いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の2件の記事

2013年10月28日 (月)

猫の幸せ


『おはぎときなこのこと』


ちょっと前になりますが猫のおはきなちゃんの話をこのブログで読んだときにはただただ大切にされている様に感激してしまって他にはなにも考えなかったのですが、今頃岸さんの主張される「猫は自分が幸せなことがわからない」が少し違うのではないかと思いまして、我が家に起こった12年前の出来事をつらつら書いてみたいと思います。

それはうちの星音が死んだ一ヶ月ちょっと後、2001年10月27日の事でした。

とても穏やかな日だったのですが、庭で突然猫の鳴き声がしたんですね。それもちょっとあまり聞いたことのない大きな声の。母の話によるとその声に反応してうちの息子猫ほっしい(当時16歳)も大声でなき返したところ、黒い小さい子猫が矢のように走ってきてサッシの外側に貼り付くように身を寄せたんだそうです。
私が居間に行ったときは子猫とほっしいはサッシ越しに見つめ合ったりすりすりしたり。うちのは完全室内飼いなので、普通なら外の猫は怖がるのですが。
その猫はそのまま庭に居続け、迷い猫疑惑が浮上してきました。

夕方になり冷え込んでくるとほっしいの心配の仕方は一層エスカレートし、サッシの前に仁王立ちになって中へ入れろと大コール。しかし入れたら仔猫ちゃんは家に帰れなくなってしまいます。暗くなったので晩ご飯はあげることにしたのですが、その時もほっしいは私についてきて中味を検分。あげるのが一番高い猫缶である事を確認したときの満足の表情は今でも目に浮かびます。
ご飯を食べるのを窓越しに確認し、夜は冷えるので段ボールと毛布を設置して、それも窓越しに確認してオッケー貰って(うちの猫にだ)その夜は暮れました。

ここからはかいつまんで書きますが、翌日から縁側に住まわせ(トイレも出来るお利口さんでした)、警察に届けたりチラシを作ってポスティングしたりして大々的に飼い主を探しました。それでも飼い主は見つかりませんでした。藁にも縋る思いで地元のコミュニティ紙に広告も出し、図書館に行って同じコミュニティ紙の過去の迷い猫広告も探したところ、一つだけとてもよく似た黒猫を探している広告があったのですが、掲載日が一ヶ月以上前。さらに直線距離で5キロ先という遠さ(猫は実際には近くで迷子になる事がほとんど)さらにさらに、生後八ヶ月とのこと。子猫に見えたあの猫は八ヶ月なのか?
電話を掛けると飼い主さんのお母様がお出になってまだ見つかっていないとのこと。取り敢えず飼い主さんの仕事が終わったらまた連絡をということにして家に帰ったのですが、この時既に11月でして、飼い主捜しに疲労困憊していた私はもうぬか喜びはしたくなかったのです。九ヶ月なのか小猫なのか、はっきりさせようと健診がてら獣医さんに連れて行くことにしたわけです。

もう夕方だったので大急ぎで獣医さんに連れて行ったところ、「これは子猫じゃないでしょう。一歳にはなってないけれど、八~九ヶ月ですよ(笑)」ということに。
ところが突然聞こえた車のバースト音でそれまでものすごく大人しかった黒猫ちゃんが診察台から脱兎の如く逃走。運の悪いことに混んでいる時で診察室の戸が開いていて、出口から裏の堤防草むらに逃げ込んでしまったんですわ。みんなで探したけれど堤防は広くて見つからず。泣きそうな私に先生の奥さんは「草むらにすくんでしまったら見つからない。そのうちうちの(猫)が探して連れてくるから大丈夫」とキッパリ。そう言われて暗くなったのでやむなく帰ったんですが、雨も降ってくるし寒いし川もあるしでその晩は眠れませんでした。

が、でかした猫ちゃんは連れて戻って来たのでした。
どうも黒猫ちゃんが落ち着いた頃を見計らって近づいて説得して連れてきたみたい。雨の中しょぼしょぼと飼い猫ちゃんの後ろから家に入ってきたそうです。
当時はだだ喜んだだけでしたけれど、今考えると猫のコミュニケーション能力と自分の状況把握能力は侮れないと思います。獣医さん宅に戻ることのメリットを知ってないと説得できないでしょう。猫は群で暮らす習性はないんですから。
うちのほっしいだって黒猫ちゃんと意思疎通して分かったのか、他の猫とのやりとりで知ったのかは分かりませんが、寒い夜に外で寝る野良の辛さをどう考えても完全に理解していたとしか思えないのです、あの仁王立ちチェックは。

結局、黒猫ちゃんは行く方しれずになっていた猫ちゃんで、飼い主さんはとても良い方でお母様も心配の余り寝込むほどだったそうで、猫ちゃんの帰還に大喜びでめでたしめでたし(見つかっても喜ばれなかったらというのも私の心配の種でした)だったのですが、以上の出来事から岸さんの「猫は自分が幸せであることを知らない」には同意できないのです。
猫は自分の境遇を知っている。おはちゃんは自分が幸せな事を知っていながら知らんぷりをしていると私は思うのです。

2013年10月26日 (土)

畳と障子

 相次ぐ台風の襲来と、秋めいて一気に気温が下がった今日この頃、皆様いかがおすごしでしょうか。

 ご記憶でらっしゃいましょうか。去年我が家は湿気で家が崩れ落ちるのではという私の妄想的恐怖心から、換気扇が壊れたのを機にお風呂場リフォームに踏み切りました。
結局お風呂場の水漏れは大した事が無かった訳ですが、茶の間の一部が湿気でやられていたことが判明し棟梁さんに直してもらいました。シロアリがつく前に発見できて本当に良かったとほっと一息ついたのもつかの間、昨秋トイレに近い部屋にと母の部屋を茶の間隣の和室にしようとしたところ、そこの畳が落ちそうになっているではありませんか!!!
慌てて棟梁さんに頼んだんですが、湿気もすごそうだから土台にコンクリを打った方がいいという事になり、更にやるなら茶の間と一緒にと言うことになり、そうなると期間も長くなるので年を越して暖かくなったらという事になったのです。二年続けて大工事です。母の足腰も不安なので出来れば早く工事をしてもらいたかったのに・・・

そして待ちに待った今年七月。私の親戚でお葬式とか他にも事情が出来て工事は延期。もいちど延期があって、結局始まったのが九月の中旬。
茶の間の床が外されたために工事中はお勝手が離れ小島となってしまい、外を回って勝手口から出入りするという面倒くささに耐え抜いて、無事終了に漕ぎ着けた時にはもう嬉し涙が出てきました。
ほっとできたと思うでしょ?いやいやいやいや(笑)
まず和室に母のベッドを持ち込まねばならず、これは業者に頼んで十月になりました。それから工事に備えて茶の間から出した電話帳だの書類だの、絆創膏だの裁縫箱だの、大量の日用品を元に戻すという事業が待ってました。これが大変だったんですよ。大急ぎで家中の隙間という隙間に突っ込んだので半月経ったらもうどこに何を入れたのかわけわかめ。しかも母の部屋替えに伴って茶の間の模様替えもしたので更に混乱(^_^;)
更に更に、この状態に親戚の手続き関係の書類が大量に加わって、我が家は完全なカオスとなりました。ワタクシ親戚宅の水道料金払い忘れて督促状が来ましたのよ。おほほほほ(;^_^A アセアセ)

そんな次第で今年の夏から秋にかけて、何が起こったかわかんないくらい大変だったのですが、この工事にかこつけて茶の間の障子と畳を新しくできたこと、畳が綺麗なった和室で母が安心して眠れることで苦労も帳消しになった気がしました(*^_^*)

10xlbk141up

これが母入居前の和室。
綺麗な畳と破れてない障子って本当にいいな♪

と、喜んでいたら、母が寝ていてベッド脇の障子を蹴破ったのでありました。
和室の障子は一昨年私が張り替えたものですが、何故こうなるの~~~(号泣)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ