いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の2件の記事

2012年1月27日 (金)

昔々の首輪ネタ

 最近FBで『わたしの怪我のあゆみ』を綴っていて、時は05年8月、頸椎ヘルニアで起き伏しもままならなかった時のこの出来事をふと思い出しました。元はクローズドだった某掲示板にアップしたものです。なのでこれを当時に読んだ方は何卒ご容赦を。しかしこのログを残しておいた自分に驚愕(笑)
(少しだけ直してあります)


 
 首とはいえ、これだけ痛むと食事の用意もままならず、運転なんてもってのほか。
材料は生協の宅配はあれど田舎なので車がないとコンビニにも行けず、気楽にお弁当の調達も出来ず。ゆえに食事の用意はついに母がする事になりました。

「何十年ぶりかしら?」
とか言ってたけどそれは大げさです!(笑)

 作るのだから自分の好きなもの作らせて、
だって随分食べてないんだもの、

と言うことで作ってくれた晩ご飯。

私は食欲もなく寝ていたのだけど、せっかく作ってくれたので、ありがたく頂きました。美味しく?頂きました。(痛くて味がわかんなかったのよ^_^;)

 そして真夜中。
耳の後ろからうなじの辺り激烈なかゆみで目が覚めたのです。
手足も痒くなかったら湿布でかぶれたと考えたかも。
そしてその時思い出したのだ!
晩ご飯のおかず、私のアレルゲン食材だった。

 随分食べてないってそりゃ道理、作らなかったんだから。
どうしてそれを忘れたのか。キッパリすっぱり忘れてました(笑)

 やむなく起きて首輪をはめてアレルギー薬の探索開始。暫く使ってなかったので何処に置いたか記憶はおぼろ。さらに上も下も向けないので手探りで探すより方法はなく、それさえあまりのかゆさに少し探しては輪をはずし、液体ムヒをぬりぬりしては首をぽりぽり。少しかゆみが治まると再び首輪を装着して探索。
ひたすらその繰り返しで時間だけが過ぎていく・・・。。

 おまけに痛い首と痒い首、その距離わずか数センチ。ぽりぽりするのも神経使うのだ。(笑)

 ようやく一番強いステロイド剤を探り当てて、一件落着(^^)
(強力なので間違って使わないように仕舞ったのが仇でした)

 それにしてもムヒはほんとにかゆみに効く。
持続性はなくても塗った瞬間かゆみが止まる・・・
さすがは「無比」というだけある。


 偉いぞムヒ!ありがとう池田模範堂!

 と空に手を挙げ心から叫んだ(心の中で、です)深夜二時半でありました。

 ちなみにこの湿疹が治るのに一週間かかりました。
人生何時喜劇に見舞われるかわかったものではありません(^◇^;)

 そしてこの出来事の一ヶ月後、私はこのブログをはじめたのです。人間痛い思いをすると突拍子もないことを考えつくのでございますね(^◇^;)

2012年1月 2日 (月)

新春ミステリー

 明けましておめでとうございます。旧年中に引き続き、本年もよろしくお願いいたします。

 さて元日の朝、わたくしが新聞を取りに玄関先に出てみると、門扉の下に落ちている小さいものが。昨夜確認したときは何も落ちていなかったのにといぶかしく思って近づくと、なんとそれは鳥の落とし物。

うちの門扉の上には松の枝が張り出ておりまして、そこに鳥が止まって、確かにたまには落下物もあるのです。
せっかく綺麗にしておいたのにと残念に思いながらも、ままある事よと納得し掛かったその瞬間、ふと去年の元旦の、同じ場所、同じコンクリートに白々光る鳥のフンという景色を鮮明に思い出したのでございます。そしてもっと思い出すと一昨年の元旦にも。考えてみると元日の朝に、うちの門口に、種類は違えど鳥のブツが無かったことの方が少なくて、その度に衝撃に立ちすくむか、レレレのおばさんになっていた過去の我が家。

 毎朝落ちているならそれも理解できます。しかしいつも落ちてることの方がすくなく、特にここ一ヶ月以上は一度もなかったのです。しかも良く見るとこれはヒヨドリのフン。ヒヨドリはいつも庭側にしかおらず、最近玄関付近でなどみたこともなかったのに・・・。これはひょっとしてわざと?

 いえいえ、それは考えすぎ。私はきっと疲れているのです。
野生生物を擬人化して考えるのは人間の勝手なファンタジー。鳥にカレンダーなどあるはずはなく、偶然以外のなにものでもないはず。
たとえその昔、枝に止まろうとしてすべって転がったスズメを嗤ったその日のうちに、上にカーポートがあるにも関わらず、車の上に器用にフンが投下されていた事があったとしても(キミは爆撃機か)、それが雀の復讐だったなどと二十一世紀の人間は考えてはならないのです。

 自分にそう言い聞かせながら茶の間でお茶を飲んでいると、窓の外、庭木の枝に、嫌でも目に付くようにくつろいで居るヒヨドリが二羽。何故今そこにいる~~~!

鳥にカレンダーはないかもしれない。しかし人間がバタバタお掃除をし始め、夜の夜中に神社やお寺に人が集まった翌朝に、あそこですっきりすると面白い光景が見られるという伝承がないとは何故言い切れる?

一年に365回もある朝のうちで、元旦だけ突出して被害に遭う率が高い、ああ、このミステリーが解ける日が来るのでしょうか(涙)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ