いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ

2017年2月の2件の記事

2017年2月 8日 (水)

ぽんず、化粧品の奥深さを垣間見る

 元来ワタクシはあまりお化粧をしたことがなく、ファンデと口紅こそ数年に一度買いますが、アイシャドウやチークはハワイのお土産でもらったものを十数年使い続けたのを間に挟んで、自分で買ったのは二回、そしてその全てが使い終わる気配もないという人間です。しかし去年の事ですが、今まで見て見ぬ振りをしていたシミだらけの自分の顔に、突然罪悪感を感じるようになりました。他人様にお見せするのにもう少し配慮があった方が、つまり塗り隠した方が良いのではないかと。それでコンシーラーなるものをを買うことにしたのです。

 しかしお店のお化粧品売り場は、名前も用途も判らない商品が色々ありすぎて恐ろしくて近づけません。なのでネットで買う事にしました。詳しく調べるとドツボに嵌りそうなので、ちょっとだけ調べて銘柄を選び、以前何かの雑誌で読んだ「コンシーラーはファンデよりワントーン濃い色を選ぶのが鉄則。だってシミは濃いんだから」という有り難いご託宣に従い、使っているファンデよりワントーン暗いものを買いました。
 
 宅配で届いたコンシーラーは細い円筒形のガラス容器に入っていました。こんな形の容れ物に入った化粧品を私は今まで持ったことが無かった(大昔一回だけマスカラ買った事があります)のです。このスレンダーな容器を持つだけで、とても上手にお化粧が出来そうに思えてきます。私もひょっとしたらメイクが上手な人間になれるかもしれない・・・。

 と、期待に胸を膨らませ、歓び勇んでつけてみました。

 そうしたら濃い!こんなに濃いとつけた部分がシミのように見えるので隠した意味がなくなります。なので薄くのばしてみました。濃いめのコンシーラーを頬にまあるく広げるとどうなるか。そこだけ凹んで見えるんです。色合いの妙ってヤツでしょうか。
かてて加えて、私の買ったコンシーラーは透明感のあるツヤ有りタイプで、私の使っているファンデはどうもセミマットだったらしく(この時初めてそういうものだと知った)、濃い部分だけ透き通って見えるため、透明と不透明のコントラストが、色の濃淡コントラストに拍車を掛けてより一層目立ってしまうのです。更に更に、このコンシーラーは汗にも強いらしく、しっかり残るんです。ファンデが汗で流れ去った後、地肌にちゃんと濃く丸く生き残っている!(この時の顔が結構笑えました。だってそこだけツヤツヤなんだもの)

 化粧品って、色とかツヤとか持ちの良さとか、そういうとこまで合わせて買わないと駄目なのか!!!

 コンシーラー(シミ隠し)一つくらいなら自分で買えるなどと一瞬でも考えた私が愚かでした。世の皆様方はこのような奇々怪々な組み合わせを軽々選んでメイクを楽しんでらっしゃるのでしょうが、私には無理。
化粧品売り場に美容部員さんがいるのは伊達ではなかった。お見それしました。

 ちなみに、ツヤがあって伸びともちがとてもよい、なじみもよい、使ったのが私でさえなければ優れものであったろうコンシーラーは、エスティローダーの ダブル ウェア ステイ イン プレイス 02番です。く~、2980円もしたのに(T_T)

2017年2月 5日 (日)

ぽんず電車に乗る 2

 私にとって2016年は衝撃の年でした。何故なら、去年一年で二度も特急に乗ったからです。それも同じ中央西線!前回の出来事は「ぽんず電車に乗る」をご覧下さいませ(リンク)

 そもそもの事の起こりは愛知県豊田市で12月18日に催される、ポゴレリッチコンサートのチケットを急遽譲って頂いたことから始まります。電車では某ローカル駅→松本駅→多治見駅(岐阜県)→高蔵寺駅(愛知県)→新豊田駅と乗り継いで行きます。行きは良いとして帰りの下りは多治見7:04分発が最後の特急となるので、帰りの乗り継ぎ時刻も綿密に計画しメモもつくりました。これだけきちんと計画を立てたのに、切符の手配は当日松本駅で購入する自分になんの疑いも持ちませんでした。いつもなら列車内で食べる物を予め用意していくのですが、それも用意せず、駅弁を買うつもりでいました。そして駅弁を食べるのが嬉しくて、前の晩よく眠れませんでした^_^;

 そして運命の 18日日曜日。その日の午前中東海道新幹線が不発弾処理のために何本か運休すると事前に知ってはいましたが、山の中のローカル線になんの影響があろうかと高をくくっていた私は愚か者でした。すれ違う新宿発の特急列車が5分遅れたために、私の乗ったローカル電車も5分遅れ松本での乗り継ぎ時間が8分になりました。
松本駅では緑の窓口が長蛇の列だったので、指定席券自動販売機で切符を買おうとして、ちゃんと通路側の座席を選んだにも関わらず、最後の最後で何故か操作し間違えて片道乗車券と特急自由席券を買ってしまったのです。これなら最寄りローカル駅でも買えたのに!!!!

何の為にわざわざここで改札から出たのか判らない状態でとにかくまた改札を抜け、駅弁が並ぶ売店を横目に階段を駆け下り、ホームに着いたのが発車予定時刻2分前。しかし待てど列車の来る気配はない。その後アナウンスで特急「しなの」も5分遅れるとのこと!!もう自由席の列に並んじゃっておべんと買いに行けないのに「しなの」よお前も遅れるのか!てか、どうしてそれを早く知らせないの。あんなに慌てなければ指定席券買えたのに(それも往復で)

 その後、長くなるので省きますが、自分でも驚く程知力体力を振り絞り、僅かしか残っていなかった空席に座ることができました。
もっとももう一本早い松本行きに乗っていたらこんな苦労はしなくて済んだんですが・・・。あんなに楽しみにしていた駅弁だってちゃんと買えたのに・・・(涙)

 しかし受難はこれで終わった訳ではありませんでした。、この特急、5分遅れのままで多治見駅に近づき、そこでは乗り継ぎが3分しかなかったのです。もちろん乗り継ぎ客を待つ旨アナウンスがあったので、私は早めに乗降口に行き、列車がホームに停まるのを今や遅しと待っていました。ふと見ると横に子供が一人いたのでつい場所を譲ったところ、この子供が家族6人を呼び寄せ私の前に陣取り、小さい坊やが誰の助けも借りずに一人で汽車からおんりしようと何度も挑戦する(でも怖くてなかなかできなーい)のをおばあちゃんが大絶賛で励まし続けるという事態が繰り広げられるとは!ごめんなさい、私待ちきれなくて後ろから割って降りました。
そして階段を駆け上り駆け下りて、快速に飛び乗ることが出来たのですが、乗った瞬間次の試練に思い至りました。次の乗り継ぎ時間は9分引く事の5分で4分間。この4分で私は未知なる「愛知環状線」乗り場にたどり着かなくてはならないのです。乗り場が駅の外だったらアウトだー(涙)

 運命の高蔵寺駅到着。ドキドキしながら降り立つと、目の前に「岡崎行き」(岡崎行きって私が乗る奴よね?あ、メモにもちゃんと岡崎行きって書いてある!)が停まってる~(笑)

 岡崎行きの列車に乗った時の安堵感をどうお伝えすればよいのでしょうか。本当にほっとしました。と同時に疲れ果て、このまま引き返したくなりましたの。ポゴのコンサートを聴ける体力が残っている気がしなくて;^_^A

 愛知環状線はのどかな丘陵地帯を走っていきます。保見駅では遠くに団地が見えました。あの団地には豊田で働く日系ブラジル人の人が多く住んでいることを後で知りました。列車の乗客が多い割りにはどの駅も野中にぽつんとあるのが不思議でパークアンドライドなのかなといぶかりつつも、車窓ののどかさが私の疲れを癒し、仮に乗り遅れても次の電車はせいぜい20分後には来るので決してコンサートに行けなくなる事はなかったのだという事実を私に思い出させる程度には回復させてくれたみたいです。これならコンサート聴けそう(笑)

 と眺めたり考えたりしているうちに無事新豊田到着~♪
無事他の方と合流~♪
あとは他の方の後をくっついていくだけ~♪
しかも駅を出るときに帰りの切符「新豊田~高蔵寺経由多治見」を買っちゃった~。何故高蔵寺までではなく多治見まで買ったかと申しますと、松本高蔵寺間は松本多治見間+高蔵寺までより240円高くなってしまうのです。それで、わざわざ多治見まで切符を買ったのです。見よ!私のこの先見の明!ちゃんと着いたし切符も安く買えたし、今日の私は冴えてるわ~(*^_^*)

 そして帰り道

 案に相違してポゴのコンサートが人並みな長さで終了してしまったため、私が綿密に計算した最終デッドライン電車の発車時間までかなり余裕が出来てしまいました。なのでお友達とゆっくりしながら会場を後にし、ゆっくりぶらぶら歩きながら新豊田駅に向かい、目の前に来た一本前の電車も余裕で乗り遅れ(走るのめんどくさかった)、計画通りの高蔵寺行きに乗りました。

 高蔵寺では計画通りの多治見行きに乗り、たった数分の待ち時間で特急「しなの」に乗り、運良く自由席に座ることができました。もしあいていなかったら指定席に座る積もりだったので、全てめでたしめでたしです(*^_^*)

 そして車掌さんが改札に来たので多治見までの切符を出して松本までの切符と特急券を買った所、ちょっとお高い?あれ?なんで?と後でよくよく切符を確認すると、なんと!乗車券が松本~高蔵寺になっていて、高蔵寺~多治見が払い戻しになっている!!!何故?どうしてそうなる?なんだ?JRは人がせっかく買った切符を払い戻してまで割高運賃を請求するのか?と息巻いたんですが、高蔵寺と多治見は同じ中央西線なので、もしかしたら規定でそうなってしまうのかも。車掌さんもお忙しそうだったのでも引き留めて聞くのも気が引けて、そのままになってしまいました。新豊田でもう一本早い電車に乗れていれば、乗り継ぎは快速で多治見にはもっと早く到着するので、改札を出て切符を買う暇は十分あったはずなんですよね。240円あればオイコス1.4個買えたのに、と列車の中で涙ぐみました(本日もう一度確認したところ、高くなった運賃は190円、オイコス1.2個分でした。これがパルテノだったら1.4個かな?)。

 さて、無事松本駅に到着し、ホームに一歩降り立った瞬間、私は凍てつきました。寒いんじゃなくて凍てつくの。そして最寄り駅に行くための某ローカル電車は、この便に限って折り返し運転の為ギリギリまで入線せず、吹きさらしの端っこホームで凍えながら電車を待ったのです。入って来た電車に運良く座れ(座れなかった人多し)、田んぼの中をゴトゴト揺られて最寄り駅ホームに降りた瞬間の気持ちたるや・・・
一言で言うなら「オホーツク海に落下して凍った」でしょうか。

 駅から家まで「寝るなー!寝ると死ぬぞー」と自分に言い聞かせながら歩きましたわ。 家にたどり着いたときなんてもう、手袋しているのに指先の感覚がなくて鍵が出せませんでしたことよ(T_T)


 これがワタクシの道中記です。長文になりましたが、これでも起こった出来事の半分しか書いていません。こんな艱難辛苦を乗り越えてお出かけされる方々を心から尊敬します。私には数年に一度位しか無理かも。10月のポゴリサイタルが今から怖いです・・・(号泣)

« 2017年1月 | トップページ

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ