目は何処へ行ったのでしょう