いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「ぼやき・つぶやき・寝言」の71件の記事

2016年3月 2日 (水)

プリンが不憫

 三月ですね。ワタクシは一月の雪かきでぎっくり腰を患い、今だ通院の身でございます(^_^;)

 さて、本日は三月とも春とも関係なく、プディングについて書きたいと思います。

  Pudding と言えば、ベイクドカスタードとかクリスマスプディングなどのスウィート、ヨークシャープディングなどの塩味お料理、そしてソーセージなどを指すとどの辞書にも載っておりますが、英国と英連邦の一部では、単にデザートと同義語として使われる事も多いと知ったのは大人になってからだったように記憶しています。これを知った時は随分びっくりしたものでした。だってプリンなのかデザートなのか、どうやって区別するのよって^_^A

 それから幾星霜。「ハリーポッターと秘密の部屋」でグラッブとゴイルが食べた睡眠薬入りチョコレートケーキが原書では "chocolate pudding" だったのを筆頭に、文脈からプッディングって書いてあるけどデザートだなと憶測できるシーンに何度か遭遇し、本当に英国ではデザートをプディングって言うのねと思ったのですが・・・

 でも、でも、何か腑に落ちない。

 プディングと書かれたものが固体のお菓子だと推測することが出来たとしても、デザートに出てきた一皿が、純粋にチョコレートプリンだった場合、それを聞いた、あるいは読んだ人がチョコケーキと間違えない保障はどこにあるのでしょう!!!

 誰かがプリンのつもりで「あのプディングめっちゃおいしかった」と言った時、それを聞いた人の中で、一人として頭の中にケーキやパイが浮かばなかったと、誰が断言できるでしょう!!!!
余人は知らず、私には無理!私はどっちか判りません!!

 とても美味しかったプリンが、その名前がデザートの同義語というだけで、美味しそうなその姿が人々の頭に思い描かれない可能性があるなんて、これではあまりにもプリンが不憫ではありませんか(涙)

 
 と、何故か今日半日、プリンの気の毒さに涙した後ふと気がついたのですが、ワタクシ、ここ何年もプリンを食べていませんでした。本格的なプリンはもちろんのこと、プッチンプリンさえ。先日到来物で頂いた有名洋菓子店のプリンも食べたの母だし。私はその代わりにチーズケーキを食べましたが、でも、でも、プリンを食べていないんですから一番不憫なのは私に違いありませんにゃ(T_T)←そーだ!そーだ!

 てことで、明日、プリンを買ってきて食べたいと思います(T_T)


参考までに

cream caramel での画像検索結果(リンク)

 caramel pudding での画像検索結果(リンク)

 ただのpudding の画像検索結果(リンク)

 chocolate pudding の画像検索結果(リンク)

puddings と複数形にしてみた画像検索結果(英国の料理本には『Puddings&Desserts』という項目がある位なので完全デザート状態です。画像でない検索でも一番上はジェイミーオリバーのその項目でした)(リンク)

 結論
 画像検索って語学とか色々使えるんですね(そっちか)

2016年1月 7日 (木)

これが私の元旦です

 今日は一月七日。年が変わってからあっという間に七草がゆの日です。
一年の計は元旦にありなどと申しますから、毎年元旦はちょっと気を使います。

 今年は体を鍛えて老いに備えたいと思いまして、元旦から色々調べまして、「ドローイン」というお腹を引っ込めて30秒キープする体操をやってみることにしたのです(リンク

 時は午前11時。しっかり秒針を確認後、ウエスト58センチのスカートをはいたつもりで思いっきり腹部を凹ましました。 1秒、2秒、3秒・・・・・ く、くるしいっっっ。。。

 そうしたら時計が止まりましてね。

電波時計なのですが、時刻キャッチに失敗したらしくて秒針ごと止まって微動だにしなくなっちゃったんです。


 あれはずっとあのままでいろというお告げだったんでしょうか。それとも無駄な挑戦をするなということだったのでしょうか。新年早々悩みは深いワタクシです。

2015年12月 8日 (火)

鬼に笑いを!


 鬼才ポゴレリッチ、サントリーホールコンサートのプログラムが遂に発表されました。

「イーヴォ・ポゴレリッチ ピアノ・リサイタル」リンク) 

プログラム
ショパン: バラード第2番 ヘ長調 op.38
    : スケルツォ第3番 嬰ハ短調 op.39
シューマン: ウィーンの謝肉祭の道化 op.26
モーツァルト: 幻想曲 ハ短調 K.475
ラフマニノフ: ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 op.36

 ワタクシ、買ったばかりの高橋の手帳、12月10日 (土) のところにしっかり「ポゴレリッチ サントリーホール」と書き記してしまいました。

そう、2016年12月10日!来年も来年、368日後の予定を!

鬼さん、思う存分笑うがよいわ!
笑って日頃のストレスを吹き飛ばすがよいわ!
そして私がサントリーホールにたどり着けるかどうか、見届けるがよいわ!
ほーっほっほっほっ!(▼▽▼)

 と私一人が高笑いをしながら夜は更けていくのでした。まる。


 人間からのご提案

 ついでに鬼才の演奏を聴いたりして。鬼同志だから上手く行きそうぢゃない?(*^_^*)

2015年9月 8日 (火)

今日のアフォリズム

  家計簿付けの溜まってしまったレシートは、どう頑張っても残り十枚から減ることはない。


 昼夜必死の入力で、買い物レシートが残り十枚になると、それ以降レシートの数は何故か減らない。そして気がつくといつのまにかレシート数は数十枚にふくれあがっているのだ。最後の十枚は絶対にゼロになることはない。必ずふくれあがる。まるで汲めど尽きせぬ泉のようである。とはいえこの泉は私に一片の感動も与えることはない。この泉の前でただ無力感にうちひしがれるだけなのだ。。。


 なんておばかやってないで溜まったレシート入力しなくちゃ(T_T)

2015年3月30日 (月)

一足早い春爛漫♪

 毎年、日差しが濃くなり暖かくなってくると、必ず春を実感する日が訪れます。

 昨日の事でした。玄関を出て車に乗ろうとしたところで、左手に長い靴べらを握りしめたままだった事に気がつきました。靴べらを戻しに、今鍵を掛けたばかりの玄関にいき、車まで戻って来なければなりませんでしたが、陽気が暖かかったので苦にはなりませんでした。

 それから郵便局ATMで振り込みをした後、
『忘れ物があります!』
『忘れ物があります!』
と大音響が響きました。休日で他にお客もなく振り込み明細を取り忘れただけだったので、気にはなりませんでした。


 最後にスーパーに行って、買い物をし、家に戻るとレシートには打ち込まれている168円の生ハムが袋の中にありませんでした。そして私は初めて気がついたのです。

 春が来たんだわ!!!

 
 どんなに忙しくても、どんなに忘れていても、頭が呆けるのが春なのです。今年はいつになく早くから春の訪れを感じていましたが、こんなに咲き誇った春は久しぶりです。一足早い脳内春爛漫の中、人体の不思議、地球の自転、季節の巡り、春という存在そのものを、しみじみ噛みしめた日曜日の朝でした。

追伸
ハムは見つかりませんでした(涙)

2015年3月22日 (日)

念には念を入れたんです

 今日は地区の河川清掃でした。集合時間が7時前だったのと私がゴミ袋を持っていく係だったので、何があっても、絶対に、寝坊は許されません。

 起床時間はいつもと同じでした。しかし世の中は何が起こるかわかりません。寝ている間に目覚まし時計の電池が切れて止まってしまわないと、どうして言い切れましょう。故に、ワタクシはもう一つ目覚まし時計を仕掛けることにしました。

目覚まし時計が二つ♪ 

しかも一つは電池を入れたばかり♪♪
 
これで安心♪♪♪


 そして今朝、目覚まし時計は一つだけ鳴った!

余分に持ってきた時計だけが鳴った!

私の懸念は当たったのか?

いいえ、一時間早い4時50分に間違えてセットしてしまったため、二つ同時には鳴らなかったのです。

それから一時間、私がどれだけ悔悟の涙を流したか、皆様のご想像にお任せします。

 眠い(涙)

2015年2月24日 (火)

読書にイソシム日々

 このブログでも既に書いたかどうか記憶がないのですが、ワタクシ不肖ぽんずめは、去年の四月から隣組長をしておりまして、年度末にやらなければならない事がたくさんあるので今から泣きたくなっております。
そういう時に限って、本が読みたくなってしまうのはどうしてなんでしょう。
特にお気に入りの小説。前に読んだんだから今読まずともいいのに、読まないと死んじゃう位に読みたくなってしまって。

 そのお気に入りの小説なんですが、中に出てくるお馬鹿な登場人物が異様に私に似ているんです。その困った人物、作中色々イタいことをしでかすのですが、そこを読んでいると自分の情けない箇所や過去の失敗が色鮮やかに思い出されて、どうにもこうにもいられなくなるわけです。

 最初は読み飛ばそうと思う訳です。でも面白いからついつい読んじゃう。
そうなるとこのイタい人物と私は脳内で既に一体化していますし、かてて加えて自分の過去もまざまざと思い出されるので、その場で頭を抱えて「ぎゃー!」「わーーーー!」と叫びながらかけずり回らざるを得ないのです。

 というわけで、部屋から叫び声と走り回る音が聞こえているときは、私がお気に入りの小説を読みふけっている時なのであります。

 端からは絶対そうとは見えないでしょうけれど、そうなんです(・_・)

【追記】
 私によく似た登場人物とは、オースティン「高慢と偏見」のベネット夫人とメアリーです。

 うぎゃーーーーーーー!(ドタバタドタバタドタバタ)

2014年11月29日 (土)

歳をとっても脳は活性化する

 うちの近くなんですが、垣根のあるお宅がありまして、ここ何年か、この季節になるとそこを車で通りすぎる度に(正確には曲がる度に)

 かきねのかきねの曲がりかど♪

と、『たき火』の一番を延々5分位歌い続けなければならないという状況に陥っていたのです。

 なぜならば、その垣根の向こうに咲いている白い花の名前がどうしても思い出せなくて。必死で『たき火』を歌うのですが、二番の冒頭が出てこない。冬も春も夏も、普通に思い出せるのに、初冬の時だけ、この場所でだけ、突然あの花の名前が出てこなくなるこの苦しみ(涙)

 そして細い割には車も人通りも多いこの道で、声が枯れるまで歌い続けて、やっと「あ、さざんか!さざんかさざんか咲いた朝!」と思い出した時の脱力感。何年も、毎年この苦しみを味わってきたのでした。

 しかし、今年は花を見た瞬間「さざんか」って出てきましたよ。歳と共に物忘ればかり進んでいると思ってましたが、ちょっとしたきっかけがあれば改善するものなんですね。

 そのきっかけははっきりわかっています。去年『たき火』を歌い続けて声が枯れた瞬間、これを思い出したんです。そして今年は忘れっこなし!


    『さざんかの宿』

 大川栄策は偉大だー!

2014年7月13日 (日)

君の名は・・・

 春の盛りに草むしり。

一生懸命むしるうち、見慣れぬ草を引き抜いた。

何かを植えた記憶もあるんだけれど、深く埋めたか思い出せない。

何かを植えた記憶もあるんだけれど、こぞのこととて思い出せない。

君の名は、君の名は、

きっと名も知れぬ雑草ちゃん。

時は過ぎ今は夏。陽光(ひかり)と共に浮かび上がったその記憶。

君の名は、君に名は、

君の名は『千日紅』


Sennichikou
(画像提供ヤサシイエンゲイ様 リンク


園芸店で買ってきた多年草を引き抜いてしまったーーーーーっ!!!(号泣)


 と嘆き悲しんでいたら千日紅は一年草でした。
それで私は何を引き抜いたの?フキフキ "A^^;
 
 

更なる激しい追記
 
 


私が買ったのはキバナセンニチコウで、それはやっぱり 
 
多年草でした。
 

やっぱりあれだったんだーーーーーーーーーっ!!!(号泣)

2014年6月18日 (水)

ぽんず予報

人間は持って生まれた命運というものがあると私は考えます。
その命運、宿命から逃れられないのなら、それを逆手に取って利用することもできるのではないでしょうか。

だから私は考えました。

一昨年、夏に備えてグリーンカーテンを作ろうとしましたが、せざるを得なくなってやった家の工事の為、作る事が出来ませんでした。そして猛暑になりました。

去年、この年も工事の予定がありましたがそれは5月だったので、工事終了後遅まきながらもグリーンカーテンを作れると、私は考えていました。
しかし工事は遅れに遅れ9月になってしまったため、結局グリーンカーテンを作る事が出来ませんでした。そして猛暑の夏でした。


三年目の正直である今年。
私を阻むものはもう何もありません。グリーンカーテンを作る事が出来るのです!!!
しかし長期の予報は冷夏でした。

お気づきでしょうか。私は絶対にやった方がよい事は何故かどうしても出来ず、やっと出来る様になる頃にはやらない方が良くなっているという宿命を背負っているのです。

五月の下旬、私はプランターにキュウリとゴーヤを植えました。

このままキュウリとゴーヤがすくすく育てば今年は冷夏でしょう。しかし育たないか途中で枯れたら今年はやっぱり猛暑でしょう。

 植えてから一ヶ月も経つのに苗の大きさは今やっと30㎝

予断を許さない状況ですが、私の中では猛暑の予感がひしひしと迫ってきております。

より以前の記事一覧

フォト

ぽんずの風景

  • 図書館の桜
     携帯で撮った写真です。 見事なまでのピンぼけ(とほほ)。 ご感想などおありでしたら 掲示板へどうぞ。

にゃんこ

  • 爆睡
    うちの故猫です。 可愛いと言って~!

友人リンク

猫リンク

勝手にリンク

私リスト

  • マイハイク
  • まいはてブ