いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大雪お見舞い申し上げます | トップページ | 汚レズのバスタブ 又はアカルイミライ再び »

2014年2月18日 (火)

大雪と天ぷら

 タイトルだけで何の話かお判りかと思うのですが、本題に入る前にちょっと別の話をします。

長野県では02年、議会から不信任案を突きつけられた田中知事が出直し選挙での大勝したのですが、その翌年に行われた県議会選挙での反知事派の大物議員の安定の再選を果たすという出来事がありました。勿論落選した議員もいましたし接戦の末なんとか再選を果たした議員もいました。しかし僅か8ヶ月前の知事選結果と議員選挙の結果とはかなりかけ離れていたのです。これについて「知事は田中、議員は反田中に投票してバランスを取った」という意見もありましたが、県議選の後朝日新聞が何故反田中派の大物議員が再選できたのか、得票数の多かった地区を訊ねて検証する記事を出しました。

その記事によると反田中大物議員(石田治一郎議員ですけど)に何故投票したのかという問いに対して「災害が起きたときに県に直接言っても復旧に時間がかかるが、議員に頼めばすぐ対応してもらえるから」という声が多く紹介されていました。
この地区は生活道路の県道が狭く、小規模の土砂崩れが起きやすく、一度起きると孤立してしまう可能性が高い、背に腹は替えられないという事なのだそうです。
私は安曇野市に住んでいますが、そう言えば昔「○○議員を当選させておかないと何かあったときに困るから」と言って自民党に投票する人がかなりいました。区長さんとか地区の責任ある立場の人が多かった記憶があります。

 県や自治体に要請して生活道路やライフラインの復旧に時間がかかる事自体に問題があると思うのですが、その状態を(多分)わざと放置し続けることによって議員に一働きさせる機会を与え、その結果、何かあったら困るから落選させるわけにはいかないという状況を長年かけて作ってきたのだと思います。そんな状況が続けば、議員というのは口利きをするのが仕事で政策などは二の次三の次と、有権者も候補者も考えてしまうかもしれません。
合併前の話ですが、私の住む村では村会議員のいない地区は除雪車が通らないのが当たり前でした。それでうちの地区でも皆で頑張って議員を出した事がありました。かなり昔の話なのでさすがに今はそこまで露骨なことはありませんが。

除雪車では済まない、もっと大きな復旧費用は国から貰わなければなりません。当然省庁に顔の利く大物国会議員と、その人に繋がりのある地方議員は強いわけです。
選挙区で何か起こればどの議員も駆けつけると思いますが、すぐ対策を打てる手づるを与党系議員で独占することによって、地方の有権者は与党国会議員と、その子分のような地方議員に投票し続けなければならなくなった、それが長期政権を可能にした、すべてとは言いませんが大きな理由の一つではあったでしょう。

 その事をある意味裏付けている発言もありました。

 朝日新聞1月22日 『自民・二階氏、震災被害拡大は「党が選挙に負けたから」』

 自民党の二階議員が経団連主催のシンポジウムで講演した時

  二階氏は、御手洗冨士夫・経団連名誉会長が「3・11の時も阪神の時もたまたまあまり経験のない政府だった」と述べたのに応じて発言した。「そういうことに得手(えて)の悪い内閣が内閣の地位におった。これは本当に不幸なことだった」とも話した。


 内閣の力量というのはあるでしょう。しかし本来ならば誰が首相であろうとも、外遊中であろうとも、永田町が被災したとしても、それで悲惨な事にならないように災害対策は設計されるべきものです。それを議員の得手不得手の入る余地を決して手放そうとせず、あの震災を経験した今でもそれを吹聴するのは空恐ろしいと私などは思うわけです。

 それでタイトルの「天ぷら」なのですが、これは首相が天ぷらを食べた食べないの話ではないのです。

 議員が誰かに関わらず復旧できるシステムを目指した政党の党首なら外出していてもいいでしょう。しかし議員が入らなければ話が進まない体制を作ってきた自民党の世襲議員で、先の大震災の時にはあたかも首相が何もやらないから復興が進まないのだといわんばかりに攻撃していた安倍総裁が、15日には各県から自衛隊への要請が出ていたにも関わらず、リーダーシップという言葉が大好きであるにも関わらず、16日夜に官邸から出かけて会食をしていたという話なのです。

形だけでも自重するたしなみはなかったのでしょうか。災害に晒される地方の人がその為に差し出し続けていたものは、天ぷらより遥に重いものなのなのに。

« 大雪お見舞い申し上げます | トップページ | 汚レズのバスタブ 又はアカルイミライ再び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かにです。
いまだに地元の道をよくするために地元の議員さんを、みたいなのは残っていますねえ。
やはり政治の質は民度の質ということからは逃れられないのでしょうか・・・。

ムムリク様

 済みませんにゃ。
この大雪で疲れ切ってしまって毒を吐かずにはいられませんでした。
残ってますよね~。でもさすがにこの財政難で後の支払いは大丈夫かと心配する声が大きくなってきましたが、それでもまだありますよね~。

みんな影ではあの人じゃ駄目だとか言ってるのに、どうして投票してしまうのか・・・(T.T)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140030/59158536

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪と天ぷら:

« 大雪お見舞い申し上げます | トップページ | 汚レズのバスタブ 又はアカルイミライ再び »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ