしずは夏の日よけだけでなく、冬は防寒グッズとしても優れものです。防寒目的で使う場合は、北側などの壁に立てかけておきます。我が家は納戸や浴室の外壁に立てかけていますが、暖かさにかなりの違いがでました。よしず、おそるべし、です。
 ただ、一つ不安なことがあって、冬暖かいなら夏『暑い』のではないかと。大きいので移動できず、夏もそのままなんです。


 断熱と蓄熱

 断熱ばかりに気をとられて蓄熱を忘れると熱しやすく冷めやすい部屋になりがちです。
熱は遮りばかりでなく、上手に蓄える方法も考えましょう。
カーペットなどは蓄熱効果があります。またコルクも蓄熱できるので、日の当たる床などにコルクマットを置いておくと、日が落ちてからも温もりを感じる事が出来るそうです。
でもホームセンターで売られているコルクマットは、コルク部分が紙のように薄いんですよね。これではコルクというよりコルク模様のついたビニールマット。蓄熱効果は薄いと思います。残念です。

また火の気のない場所が寒いのは当然です。日当たりの悪い部屋へ、どう暖かい空気を回すか、あるいは回さずに、その部屋から冷気の侵入を防ぐかを考えるとか。何処に熱を蓄え、どこを塞ぐかはケースバイケースです。
そして究極の蓄熱方法としては「外断熱」があります。家を建材まるごと温まった状態にしておけば、温度差も結露もなく、体に負担の少ない生活が送れるはずです。
昨今は後付け外断熱も出来るようです。お金さえあれば・・・・(涙)

と、こんなところが我が家の防寒対策です。もう防寒いいから早く暖かくなって。でも暑くはならないで(勝手!)

« 月が変わって心入れ替え・・・ | トップページ | ヲトメの祈り »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

要約すると。。。
家の中に段ボールハウスを造れば
万全であると云うことかも(´▽`*)アハハ

頑固堂様

>>家の中に段ボールハウスを造れば

 そそ!そしてハウスの内側に取っ手をつけて、中に入ったまま持ち上げてハウスごと移動すれば、トイレだろうがお風呂だろうが、温度差のない快適な住空間が確保できるのですよ。これって究極の外断熱?(笑)
って、頑固堂さん、私たち何か道を誤っている気がする・・・フキフキ "A^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/50767523

この記事へのトラックバック一覧です: 防寒・省エネマニュアル:

« 月が変わって心入れ替え・・・ | トップページ | ヲトメの祈り »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ