いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の3件の記事

2016年11月23日 (水)

ぽんず列車に乗る

 「ぽんず切符を買う」の続編です。9月に書いたのに今頃アップと相成りました;^_^A

 買った切符で無事に電車に乗れました。列車ではタイマーを到着時刻5分前にセットしてぐっすり眠るつもりでいました。何故とは言うに、ここにたどり着くまで、私が留守にしても良いようにあらゆる準備をし、おかず作りに山ほど時間を掛けていたからです。作りすぎて帰ってからも三日くらい作り置きおかずを食べてました(笑)出発前に寝る時間もない程頑張れたのは「列車の中で眠ればよいのだ」という目算があったればこそなのです。だから死んだように眠りこける計画でいたのです。

 計画は所詮計画でした。乗って暫くして、まだ眠りに陥る前に、突然車掌さんではない人が車両に現れ、「経産省の交通手段に関するアンケートにご協力下さい」と言って、乗客一人一人に用紙を渡し始めたのです。

 まあそんな事もありましょう。ささっと書き込んで後は待望の睡眠&休息時間だー!

 このアンケート、「何の用事で列車を利用するのですか?」から始まり「他の交通機関を使わず列車を使ったのは何故ですか?」等々、延々と質問が続き、全部で数頁もあって書き込むのに時間がかかるかかる。そして全てを記入し終わった後、この用紙は回収されなければならないことに、私ははたと気がついたのです。
どうやって?
いつ?
説明には郵送も出来ると書いてありましたが、旅行中これをずっと持ち歩くなんて嫌なので、今回収に来てくれるならその時手渡たそうと、私は回収を待ちました。
待ち続けました。
寝ないで。
がんばって・・・

 回収に来たのは到着30分を切った頃でした。記入項目が多かったので、時間を多めに取ったんでしょうね。私の唯一の睡眠時間が露と消え、私は疲労困憊のまま、目的地に突撃することになってしまったのでした。

 泣きましたにゃー(涙)

2016年11月13日 (日)

記憶力に問題があるハンター

 今年の我が家はいつにも増して蜘蛛が沢山寄ってきました。特にベランダは三方向蜘蛛の巣、それも全部女郎蜘蛛の巣で怖くて怖くて。
ベランダに出る度に蜘蛛の巣から目が離せませんでした。怖いと見ちゃう(T_T)

 そんな状況で意図せず蜘蛛の巣観察を続けたところ、巣によって実入りの違いが結構ある事に気がつきました。ここは虫がかかるに違いないと思った巣はそれ程でもなく、目立たない、こんな場所を虫が通るのかさえ覚束ないところに張られた巣に、一番虫がかかっていました。ある日、巨大トンボが地味な巣の主に襲われている場面に遭遇した時など、洗濯物を干さずにそのまま退却したくなりました。この巣は本当に獲物が多い。

 とある朝、いつもの様に洗濯ものを抱えてベランダに出てみると、ベランダの真ん中、腰の高さに巣が張られていました。今までは手すりの外側にだけ張られていたのが遂に越境されたのです。私が蜘蛛に太刀打ちできるとはとても思えなかったので一瞬ベランダ使用を諦めたのですが、よくよく見ると、地味だけど効率の良い巣の主が見あたりません。昨日吹き荒れた強風で吹き飛ばされ、やむなくこの場所に巣を張った模様です。元の巣は目と鼻の先なのに、この蜘蛛は戻れなかったのかと思うとおかしみと余裕が湧いて来て、一番太い糸をつまみ取って、蜘蛛をぶら下げながら元の巣のすぐ側に戻してあげました。強風にも関わらず蜘蛛の巣は無傷でした。この蜘蛛、巣作りの腕も良いのです。

 その翌日、件の蜘蛛は、私が置いた場所と元の巣の距離分だけ反対方向に巣を作っていました。新しい巣はこぢんまりとしながらも、既に沢山の獲物がかかっていましたので狩の腕はやはり確かなようです。でも戻るべき方角が逆・・・。この蜘蛛記憶力に問題があるのでは・・・。

 それから暫くして、それ程ひどくもない風の吹いた翌日、例の蜘蛛はまた姿を消していました。ベランダを探してみましたが今度は蜘蛛の姿は見あたりません。もっと遠くに飛ばされてしまったのかもしれません。

 その後、主のいる他の巣は風などで壊れるのに、主無き例の巣二つは全く壊れる事もなく、健在のまま日が経っていきました。私は半月ほど蜘蛛の帰りを待った後、何があっても壊れない立派な二つの巣を壊しました。腕はいいのに、すぐ飛ばされてお家に帰ってこられなかったあの蜘蛛に思いを馳せながら・・・

2016年11月 9日 (水)

「ひらめき」さえあればそれでいいのか?

 東京デザインウィークでの、防止できて当然だったあの惨劇で思い出した事がありました。

 高校・大学生になったきょうだいが家族と顔を合わせようとしなかった自身の体験を踏まえ、子供が家族と顔を合わせるために母親にリビングで寝起きさせるような大学生の間取り案をそのままをを准教授がネット記事に載せて炎上した事件です。
「家族が仲良く暮らせる間取りとは Yahoo!マガジン」
(当該記事は削除ずみ。詳細についてはその騒動についての記事「大学生の考えた「家族が仲良く暮らせる間取り」が母親を人間扱いしてなさ過ぎて話題に」(リンク)でどうぞ)

 この間取りは母親のプライバシーを一顧だにしていないと炎上したのですが、私が一番引っかかったのは、元記事にあった「学生のその発想が面白かった」という准教授のコメントでした。発想は面白いかも知れないけれど、来客の想定も出来ない日常生活に無知な学生の思いつきをそのまま世間に公表するって、教育者としてどうよと。
この学生に対しては、例えばどうして玄関とリビングの間に壁のある家が多いのか考えさせて、家庭内の生活を訪問者全員に見せたくないからだと気づかせるとか、母親が病気になった時は家族はリビングをどう使えばいいのかとか、この間取りで起こるであろう様々な問題を提示してその解決策を考えるうちには、もっと練れて意義のある間取りが出たかも知れないし、住居に対する学生の浅い考えも少しは良くなったのではと思うのですが、教える側は学生が面白い発想をしたことだけに注目して、その発想を学生にもっと掘り下げさせて想定出来る明かな不備を補おうとはしませんでした。

 発想と言えば、アートイベント会場に何も知らないデリヘル嬢を呼ぼうとした事件もありました。
これも 「88の提案の実現に向けて」と題する、一般の人からアンケートで集めた思いつきを実行しようという、発想だけが命みたいな企画でした。
一般人の様々な発想も集めれば面白いかも知れませんが、その気軽な発想が引き起こすであろう深刻な事態を一切考えようとせず、アートだからと言って振り切ろうとさえしてしまった、もし実現していたら最悪の人権侵害を引き起こしていたかもしれない作品でした。
今回のジャングルジムも、危険ではないかという指摘に「アートだから」と答えて聞き入れてもらえなかったという話が出ています。

 発想・着想・インスピレーション、独創性、言葉はなんでもいいのですが、最初の発起点を重要視するあまり、その発想を掘り下げる努力を自ら放棄してしまっている様に私には思えます。なんというか「発想が大切」で思考停止している感じ。思考停止って創造性の反対にある行為だと思うのですが。

 最初の間取りを考えた大学生の「発想」が意図していたのは家族が仲良く暮らすために誰かに玄関から丸見えの場所で寝起きさせて身支度を調えさせることなのか。
「88の提案の実現に向けて」を実行した若手アーティストが目指したのは、何も知らないセックスワーカーを公衆の面前に引きずり出す事なのか。
東京デザインウィークの鉋屑ジャングルジムを作った学生達が思い描いたのは、5才児を中で焼き殺すことなのか。
もしそんな意図を持って作った作品なら、私は要らないと思うし、今は昔のパトロンとも言うべき地位を占める自治体や社会が、これらを作品としての受け入れを拒否していいと思います。そういうのが好きな人向けにアングラで流せばいいだけで(アングラでもアウトなものはありますが)。
もしそんな意図ではなかったというのなら、最初の発想から意図せぬ雑音を取り除くべく、真摯に練り上げる必要があるはず。なのにピュアな着想という幻想に囚われて、考え抜くことも外からの指摘も拒否して、結果不純物にまみれた作品を造ったあげく、不純物が引き起こす被害を、もし創造性のコラテラルの様に考たとしたら、それは不遜がすぎるのではないでしょうか。

 と書いている最中にこんな話題が飛び込んで来ました。
「多摩美術大学 佐野研二郎葬式パフォーマンス」(リンク

 これもやっぱり、アートか人権か、ブラックジョークか社会の不寛容さかというレベルの話ではなく、ただ単に動機(この場合は)から作品を創り上げる過程の練り上げが足りないだけなのに、「アートだから」で思考停止して害悪をまき散らしている事例ではなかろうかと思います。

 近年立て続けに起こっているアート関係による深刻な被害って、周りが創造だからと何も言わない事で引き起こされる、単なる技術不足、訓練不足ではないかという気がしてきました。

参考リンク

「アートにデリヘル嬢呼ぶな」
「『デリヘルを呼ぶ』は芸術か 提案に賛否飛び交う」京都新聞

 11/15 追記
 デリヘルを呼んだ事件についての記事がありました。
私はこの思いつきが単に性的なことを声高に話して(比喩です)タブーに挑戦したかのような、ノリだけだと思っていたのですが、その上に相手の都合を無視して怒られない相手を無意識に選んでいたことも、この記事で気づかされました。
「『デリヘルを呼ぶ』は芸術か 提案に賛否飛び交う」について(1)(リンク)「思いつき」とか被ってますが私のパクリじゃありません。誰がみてもそう思う事柄です。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ