いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の6件の記事

2011年12月31日 (土)

よいお年を

 誰にとっても、多分一生忘れられないであろう2011年も今日で終わります。

本当に様々なことがありました。そんな中でも私個人としては、良い出会いや新しい発見が出来た年でした。

ここ数年、その年最後の記事には音楽を貼り付けていました。それらの曲は今まで選曲に悩むことなく大晦日になるとすっと決まりました。でも今年は決められるとはとても思いませんでした。一曲で振り返るには今年起こった事はあまりにも大き過ぎたから。そこまで考えて気がつきました。私は今まで「振り返って」といいつつ、今年から次の年へ、今から明日へと進むときに聞きたい曲を選んでいたのでした。だから振り返ってまとめる曲ではなく一緒に進むための曲。
そして今日、やっぱりすっと曲が決まりました。

今年から来年には、この曲で進みたいと思います。今年を忘れるためではありません。心に刻み、そして進むための曲です。


    


アヴェ・マリス・ステラ

歌詞はこちらです(リンク


  皆様には今年一年、本当にお世話になりました。ありがとうございます。来年もどうかよろしくおねがいします。良いお年をお迎え下さいませ。

忘れません

 12月に入って、「キリエ」を探していたらこの曲を見つけました。アップされたのは2011年3月11日。
アップしたのは「テゼ共同体」だと、FBでお友達の牧師様に教えて頂きました。(ウィキペディア『テゼ共同体』



2011年12月30日 (金)

年末どたばた

 慌ただしい年の瀬、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、年末と言えば『大掃除』

私、今年は十月末から着手いたしました。この時期から少しずつお掃除&片付けをして、ティーカップ片手に余裕の年の瀬を迎える、実に深く、実に念入りな計画を立てたのです。
そして即実行に移しました。去年大活躍だった(リンク)スチームクリーナーを引っ張り出してシュっと一吹き・・・・するはずが電源が入らない。完全に故障した模様。なんなの、狙ったようなこの絶悪のタイミング(涙)

とはいえこれなくしては我が家のお掃除は語れない。と翌日早速電気店にお電話。その後忙しい合間を縫ってブツを持参。一年以内の故障なので無料で直してくれるはず、くふっ、とほくそえみながら、戻って来る日を待っていたのです。
しかし、来ない。待てど暮らせど戻ってこない。とはいえ、どんなに時間が掛かったとしても今年中には直るでしょうと、余裕で待っておりました。二週間近くかかりましたが元気になって無事戻って参りました。
この時既に十一月の半ば。待ってる間に状況が激変してしまったのです。急に寒くなったり、急に忙しくなったり。戻って来たのにお掃除どころでは無い状況。なんなの、狙ったようなこの絶悪のタイミング2(涙)

 その後忙中閑が訪れたかの如き十二月初旬のとある日のこと。このタイプのスチームクリーナーは一年ごとにフィルターを交換しなくてはならなかった事を思い出し、またまた買ったお店に電話してフィルターお取り寄せを依頼。古フィルターのまま使ってここで壊れても困るので、またまたお掃除我慢の日々。

 待ってる間に体調悪化の一途、気温は低下の一途、用事はこれだけ増加の一途。
クリーナー以外の理由で大掃除を断念せざるを得ませんでした。 


それでも年末、気になるところだけシューシューしておこうかと思ったら、故障から帰ってきた後、フィルターに水を含ませずに使ってしまったためだと思うんですけど、蒸気の出が異様に悪くて、遂にでなくなってしまって・・・。
説明書では付属のスポイトと針がねでお掃除をとあって、だけどそれを何処に仕舞ったか思い出せなくて。とか言ってるうちに新しいフィルターも仕舞った場所を忘れてて。故障だったらどうしようと思うと気が気ではなくて・・・。

 という事で師走も押し詰まった30日、私は朝から、針がねとスポイトの探索→針がねとスポイトで本体掃除→故障でないことを確認、フィルタ探索→発見後交換→蒸気です再度フィルタタンクに水投下→少し蒸気発生→今ここ。

と、軽いお掃除の筈が忙しくかけずり回った挙げ句、何一つ掃除も片付けも出来ていないという衝撃の12月30日、午後1時35分!
なんなの、狙ったようなこの絶悪のタイミング年忘れ特大版(涙)

こんな年の瀬は、もう絶対いや。来年こそ、毎月毎月きちんとお掃除をして、大掃除など無しで済ませたい!

 去年もそう言った気がする・・・・(泣)

2011年12月26日 (月)

十二月の接心

 キリスト教で降誕祭なら仏教は灌仏会というお話しもあるのですが、仏教にはもう一つ、これも十二月なのですが臘八接心(ろうはつせっしん)というものがあります。
今では禅寺でしか行われない様ですが、十二月一日からお釈迦さんが悟りを開いたと言われる八日の未明まで、宗派・寺院によってかなり違うのですが、ひたすら、ひたすら、坐禅をして過ごします。
私が通っていた禅寺では一般信者山も入行することができたので、私もやりました。といっても八日間通しは一回、後は出来る日だけ数日間入行というのが何回かあるのみ。全く誇れるもののない、ちょっと情けない信者です(汗)

 ある年のこの行が終わった後の事。ふと自分の入行になにか意味があるのかしらんと考えたのです。「これを得た!」というような立派な行はまるでしていないので、私のしている事に意味はあるのかと不安になったわけです。
それでどうしてそう考えたか今では謎なのですが、お寺で行じて、とことこ下山してくることが当座の私の意義ではないかと考えたのです。何か取り立てて語れる成果は一つもないのですが、お寺に行って時を過ごし、また戻って生活する。その生活の中で、例えどんなに小さく、意識できず言葉でも表せないものでも、行で得たものを日々過ごしている日常のなかに誰の邪魔にもならないようにそっと置かせてもらうことができたら、そして置かせてもらったものがその世で根付いていったなら、その時私は初めて行果を得たと言えるのではないかと思ったのです。
お釈迦さんが悟りを開いた後、人々の住む村に戻ってこられたこと、経典には出家者は村からひどく離れたところで修行してはならないとかかれているのはそんな理由もあるのかなと、そんな事を八日の朝、お寺からの帰り、ロイホで朝ご飯を食べながら考えたのでありました。

 今年の十二月は、フェイスブックでクリスマスについてのとても有意義な話を読む事が出来ました。それを読む中で結構昔のこの話を思い出していたのです。

 何?この彼我の差(^_^;

2011年12月23日 (金)

師走哀話

 朝、洗濯物用角ハンガーの、チェーン部分が絡まってしまうのはよくある事です。
ハンガーに洗濯物を吊り下げた後でその事実に気がつくのも、ままある事です。
そして、洗濯物をそのままに無理矢理元に戻そうとして、ふとした弾みでチェーンとチェーンが知恵の輪状態になってしまい、腕力のみならず知恵と勇気と運まで必用になってしまう事態も、残念ながらたまにはあります。

 しかし、ベランダから戻ると、時計の針が信じられない角度を差しており、悲鳴を上げながら支度をし、部屋を走ってすべりながら開けてない雨戸を開け、火と戸締まりを確認し、車のフロントガラスについた霜を泣きながら落とし、母を急かして渋滞を乗り越え松本市内の大学病院に駆け込んだ挙げ句が、

 検査予約時間を30分早く勘違いしていたという失態は、無意識に急いでしまう師走ならではと申せましょう。


 まだ人気のないCT前の廊下に茫然と佇んだ、師走半ばは14日の事でございました。嗚呼!

補足
ちなみに早い到着が幸いして検査はほぼトップでしてもらえました。これだけはラッキー!(笑)
でもあまりに急かしたので母が電気毛布をつけっぱなしにしてしまったかもと検査後言い出して、診察までの間家にとんぼ返りしたのは、良かったのか良くなかったのか・・・(汗)

2011年12月 4日 (日)

優しいアイツ

 あれだけはやめておけと、皆が言った。

あれに近寄ったら絶対に痛い目に遭うと。アイツはとても危険なんだと。


 でも私は信じなかった。 

いつでもとても優しくて、一緒にいると私は素になれる。
こんな関係が悪い結果を生むはずがない。
こんなに優しくて、一緒だとこんなに楽なんだからと。


 私は愚かでした。

 ウエストゴムのスカートをきつく感じ始めた時には、手持ちのスカートはほぼ入らなくなっているこの現実!
しかもわずかな期間で、あまりにもさりげなく。

 ついてしまったお腹周りのこのお肉を、一体どうすればいいというの。

 コイツは悪魔だ(号泣)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ