いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新春ミステリー | トップページ | コンポスト日記 »

2012年1月27日 (金)

昔々の首輪ネタ

 最近FBで『わたしの怪我のあゆみ』を綴っていて、時は05年8月、頸椎ヘルニアで起き伏しもままならなかった時のこの出来事をふと思い出しました。元はクローズドだった某掲示板にアップしたものです。なのでこれを当時に読んだ方は何卒ご容赦を。しかしこのログを残しておいた自分に驚愕(笑)
(少しだけ直してあります)


 
 首とはいえ、これだけ痛むと食事の用意もままならず、運転なんてもってのほか。
材料は生協の宅配はあれど田舎なので車がないとコンビニにも行けず、気楽にお弁当の調達も出来ず。ゆえに食事の用意はついに母がする事になりました。

「何十年ぶりかしら?」
とか言ってたけどそれは大げさです!(笑)

 作るのだから自分の好きなもの作らせて、
だって随分食べてないんだもの、

と言うことで作ってくれた晩ご飯。

私は食欲もなく寝ていたのだけど、せっかく作ってくれたので、ありがたく頂きました。美味しく?頂きました。(痛くて味がわかんなかったのよ^_^;)

 そして真夜中。
耳の後ろからうなじの辺り激烈なかゆみで目が覚めたのです。
手足も痒くなかったら湿布でかぶれたと考えたかも。
そしてその時思い出したのだ!
晩ご飯のおかず、私のアレルゲン食材だった。

 随分食べてないってそりゃ道理、作らなかったんだから。
どうしてそれを忘れたのか。キッパリすっぱり忘れてました(笑)

 やむなく起きて首輪をはめてアレルギー薬の探索開始。暫く使ってなかったので何処に置いたか記憶はおぼろ。さらに上も下も向けないので手探りで探すより方法はなく、それさえあまりのかゆさに少し探しては輪をはずし、液体ムヒをぬりぬりしては首をぽりぽり。少しかゆみが治まると再び首輪を装着して探索。
ひたすらその繰り返しで時間だけが過ぎていく・・・。。

 おまけに痛い首と痒い首、その距離わずか数センチ。ぽりぽりするのも神経使うのだ。(笑)

 ようやく一番強いステロイド剤を探り当てて、一件落着(^^)
(強力なので間違って使わないように仕舞ったのが仇でした)

 それにしてもムヒはほんとにかゆみに効く。
持続性はなくても塗った瞬間かゆみが止まる・・・
さすがは「無比」というだけある。


 偉いぞムヒ!ありがとう池田模範堂!

 と空に手を挙げ心から叫んだ(心の中で、です)深夜二時半でありました。

 ちなみにこの湿疹が治るのに一週間かかりました。
人生何時喜劇に見舞われるかわかったものではありません(^◇^;)

 そしてこの出来事の一ヶ月後、私はこのブログをはじめたのです。人間痛い思いをすると突拍子もないことを考えつくのでございますね(^◇^;)

« 新春ミステリー | トップページ | コンポスト日記 »

イタとほ日記」カテゴリの記事

コメント

やっぱりムヒは偉大ですね(^^;
このところの冷え込みで日々、お世話になっています。ありがたや、ありがたや。

んまぁ、読むも涙なご体験cryingsweat01sweat01
アレルギー持ちの私、よーっくわかります。
ムヒ…大好きです。

好きなのでついつい口にしてしまう魚介類。
甲殻類アレルギーなワタクシ、単品だけなら大丈夫ですが
恐ろしいのはシーフードミックスってやつ。
体調が疲れ気味だとあっという間に花ざかりwobbly
抗ヒスタミン剤は常備しております。
そういえば『温度差アレルギー』なる症状に悩んだことがございます。
今を去ること20数年前私が正真正銘の女子高生の頃。
山間部に住んでた私は沿岸部に近い女子高に通学busdash
冬のある日エビもカニも食べていないのにじんましん…
早退してかかりつけの病院に直行しました。
結果は前述の通り『温度差』によるアレルギーcoldsweats02

寒い所から暖かい所へ入るとジンマシン。
逆はあまりないようでしたねぇ。
なので学校では抗ヒスタミンと塗り薬。
帰宅後はいきなりの入浴←一気に治りましたです。
一冬温度差との戦いでした(高一の冬は困りましたcrying
snow雪も今より降りましたからねぇ。

ひなちゃんもすみちゃんもそれぞれのペースで成長してます。
ひなちゃんは身体がとても大きくなりました。
それは標準だと思います。(みゅう隊長と同じように)
すみちゃんはあいかわらずちっちゃいです。
それでも「あ、重くなったなぁ」と思うようになりました。
ゆっくり、ゆっくり大きくなってます。
小さいのは猫種の違いでしょうね…

ひなちゃんの方が大きいけれど、すみちゃんは
ひなちゃんのおねえさんです。
毎朝一番と夜寝る前に遊んであげます。
すみちゃんもそれを楽しみにしてるようです。
ひなちゃんはすみちゃんのご飯を横から食べますが
(自分のご飯があるにもかかわらず)
すみちゃんは怒ることもなく前足で器を引いて
取り返して何事もなかったように食べ続けます。
微笑ましい姉妹の食卓。lovely

あ、ちびっこニャンずの近況でございました。

ムムリク様

 やはりムヒは無比ですわ。
寒いときにも放せないムヒ、まことにありがたやかたじけなやでございますわね。

しっかし、ここ数日の冷え込みってなんでしょう。
毎日毎日真冬日って、あんまりです~(T_T)
 

 
 
 
 
えびこちー様

おお、えびこちーさんもですか。
悲しいですよね、つらいですよね。
調子の悪いときは本当に油断できませんが、単体以外だと出ますか。なんと!これは私も気をつけます。
温度差、私も一度だけありました。ストレスなのでしょうか。どうしてあんな事に(汗)

おお、すみちゃんとひなちゃん、それぞれ順調にお育ち中ですか。うれしいな~。よいかなよいかなです。

大きさは、確かに猫種によってかなり違いますよね。
朝一番と寝る前にえびこちーさんと遊んでもらえるのを楽しみにしているすみちゃん、かわいいなあ。

>>すみちゃんは怒ることもなく
 お姉さんなんだ(笑)
かわいいなあ。おねえちゃんのごはんを食べちゃうひなちゃんもかわいいし。
みんなが縁側でまったりできる、春よ早く来い~!
でも冬でもにゃんず防衛軍の面々はかわいいです(笑)

私、もしかしたらピスタチオ・アレルギーかもしれない。
ってそんなアレルギーあるのかと思ってググってみたら、少しですがヒットしました。
他に思いあたらないし・・・。
ちょっと間をあけて試してみようかしら?
(もし違ったら、更年期かもです。)
痛いのも辛いけれど、痒いのも思っていた以上に辛いものですね。
母は最初ピスタチオを遠目から見て銀杏だと思ったみたい。今、はまっているようです。
「パチン,パチンしながら(ピスタチオをむく音)、3日かけて食べたの」なんて言っていましたから。


はるぴょん様

ナッツアレルギー、結構多いとか聞きました。
ピスタチオ、市販のお菓子に入ってたりするので、ちょっと大変ですね。
おっしゃる通り、かゆいのも辛いですよ。
かゆみもひどくなると痛くなりますし。
アレルギー、辛いですよね。原因食品を避ければ、反応も悪化しないと思いますので、どうかお大事になさって下さいね。

ピスタチオの殻、剥くの楽しいですよね。
輸入ピスタチオはカビ毒汚染の心配があったりしたのですが、放射線照射で減ったとか。
事故後、カビ毒よりは照射の方がマシと思える程度に放射線について詳しくなるなんて、一年前には思いもしませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/53838096

この記事へのトラックバック一覧です: 昔々の首輪ネタ:

« 新春ミステリー | トップページ | コンポスト日記 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ